アント・ライオン

アント・ライオン:ジャイアント・アント・ライオン Ant Lion, Giant

このを掘る巨体の昆虫はその丈に比してさえ大きすぎる腹部を持つ。凶そうな長い一組の鈎状の顎が部から突き出している。

ジャイアント・アント・ライオン巨大アリジゴク) 脅威度5 Giant Ant Lion

経験点1,600
真なる中立大型サイズ
イニシアチブ +0;感覚 暗視60フィート、振動感知60フィート;〈知覚〉+0

防御

アーマー・クラス 19、接触9、立ちすくみ19(+10外皮、-1サイズ
ヒット・ポイント 60(8d8+24)
頑健 +9、反応 +2、意志 +2
完全耐性 [精神作用]効果

攻撃

移動速度 30フィート、穴掘り10フィート
近接 噛みつき=+10(2d8+7、加えて“つかみ”)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 砂の罠

一般データ

【筋】20、【敏】11、【耐】17、【知】―、【判】11、【魅】10
基本攻撃 +6;戦技ボーナス +12(+16組みつき);戦技防御値 22(30対足払い

生態

環境 暑熱の砂漠
編成 単体、あるいは(2~4)
宝物 乏しい

特殊能力

砂の罠(変則)/Sand Trap ジャイアント・アント・ライオンは砂や柔らかい表に、直径60フィート、深さ20フィートの落とし穴の罠作成できる。砂の罠作成には1時間かかる。難易度15の〈知覚〉判定クリーチャーはそのような砂の中の窪みが実はであることを認識できる。難易度14の反応セーヴに失敗した場合クリーチャーの内へと滑り落ちる――そのような犠牲者はダメージは受けないが転倒する。ジャイアント・アント・ライオン砂の罠の底に落ちるクリーチャーに対して機会攻撃を行なえる。このクリーチャー砂の罠通常移動速度移動することができ、この効果に対する完全耐性を持つ。他のクリーチャー難易度20の〈登攀〉判定をなんとか進める。

砂漠にある危機として、ジャイアント・アント・ライオンは移り動く砂からを構築する。蟻たちはそうしたの底に潜み、半分埋もれながら辛抱強く不注意な獲物を待ち続ける。

アント・ライオン:ジャイアント・アダルト・アント・ライオン巨大ウスバカゲロウ) Ant Lion, Giant Adult

4枚の薄い翅で上を飛ぶ生やしたこの細長い昆虫は、飢えでその顎をカチカチと鳴らしている。

ジャイアント・アダルト・アント・ライオン 脅威度6 Giant Adult Ant Lion

経験点2,400
真なる中立超大型サイズ
イニシアチブ +3;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+0

防御

アーマー・クラス 19、接触11、立ちすくみ16(+8外皮、-2サイズ、+3【敏】

ヒット・ポイント 85(10d8+40)
頑健 +11、反応 +6、意志 +3
完全耐性 [精神作用]効果

攻撃

移動速度 30フィート、飛行60フィート(良好)
近接 噛みつき=+12(3d8+10)
接敵面 15フィート;間合い 10フィート
特殊攻撃 砂の罠

一般データ

【筋】24、【敏】16、【耐】19、【知】―、【判】11、【魅】10
基本攻撃 +7;戦技ボーナス +16;戦技防御値 29(37対足払い
技能 〈飛行〉+3

生態

環境 暑熱の砂漠
編成 単体あるいは雲霞(2~12)
宝物 なし

ジャイアント・アント・ライオンが成虫になるとき、自身の周囲に砂と礫の繭を作り出す。1ヶが経つと、そのアント・ライオンは劇的な変態を遂げる――繭から出るとき、その体は長く厚くなり、そして一対の巨大な網模様の翅を得る。地域によってはジャイアント・アント・ライオンジャイアントレイスウィング、ジャイアント・ダムセルフライ、あるいはジャイアント・スピンドルフライと呼ばれることもあるが、彼らの貪食さと致命さは変わっておらず、幼虫の頃の砂の罠狡猾さの代わりに素早い飛翔と戦場でのより優れた機動性を持つ。

全文検索 目的別索引