トロル

トロル:モス・トロル Troll, Moss

この大きくひょろ長い苔のような人型生物は細長くザラザラとした鼻を持ち、わずかな植物で身体を覆った姿で現れる。

モス・トロル 脅威度3 Moss Troll

経験点800
混沌にして悪大型サイズ人型生物巨人変身生物
イニシアチブ +4(に登っている場合は+8); 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+5

防御

アーマー・クラス 15、接触13、立ちすくみ11(+2外皮、-1サイズ、+4【敏】
ヒット・ポイント 30(4d8+12);再生5([])
頑健 +7、反応 +5、意志 +4
弱点 火に対する恐怖心、[]に対する脆弱性

攻撃

移動速度 30フィート、登攀10フィート
近接 噛みつき=+5(1d4+3)、(×2)=+5(1d4+3)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート(は15フィート)

一般データ

【筋】16、【敏】19、【耐】16、【知】9、【判】12、【魅】7
基本攻撃 +3; 戦技ボーナス +7; 戦技防御値 21

特技 《鋼の意志》《腕力による威圧》
技能 〈威圧〉+5、〈隠密〉+5(植物の中では+9)、〈軽業〉+7、〈知覚〉+5、〈登攀〉+11;種族修正 +4〈隠密〉植物の中では+8)、+2〈軽業〉
言語 巨人
その他の特殊能力 木への登攀者変身(苔に覆われたツリー・シェイプ

生態

出現環境 寒冷または温暖/森林
編成 単体、徒党(2~3)、または部隊(4~8)
宝物 標準

特殊能力

火に対する恐怖心(変則)/Fear of Fire モス・トロルは30フィート以内にに見えるがあるか、少なくとも松明の大きさの裸のがある限り怯え状態になる。

木への登攀者(変則)/Tree Climber や他の植物登攀する際、モス・トロル移動速度は30フィートに増加する。に登っているときにモス・トロル落下する場合、落下による合計ダメージを算出する際、最初の30フィートを無視する。登攀している限り、モス・トロルイニシアチブ判定に+4の種族ボーナスを得る。

モス・トロルは背中の曲がったひょろ長いクリーチャーだ。彼らは通常トロルに比べて小さく痩せているが、そのはこのクリーチャーの大きさからすると異常なほどに長く細い。その体は樹皮のように苔やかびの成長に適している。

その食欲が旺盛なことで知られるが、モス・トロルは単なる荒くれ者と言うよりは内気な殺し屋である。彼らは々の上を歌い、登り、飛び跳ねながら不安を掻き立てないように簡単に移動する。モス・トロル獲物を見つけると、とどまらぬ食欲を満たすために落下する距離がどれだけ長くなるかを着にすることもなく、正面から接近したり飛び降りたりする。

モス・トロルの前にしない限り恐れることがなく、でも飢えたモス・トロル攻撃を止められないが、によって傷ついたモス・トロルは逃走することがある。飢えたモス・トロル攻撃を止めるものはないが、逃げる際に傷を負っている場合がある。しかし、モス・トロルと戦うものは、モス・トロル再生能力にが何の効果も及ぼさないことを知るとぎょっとするかもしれない。

モス・トロルの上で狩りを行うだけではないが、彼らは々の間で生活し、繁殖し、その財宝を隠す。彼らの持つ長いは、彼らが上に降り立つことなく上の敵を攻撃することを可能にしている。若いモス・トロルは喰らい殺すことと同じように登攀と軽業に長けている。他のトロルのように、成体のモス・トロルは若者を狩りや戦闘に備えて訓練した後、しばしば放り出す。モス・トロルの徒党や部隊は食料が豊富にあるところにだけ存在する。モス・トロルは有機物であればなんであれ消化することができるが、彼らは新鮮なを好む――特にしつこくつけ回し拷問をかけるような爽快な作戦の後に、まだ生きていて身悶えするものから取り出したがお好みなのだ。

