パピニジュワリ

パピニジュワリ Papinijuwari

この印象的な片巨人は未加工の鎧の断片とで飾られている腰巻を着ている。息は疫病の臭いがする。

パピニジュワリ 脅威度13 Papinijuwari CR 13

経験点25,600
中立にして悪超大型サイズ人型生物(巨人)
イニシアチブ +8; 感覚 腐敗感知暗視120フィート、夜目〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 28、接触11、立ちすくみ25(+9外皮、-2サイズ、+3【敏】、+8鎧)
ヒット・ポイント 187(15d8+120)
頑健 +17、反応 +11、意志 +11
完全耐性]、[病気

攻撃

移動速度 20フィート、飛行60フィート(標準)、流れ星
近接 クラブ=+25/+20/+15(2d6+24)または叩きつけ(×2)=+25(2d6+16)
接敵面 15フィート; 間合い 15フィート
特殊攻撃 病気喰らい
擬似呪文能力術者レベル10;精神集中+12)

3回/日:インヴィジビリティ

一般データ

【筋】42、【敏】18、【耐】27、【知】17、【判】18、【魅】15
基本攻撃 +11; 戦技ボーナス +29(+31突き飛ばし); 戦技防御値 43(対突き飛ばし45)
特技 《イニシアチブ強化》《かすめ飛び攻撃》《強打》《神速の反応》《突き飛ばし強化》《鋼の意志》《鋼の意志強化》《ふっとばし攻撃》戦闘
技能 〈威圧〉+20、〈知識:次元界〉+18、〈知識:宗教〉+18、〈登攀〉+31、〈飛行〉+15
言語 共通語、巨人語、界語

生態

出現環境 暑熱/平地
編成 単体、2体、または部族ウォリアー6~20、加えて非戦闘員30、ドルイド2、長老6、および族長1)
宝物 ×2(+2ブレストプレートその他宝物

特殊能力

病気喰らい(超常)/Devour Disease 標準アクションとして、パピニジュワリ遠隔接触攻撃として30フィート以内の病気にかかっているクリーチャーから生命を吸い取ることができる。響を受けたクリーチャーは、響を及ぼしている1つの病気に対してセーヴィング・スローに成功するか、その病気響を受けなければならない。このセーヴィング・スロー病気治癒することに要求されうるセーヴの数に数えない。セーヴィング・スローが失敗するとパピニジュワリは30ポイントの一時的ヒット・ポイントを得る。

腐敗感知(超常)/Sense Decay パピニジュワリデスウォッチの恒常的な効果を受けており、鋭敏嗅覚の能があるかのように現在病気響下にあるクリーチャーを検知することができる。

流れ星(超常)/Shooting Star 機会攻撃を誘発する全ラウンド・アクションとして、パピニジュワリは300フィートの移動速度飛行することができる。パピニジュワリは夜、外でのみこの能を使うことができ、少なくとも上から500フィート以上の高度でなければならない。その間松明を持っていなければらない。松明魔法のものである必要はなく、パピニジュワリが持っている間、松明はそれを消すような一般的な効果えばなどの響を受けない。

を横切りあらゆる種類病気人型生物を捕食する無慈悲な単眼のパピニジュワリクラウド・ジャイアントの嫌われている類である。パピニジュワリ狩猟行為はより「洗練された」巨人の繊細な感性を傷つけるため、クラウド・ジャイアントでさえパピニジュワリを軽蔑している。

パピニジュワリ疫病使いであり、自分たちが蔓延させるのを助けた苦しみを食らう。人型生物文化では、流れ星景は恐ろしいパピニジュワリの到来を告げ、夜間に視認できない状態で集落を襲い、病気の進行を早める。

十分に成長したパピニジュワリは身長約20フィート(約6m)、体重6,000ポンド(約2.7t)程度。

全文検索 目的別索引