コーラル・カプチン

コーラル・カプチン Coral Capuchin

この奇妙なクリーチャーは魚のと大きなヒレのようなを持つ淡いピンク色の毛のないとしか表現のしようがない。

コーラル・カプチン 脅威度1 Coral Capuchin

出典 Bestiary 6 66ページPathfinder #58:Island of Empty Eyes pg. 82
経験点 400
真なる中立超小型サイズ魔獣魔獣
イニシアチブ +3; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+1

防御

アーマー・クラス 15、接触15、立ちすくみ12(+2サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 13(2d10+2)
頑健 +4、反応 +6、意志 +1
弱点 水分への依存

攻撃

移動速度 30フィート、登攀30フィート、飛行40フィート(良好)、水泳30フィート
近接 噛みつき=+7(1d3-2、加えて“呪いの噛みつき”)
接敵面 2・1/2フィート、間合い 0フィート
特殊攻撃 呪いの噛みつき

一般データ

【筋】6、【敏】17、【耐】12、【知】6、【判】13、【魅】7
基本攻撃 +2; 戦技ボーナス +3; 戦技防御値 11
特技 《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+15(+19 サンゴ礁にいる間)、〈水泳〉+6、〈手先の早業〉+8、〈登攀〉+6、〈飛行〉+11; 種族修正 +4〈隠密〉サンゴ礁にいる間、+4〈手先の早業〉
言語 共通語(通常は10数個の単語のみを知っている)
その他の特殊能力 水陸両生

生態

出現環境 暑熱/沿岸または海洋
編成 単体、2体、または部族(3~24、加えて1体の女族長)
宝物 なし

特殊能力

呪いの噛みつき(超常)/Cursed Bite コーラル・カプチン噛みつきは、犠牲者が難易度 12の【耐久力】判定に成功しない限り、クリーチャーの利益と弱点をあたえる。この噛みつきによってもたらされる呪いは1d6時間持続し、同じクリーチャーに24時間に2回以上響を及ぼすことはない。響を受けたクリーチャー通常の2倍の時間息を止めることができるが、気に曝されると乾燥し始める。犠牲者はがなくなると10分毎に1d6ポイントのダメージを受けるが、あらゆる種類で犠牲者が浴びするのに全ラウンド・アクションを費やすと、このダメージは止まる。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

水分への依存(変則)/Moisture Dependency コーラル・カプチン気中と水中両方で呼吸でき、陸上では無期限に生存できるが、定期的ににつかるかに濡れるかしない限り乾燥してしまう。コーラル・カプチンは負の効果を受ける前に、自身【耐久力】修正値に等しい時間だけから離れることができる。この時間が経過すると、クリーチャーにつかっていない状態が1時間継続するごとに1d6ポイントのダメージを受ける。クリーチャーが何らかのにつかると、この時間はリセットされる。

コーラル・カプチンは、熱帯の沿岸地域に生息しており、一般的には女族長が率いる30体未満の成人家族グループでいる。ほとんどの人形生物のをまったく恐れることのないコーラル・カプチンは多くの場合、船員や漁師からクリーチャー不治好奇心と些細な窃盗を我慢しても構わないと持ってる。彼らは仲間のために釣りをするよう訓練することができ、海底から宝物を持って来ることを生業としている人々にとって特に求められている。彼らの貪欲で雑食性の食欲は、彼らが船にいる固有のラットの個体数を減少させるために喜ばれており、長い航海の間で人気がある。海賊密輸業者その他泥棒の性質を受け入れる船乗りの間に人気があるが、このためか、多くの船乗り幸運マスコットとみなしている。

彼らの気まぐれな気質と窃盗癖にもかかわらず、コーラル・カプチンはその並外れた機動性と奇妙な呪いの噛みつきのためにウィザードに珍重されている。レベル3以上の中立から1段階ずれた属性を持つ術者は《上級使い魔》特技によって使い魔としてコーラル・カプチンを得ることができる。

成体のコーラル・カプチンは典型的に体長1・1/2フィートで、1フィートの長さと4フィートの長のを持ち、体重は25ポンドである。

コーラル・カプチンの女族長 Coral Capuchin Matriarch

コーラル・カプチン部族通常、賢明な家長が率いている。このリーダーは、虹のようにゆらめくプリズムの沢で輝く特にカラフルなの膜とで識別できる。コーラル・カプチンの女族長は15の【魅力】を持ち、ほとんどが2~5レベルオラクルである。この女族長は使い魔として役割を果たすことは決してできない。

全文検索 目的別索引