ダンティエンヌ

ダンティエンヌ Danthienne

この明るいをした人形サイズの女性は縫製機と絹を身にまとっている。尖った、4本指のがあり、いたずらな笑みを浮かべている。

ダンティエンヌ 脅威度5 Danthienne

出典 Bestiary 6 80ページ
経験点 1,600
混沌にして中立超小型サイズフェイ
イニシアチブ +4; 感覚 夜目〈知覚〉-1

防御

アーマー・クラス 19、接触17、立ちすくみ14(+1回避、+2外皮、+2サイズ、+4【敏】
ヒット・ポイント 59(7d6+35)
頑健 +7、反応 +9、意志 +6
ダメージ減少 5/冷たい鉄呪文抵抗 16

攻撃

移動速度 30フィート
近接 ダガー=+3(1d2-2/19~20)
接敵面 2・1/2フィート、間合い 0フィート
擬似呪文能力術者レベル8; 精神集中+13)

回数無制限―インヴィジビリティオーディトリー・ハリューシネイション難易度16)、ショッキング・グラスプディテクト・ディザイアーズ難易度17)、プレスティディジテイションリムーヴ・フィアー
3回/日―サジェスチョン難易度18)、チャーム・パースン難易度16)、ディフレクト・ブレイム難易度17)、ルーモアモンガー難易度18)
1回/日―グリブネスシャウト難易度19)、ヒロイズム

一般データ

【筋】6、【敏】18、【耐】21、【知】13、【判】8、【魅】21
基本攻撃 +3; 戦技ボーナス +5; 戦技防御値 14
特技 《欺きの名人》《回避》《強行突破》《鋼の意志》
技能 〈芸能:いずれか1つ〉+15、〈交渉〉+15、〈脱出術〉+14、〈知識:貴族〉+8、〈手先の早業〉+14、〈はったり〉+17、〈変装〉+17
言語 共通語、ドワーフ語、エルフ語、ノーム語、ハーフリング語、森語

生態

出現環境 気候問わず/都市
編成 単体、または派閥ダンティエンヌ2~4)
宝物 ×2(宝飾品魔法のアイテムのみ)

特殊能力

愚者の霊感(超常)/Fool's Inspiration 1日1回全ラウンド・アクションとして、ダンティエンヌは1体の人型生物または人型怪物随伴者として指定することができる。同意しないまたは無意識の目標難易度 18の意志セーヴに成功することで随伴者となることに抵抗できるが、それが効果目標になっていることには気が付かない。ダンティエンヌ自身目標ステイタスを発動しているかのように、随伴者の健康、場所、一般的な気分を常に認識している。5フィート以内にいる限り、ダンティエンヌ動物の相棒または使い魔であるかのように、随伴者呪文を共有することもでき、随伴者【魅力】判定〈はったり〉〈交渉〉〈威圧〉判定自身【魅力】修正値の代わりに、ダンティエンヌ【魅力】修正値を使用することができる。クリーチャーダンティエンヌ随伴者である限り、24時間ごとに自動的に1ポイントの【魅力】吸収を受ける。ダンティエンヌ随伴者を自由に解雇することができ、新しい随伴者を選択する場合はそうしなければならない。絆を断ち切ることを望む随伴者はそうするための難易度 18の意志セーヴを試みることができる。ブレイク・エンチャントメント呪文はこの繋がりを自動的に切断する。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

フェイ領域の宮廷から拒絶されたダンティエンヌ――ゴシップ・ピクシーとも呼ばれる――は、それにも関わらず宮廷での陰謀を楽しんでいる。彼らは富と階級の象徴を崇拝しているが、政治についての深い理解を欠いており、個人的な娯楽や豊富な生と無造作な宝がついたワードロープの蓄積にエネルギーの大部分を集中している。この超小型フェイは、アカデミー、ギルド貴族の宮廷の周りをうろつき、貴重品を盗み、定命の者の心に響を与えるドラマを作成することに時間を費やしている。彼らが自身の存在を明らかにしない場合、ダンティエンヌはサービスや宝物と引き換えに、自身を願いを与えるものとして描写し人のを実現することを申し出る。実際には、彼らには願いを叶える特別な贈り物はなく、掘り出し物の最後を守るために魔法、はったり、ありふれた盗難に頼っている。ダンティエンヌが単独で活動することはめったになく、通常人気と引き換えに必に廷臣に仕えるように誘惑する。まれに、彼らは下級のフェイを模擬的宮廷に集め、疑うことを知らない定命の者を々致命的である陰謀へと引きずり込む。ニンフ退化した都市的な種族として、定命のクリーチャーと絆を結び、情熱と自信を持って彼らに投資する能を持っている――しかし、その絆は危険なものであり、一的なパートナーからゆっくりと生命を奪い取り、最終的には緊張状態に陥ったままにする。

ダンティエンヌはふっくらとした体型にも関わらず、身長ちょうど10インチ程度、体重はわずか数ポンドである。

全文検索 目的別索引