シャドウ・マスティフ

シャドウ・マスティフ Shadow Mastiff

この筋隆々とした犬は鋭い歯でいっぱいの口と、周囲の光を飲み込む漆黒の体毛を持っている。

シャドウ・マスティフ 脅威度5 Shadow Mastiff

経験点1,600
中立にして悪中型サイズ来訪者他次元界
イニシアチブ +6;感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚〈知覚〉+10

防御

アーマー・クラス 18、接触12、立ちすくみ16(+6外皮、+2【敏】
ヒット・ポイント 51(6d10+18)
頑健 +8、反応 +7、意志 +5
防御能力 影潜み

攻撃

移動速度 50フィート
近接 噛みつき=+10(1d8+4、加えて“足払い”)、尾の打撃=+5(1d6+2)

特殊攻撃 うなり

一般データ

【筋】19、【敏】15、【耐】17、【知】4、【判】12、【魅】13
基本攻撃 +6;戦技ボーナス +10;戦技防御値 22(26対足払い
特技 《イニシアチブ強化》《強打》《鋼の意志》
技能 〈隠密〉+11、〈生存〉+10、〈知覚〉+10
言語 共通語(話せない)

生態

環境 どこでも
編成 単体、2体、あるいは群れ(3~8)
宝物 なし

特殊能力

うなり(超常)/Bay 300フィート拡散範囲内の来訪者ではないすべてのクリーチャーは、シャドウ・マスティフうなりや咆哮を受けた際、難易度16の意志セーヴに成功しない限り2d4ラウンドの間恐慌状態になる。これは[音、精神作用、恐怖効果である。セーヴに成功したクリーチャーは24時間の間同じマスティフのうなりに対する完全耐性を得る。セーヴ難易度【魅力】に基づいており、+2の種族ボーナスが含まれる。

影潜み(超常)/Shadow Blend 完全な日光の下でない限り、いかなる光源であろうともシャドウ・マスティフへと消え、それにより視認困難(50%の失敗確率)を得る。人工的な光源は、ライトコンティニュアル・フレイムであろうとも、この能力を無効化できない;しかしデイライト呪文はこの能力を無効化する。シャドウ・マスティフはこの能力をフリー・アクションで抑止したり起動することができる。

疲れを知らない狩人、隠れた追跡者、そして致命的な捕食者であるシャドウ・マスティフ外方次元界の隅の闇に身を潜め、光の外れにいるすべての生命を狩る。これらの獣と本物の犬との共通点は体型くらいしかなく(体型にしてもシャドウ・マスティフには立つ刺の生えた長いがついているが)、マスティフの体は数え切れないほどの世紀を経て続けられた外方次元界影界の荒野での残酷なる狩りによって進化している。物質界ではの中での移動を好み、音も姿もなく動いて獲物を探し、飢えを覚えると邪娯楽として狩りを行なう。シャドウ・マスティフは直立すると高さ4フィートで、体重は約300ポンドである。

戦闘ではシャドウ・マスティフに潜みながらの戦いを好む;選択肢がない限り強烈な光の下にいることを嫌い、うなりを使用して敵をその眩しい場所から逃げ出させようとする。シャドウ・マスティフは集団での狩りを好み、群れでの戦術を使用して獲物に誘い込み、光源から引き離す。彼らは住処というものは作らず、最近獲物を殺したのでない限り、通常彼らからどのような種類であれ宝物が見つかることはない。

シャドウ・マスティフレッサー・プレイナー・アライあるいはプレイナー・バインディングでの招請ができる術者の間では人気のある守護者である。アンデッドの術者や来訪者シャドウ・マスティフの恐ろしいうなりに対する完全耐性を持つ;完全耐性を持たない者は日中の時間に意図的にこのクリーチャーうなりに晒され、他の仕事に響を与えない恐慌を引き起こしている。一般的な原則として、シャドウ・マスティフを守護者として使用する場所は既にうなり響を受けており、そこの住人はすでにその日の残り24時間、この能力の効果に対する完全耐性を得ていると考えて間違いない。

より大きなシャドウ・マスティフも存在する――サイズ並か、それより大きい。そうしたクリーチャーは異なる形をしていて、犬と言うよりはライオンディノサウルス、あるいはといった、より大きなクリーチャーのものに近い。そのようなクリーチャーは追加の種族ヒット・ダイスを持ち、そしてまた飛翔ブレス攻撃といった追加の能力を持っているかもしれない。

全文検索 目的別索引