デス・ワーム

デス・ワーム Death Worm

この大きなの体は筋質でがある。その口には悪夢のような三形の歯が何列もならんでいる。

デス・ワーム 脅威度6 Death Worm

経験点2,400
真なる中立大型サイズ魔獣
イニシアチブ +1;感覚 暗視60フィート、振動感知60フィート、夜目〈知覚〉+11

防御

アーマー・クラス 19、接触10、立ちすくみ18(+9外皮、-1サイズ、+1【敏】
ヒット・ポイント 68(8d10+24)
頑健 +9、反応 +7、意志 +4
防御能力 皮膚毒腐食性の血完全耐性]、[電気]、

攻撃

移動速度 20フィート、穴掘り20フィート
近接 噛みつき=+11(2d8+6、加えて“”)
遠隔 電撃弾=+8遠隔接触(4d6[電気])
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 ブレス攻撃(30フィート直線状、8d6[ダメージ、反応・難易度17・半減、使用後は1d4ラウンド後まで使用できない)

一般データ

【筋】18、【敏】13、【耐】16、【知】3、【判】11、【魅】5
基本攻撃 +8;戦技ボーナス +13;戦技防御値 24
特技 《強打》《蹴散らし強化》《薙ぎ払い》《鋼の意志》
技能 〈隠密〉-3(砂漠では+13)、〈知覚〉+11;種族修正 +16砂漠または岩砂漠での〈隠密〉
言語 界語

生態

出現環境 暑熱/砂漠平地、または丘陵
編成 単体
宝物 なし

特殊能力

腐食性の血(変則)/Corrosive Blood デス・ワームの血液は接触した金属腐食させることができる。クリーチャー金属製の刺突または斬撃武器デス・ワームダメージを与えた場合、このクリーチャーの血液はその金属武器に3d6ポイントの[ダメージを与える(ほとんどの種類のエネルギー・ダメージとは異なり、このダメージ金属製の物品に対して適用される場合も半分にならないが、金属硬度は越えなければならない)。武器を振るうものは難易度17の反応セーヴに成功することで武器の受けるダメージ半減することができる。金属でできたクリーチャーデス・ワーム肉体武器で斬撃または刺突ダメージを与えた場合、3d6ポイントの[ダメージを受ける(難易度17の反応セーヴに成功すればこのダメージ半減できる)。血液中の腐食物質の体を離れた後、あるいは虫が死んだ後1ラウンドで消える。 このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

電撃弾(超常)/Electrical Jolt デス・ワーム標準アクションとして口から電気の弾を撃つことができる。この遠隔接触攻撃射程単位は60フィートである。

(変則)/Poison 噛みつき・致傷型, または 皮膚・接触型;セーヴ 頑健 難易度17;頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間);効果 1d2【耐】ダメージ治癒 2回のセーヴ成功。

皮膚毒(変則)/Venomous Skin デス・ワームの皮膚は有毒な蝋状の物質を分泌している。この性のある光沢物質は、素攻撃肉体武器、または接触攻撃のいずれを命中させたのかを問わず、デス・ワームに触れたものをに冒す。デス・ワームに組みついたものもクリーチャー皮膚毒にさらされる。

ぞっとするようなデス・ワームはその居住地である砂漠、荒野、ステップで非常に怖れられている。電気、飢えた顎と、戦闘に敵に死をもたらす痛ましい段を複数備えているからである。クリーチャーは彼らが好む地域の砂や岩の間に隠れるのに非常に優れており、容易く殺すことができる敵を魔的に効率的に選択する。これらの複合によって、このクリーチャーは確認することが困難であり、最も都市化が進んだ中心では、常識的にいってデス・ワームの話は都市民に強い印象を与えようとする作り話か、飲みすぎたときの幻覚とされている。

デス・ワームは体長5フィート、体重1,200ポンド。もっと大きなデスワームが存在するという噂もある。


全文検索 目的別索引