ウォーター・リーパー

ウォーター・リーパー Water Leaper

この忌々しい怪物掻きのような、鋭い歯で満たされた口、そしてで終わる長いを持つ。

ウォーター・リーパー 脅威度2 Water Leaper CR 2

経験点600
混沌にして中立小型サイズ魔獣(水棲)
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+6

防御

アーマー・クラス 14、接触14、立ちすくみ11(+1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 22(3d10+6)
頑健 +5、反応 +6、意志 +3

攻撃

移動速度 20フィート、飛行20フィート(劣)、飛行30フィート
近接 噛みつき=+5(1d4+1)、=+5(1d4+1、加えて1“出血”および“棘だらけの針”)
特殊攻撃 棘だらけの針水辺の跳躍出血攻撃(1)

一般データ

【筋】12、【敏】16、【耐】15、【知】7、【判】14、【魅】13
基本攻撃 +3; 戦技ボーナス +4; 戦技防御値 17
特技 《イニシアチブ強化》《かすめ飛び攻撃》
技能 〈隠密〉+11、〈軽業〉+11(跳躍では+15)、〈水泳〉+9、〈知覚〉+6、〈飛行〉-3; 種族修正 +4〈軽業〉跳躍では+8)
言語 水界
その他の特殊能力 水陸両生

生態

出現環境 気候問わず/湖または沼地
編成 単体
宝物 標準

特殊能力

棘だらけの針(変則)/Jagged Sting ウォーター・リーパーに見えないほど小さい危険な破片を生じ、目標体で壊れ出血を引き起こす。難易度15の〈治療〉判定に成功すると、この破片を取り除き出血を止める。しかしながら、魔法あるいは超常能力治癒は出血を止められず、代わりに傷の範囲で破片に封をし、1d4ポイントの出血ダメージまで増加し、出血を止めるための〈治療〉難易度を20まで増加させる。それ以降のそのような治癒は依然として出血効果を止めないが、ダメージあるいは〈治療〉難易度を更に増加させる事もない。

水辺の跳躍(変則)/Water Leap ウォーター・リーパー獲物待ち伏せしてから飛び出る奇妙な能から名づけられた。そのターン開始水中にいたウォーター・リーパー特殊跳躍突撃攻撃を行うことができる。この特殊突撃は高度に関して直線である必要はなく、ウォーター・リーパーは外へ、ボートの縁の上に上がるように、そして獲物に乗るように飛び出すことができる。辺への跳躍の終了後、ウォーター・リーパー噛みつき攻撃の両方を行える。

ウォーター・リーパーは湖、沼、その他が濁った域で繁栄する頑固な狩人である。彼らは遥かに大きな目標を熱心に待伏せる挑戦的な獲物に対して、彼らは名の通りから跳躍棘だらけの針を用いて傷口を開き、犠牲者が出血するのを待つ。釣り人は略奪するウォーター・リーパーの話をするが、実際には、知的なクリーチャーウォーター・リーパーからの出血を止め、後で恨みを抱く可能性が高いので、動物や利口でない獲物攻撃することを好む。

平均的なウォーター・リーパーは、長さを除いた体長が3フィート(約90cm)を少し超え、体重は8~16ポンド(約3.6~7.3kg)。

ウォーター・モーラー Water Mauler

非常に多くの他の水陸両生動物と同様に、ウォーター・リーパー成人期に達する前にいくつかの段階を経て成長する。ほとんどの者が理解していないことは、ウォーター・リーパーは小さなのある段階がの最終的な形状ではないということである。ほとんどのウォーター・リーパーは一貫性のない年齢で起こる最終的な変態を経験できるほどには生存しないが、そこまで生きた者は(ほとんどの学者に、珍しい、別だが関連性のあるであると考えられている)ウォーター・モーラーへと変成する。ウォーター・モーラーヒット・ダイスを加えた大型ウォーター・リーパーである。ウォーター・モーラーは2回の攻撃かきむしり(2回の)、飛びかかり水辺の跳躍と置き換える)を得る。

ウォーター・モーラーは彼らの同胞とは異なり、より相互に有益な協力関係を作るために、他のクリーチャーと相互作用する可能性が高い――特にボガードのような沼の原住民と。彼らは不承不承の乗騎としてさえ従事でき、の下の両方へと乗りを運ぶことができる。そのようなウォーター・モーラーは主にこれらの協力関係自身の安定した食料源の確保のために結ぶが、には奇妙なものを切望する――彼らが通過したときに見たカラフルなアイテムなどを。

全文検索 目的別索引