カルピナ

カルピナ Calpina

膜状のがこの昆虫の助成を中に高く抱きかかえている。真っをしており、鋭いは長い吻に似ている。

カルピナ 脅威度3 Calpina

出典 Bestiary 6 53ページPathfinder #95:Anvil of Fire pg. 82
経験点 800
混沌にして中立小型サイズフェイ
イニシアチブ +7; 感覚 夜目〈知覚〉+9

防御

アーマー・クラス 16、接触14、立ちすくみ13(+2外皮、+1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 27(5d6+10)
頑健 +3、反応 +7、意志 +5
ダメージ減少 5/冷たい鉄

攻撃

移動速度 20フィート、飛行40フィート(良好)
近接 噛みつき=+6(1d4、加えて“つかみ”)
特殊攻撃 自我吸収(1d4【魅】)、香しい霧つかみ(中型)

一般データ

【筋】10、【敏】17、【耐】14、【知】11、【判】12、【魅】15
基本攻撃 +2; 戦技ボーナス +4(組みつき+6); 戦技防御値 14(対組みつき16)
特技 《イニシアチブ強化》《組みつき強化》《軽妙なる戦術》《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+15、〈芸能:舞踏〉+10、〈知覚〉+9、〈知識:自然〉+8、〈はったり〉+10、〈飛行〉+17
言語 共通語、森語

生態

出現環境 温暖/森林または山岳
編成 単体、2体、(3~6)、または共棲集団(7~12、加えてカルピナの幼体8~24)
宝物 乏しい

特殊能力

自我吸収(超常)/Ego Drain 敵に組みつくカルピナは、ターン終了目標自我を食べ、1d4ポイントの【魅力】ダメージを与える。カルピナ自身【耐久力】に等しい【魅力】ダメージを与えると、カルピナは完全に落ち着き、24時間の間この能を再び使用することができなくなる。

香しい霧(超常)/Fragrant Haze 標準アクションとして、カルピナは、カルピナまたはその幼体以外のクリーチャーに昏迷とめまいを引き起こす魔法の蒸気を放出することができる。20フィート以内の各生きているクリーチャー難易度 14の意志セーヴに成功するか、1d4ラウンドの間過労状態とならなければならない。セーヴに成功したクリーチャーは24時間の間カルピナ香しい霧完全耐性を持つ。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

カルピナは奇妙なフェイであり、その体は昆虫と人型生物特徴が組み合わさっている。彼らは犠牲者を栄養源に過ぎないと見ているが、非常に好奇心旺盛なクリーチャーのままであり、稀ではあるが、有害な糸なしで他のクリーチャーと対話することがある。

カルピナは、山岳帯の標高の低いのくぼんだ腐ったや浅い洞窟に簡単なを作る。カルピナ社会的および領土的な傾向は季節によって変化する。先、カルピナは主に食欲をそそる獲物を求めて放浪する孤独な遊牧民となる。数カ後彼らが卵を産むときカルピナは一緒に自身コロニーへと結束し、若者を相互に守る。しかし、卵が孵化すると幼体は成長するためにかなりの量の食料が必要となるため、カルピナは訪問者を歓迎する。触と呼ばれるカルピナの小さなグループは、しばしば待ち伏せして犠牲者を誘い込むために協し、昏睡状態の犠牲者がフェイの無知な子孫に食べさせる前に、最後の一滴まで自分のエゴを吸収する。

カルピナ通常、身長がわずか3フィート強であり、体重は24ポンドである。

カルピナの幼体 Calpina Larva

産卵から2週間後、カルピナの卵は毛虫のような幼体に孵化する。急速に成長し、孵化の1ヶ以内に生き残った幼体は各々繭を織る。繭に入った数週間後、成体のカルピナとして現れる。

精神のない幼体は、と色づきを除いてカルピナの成体にほとんど似ていない。成体のカルピナとは異なり、幼体は食で、蛹化し変態を完了する前に動物組織を消費する必要がある。カルピナの成体はこの幼体が護られているかを確認することに注意を払う。

カルピナの幼体ハウス・センチピードのデータを持っているが、種別ではなくフェイとなり、ダメージ減少 5/冷たい鉄を持っている。

全文検索 目的別索引