マンティス

マンティス Mantis

マンティス:ジャイアント・マンティス巨大カマキリ) Mantis, Giant

この背の高い昆虫は、4本の後足で歩く。頭部は、三形で、前足は誇らしげに剃刀の様に鋭いエッジと鉤爪を示している。

ジャイアント・マンティス巨大カマキリ) 脅威度3 Giant Mantis

経験点800
真なる中立大型サイズ
イニシアチブ +1;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+6

防御

アーマー・クラス 15、接触10、立ちすくみ14(+5外皮、-1サイズ、+1【敏】
ヒット・ポイント 30(4d8+12)
頑健 +7、反応 +2、意志 +3
完全耐性精神作用]効果

攻撃

移動速度 30フィート、登攀30フィート、飛行40フィート(貧弱)
近接 (×2)=+5(1d6+3、加えて“つかみ”)
接敵面 10フィート;間合い 10フィート
特殊攻撃 奇襲攻撃下顎踏み込み

一般データ

【筋】16、【敏】13、【耐】16、【知】―、【判】14、【魅】11
基本攻撃 +3;戦技ボーナス +7(組みつき+11);戦技防御値 18(対足払い22)
技能 〈隠密〉+1(森林では+13)、〈知覚〉+6、〈登攀〉+11、〈飛行〉-5;種族修正 +4〈隠密〉森林では+12)、+4〈知覚〉

生態

出現環境 温暖/森林
編成 単体
宝物 なし

特殊能力

踏み込み(変則)/Lunge ジャイアント・マンティス足はこのサイズの生物における標準よりも遥かに遠くに達することができる。全ラウンド・アクションとして、通常の2倍の間合いで、鉤爪による1回の攻撃を行う。ジャイアント・マンティスがこの様に鉤爪攻撃する際、攻撃ロールに+4のボーナスを得る。ジャイアント・マンティス踏み込み機会攻撃をすることはできない。

下顎(変則)/Mandibles ジャイアント・マンティスは、自身が掴んでいる敵に対して二次的攻撃として噛みつき攻撃を行える。ジャイアント・マンティス噛みつきは、+0の攻撃ロール、1d6+1のダメージを与える。

奇襲攻撃(変則)/Sudden Strike ジャイアント・マンティスは、敵が驚いている際、素早く動くことに特に熟練している。不意討ちラウンドの間、ジャイアント・マンティス標準アクションではなくあたかも全ラウンドがあるかの様に行動する。

ジャイアント・マンティスが食べ物を待ちながら、の下に致死的な前肢を畳んでいるやり方は、多くの者に知られている。このクリーチャーは深い森の小道を進む隊商に非常に恐れられている。ジャイアント・マンティスは濃い下生えに身を隠す達人であり、待つことにかけてはほとんど不自然なほどの忍耐を持ち、疑いもなく迷い込んできた餌に、心をかき乱すほどの速度で攻撃を加える。

野蛮な社会の多くで、ジャイアント・マンティスは特に恐れられている。このが普通に見られる地域では、しばしば怒れる神が世界に送り込んだ死を告げる者と見なされている。彼らの迅さ、異質な外見森林でのほとんど透明に近いような隠密性は、多くの伝説を生んだ。曰く、ジャイアント・マンティス透明になれる、恐怖を嗅ぎつける、これに殺され食われた者の魂は消化され来世に行けない。ジャイアント・マンティスは効率よく殺すことができる以上のものではないが、あると仮定されたと異質な知性に関する数多くの伝説と噂に触発された一部の術者は、より恐ろしいものにしようと自分たちの人造カマキリの特徴を与えている。巨大マンティスを神と崇め、マンティスの奇襲殺人法を身につけ、2本のギザギザのレイピアう暗殺者集団についての話さえある。

ここで挙げられているジャイアント・マンティスは体高7フィート、体長15フィート、体重650ポンド。世界で最も深く暗い森にはさらに大きなジャイアント・マンティスも存在し、巨人ほど強なものも餌食にしている。ドラゴン・イーティング・マンティス食いカマキリ)、ツリーベンダー・マンティス(丸太折りカマキリ)、単純デッドリー・マンティスなどさまざまな名で知られているこの巨は平均体高60フィートを超え、そのがつがつした食欲を満たすためなら村1つ、街1つを丸ごと破壊する習性を持つことで恐れられている。デッドリー・マンティス超巨大サイズ強化した16ヒット・ダイス脅威度14ジャイアント・マンティスである。


全文検索 目的別索引