モス・トロルは全長9フィート(約2.7m)で、重量は550ポンド(約249kg)。

トロル:ヨツン・トロル Troll, Jotund

この巨大な緑の肌をした荒くれ者はクラブのように樹の枝をにし、突き出た歯とでいっぱいの9つのを備えている。

ヨツン・トロル 脅威度15 Jotund Troll

経験点51,200
混沌にして悪超大型サイズ人型生物(巨人)
イニシアチブ +3; 感覚 鋭敏嗅覚全周囲視覚夜目〈知覚〉+26

防御

アーマー・クラス 30、接触7、立ちすくみ30(+23外皮、-2サイズ、-1【敏】
ヒット・ポイント 216(16d8+144);再生10([]または[])
頑健 +16、反応 +6、意志 +13([精神作用]効果に対して+17)
防御能力 複数の精神完全耐性 コンフュージョンおよびインサニティ効果

攻撃

移動速度 30フィート
近接 クラブ=+20/+15/+10(2d6+10/19~20)、噛みつき=+15(2d6+5、加えて“つかみ”)、=+15(1d8+5、加えて“つかみ”)
遠隔 岩=+10(2d8+15)
接敵面 15フィート; 間合い 15フィート
特殊攻撃 岩投げ(120フィート)、高速飲み込み全てを見通す攻撃飲み込み(4d6+15殴打、アーマー・クラス21、ヒット・ポイント21)、耳障りな怒声

一般データ

【筋】31、【敏】8、【耐】29、【知】10、【判】17、【魅】6
基本攻撃 +12; 戦技ボーナス +24(組みつき+28); 戦技防御値 33
特技 《イニシアチブ強化》《頑健無比》《強打》《クリティカル強化:クラブ》、《渾身の一打》《神速の反応》《突き飛ばし強化》《ふっとばし攻撃》
技能 〈知覚〉+26、〈登攀〉+29;種族修正 +4〈知覚〉
言語 巨人

生態

出現環境 寒冷/丘陵または山岳
編成 単体または戦闘部隊(ヨツン・トロル1、加えてヒル・ジャイアント2~5またはオーガ3~12)
宝物 標準(クラブその他宝物

特殊能力

全てを見通す攻撃(変則)/All-Seeing Attacks ヨツン・トロルは1ラウンドに1つのごとに1回、追加で9回の機会攻撃を行うことができる。ただし1つの機会につき1回より多く攻撃を行うことはない。

耳障りな怒声(超常)/Cacophonous Roar 1d4ラウンドごとに1回、1回の標準アクションとして、ヨツン・トロルは9つのから障りな怒号を発することができる。このトロルから半径60フィート拡散の範囲内にいる全てのクリーチャー難易度20の意志セーヴを行わねばならず、失敗すると1d4ラウンドの間混乱状態となる。これは[精神作用]効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。この難易度には、+4の種族ボーナスが含まれている。

複数の精神(変則)/Multiple Minds ヨツン・トロルはいつも互いにやり取りができる9つの異なる精神を持つ。入り組んだ思考の寄せ集めの結果として、このトロルは[精神作用]効果に対するあらゆる意志セーヴィング・スローに+4の種族ボーナスを得る。加えて、ヨツン・トロルが意志セーヴを行わねばならないときはいつでも、セーヴィング・スローを2回ロールし、そのうち良い方を実際のセーヴィング・スローの結果として用いることができる。

ヨツン・トロル巨大な、九恐怖そのものだ。極寒の荒野や湿地を徘徊するこのクリーチャーは一般的なトロル同様に凄まじい食欲を有するが、そのいき過ぎた大きさのためにずっと多くの滋養が必要となる。ヨツン・トロルは全長30フィート(約9.1m)で、重量は25,000ポンド(約11.3t)。彼らは100年程度まで生きることができる。

ヨツン・トロルの9つのはそれぞれ脳と感覚を持つが、一応は同じ精神を共有している。にもかかわらず、ヨツン・トロルはしばしば文句をいい口喧嘩をする。どの食事にありつけるかというにはなおさらだ。9つの口全てが同じ共通の胃を持つという事実は、このような食事の論争には少しの意味も持たない。

ヨツン・トロルは同のものとも他のトロルとの間でも子をなす。後者の場合、子供がヨツン・トロルである確率は5%しかない。短い交配期間を除くと、ヨツン・トロルは一体で行動する。しかし地域全体を荒廃させる破壊的な戦闘部隊に、他の巨人の集団とともに行くことを選ぶものもいる。


全文検索 目的別索引