ディノサウルス

ディノサウルス(恐Dinosaur

ディノサウルス:アンキロサウルス Dinosaur, Ankylosaurus

この4本足の恐の天蓋状の背中は、分厚い質の板に鎧われ、強な筋質のの先端はの棍になっている。

アンキロサウルス 脅威度6 Ankylosaurus

経験点2,400
真なる中立超大型サイズ動物
イニシアチブ +0;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+14

防御

アーマー・クラス 22、接触8、立ちすくみ22(+14外皮、-2サイズ
ヒット・ポイント 75(10d8+30)
頑健 +12、反応 +7、意志 +4

攻撃

移動速度 30フィート
近接 =+14(3d6+12、加えて“朦朧化”)
接敵面 15フィート;間合い 15フィート

一般データ

【筋】27、【敏】10、【耐】17、【知】2、【判】13、【魅】8
基本攻撃 +7;戦技ボーナス +17;戦技防御値 27(対足払い31)
特技 《頑健無比》《強打》《蹴散らし強化》《突き飛ばし強化》《武器熟練:
技能 〈知覚〉+14

生態

出現環境 暑熱/森林および平地
編成 単体、2体、群れ(3~12)
宝物 なし

特殊能力

朦朧化(変則)/Stun アンキロサウルスは強な、相を朦朧とさせる一撃を見舞うことができる。この攻撃を受けたクリーチャー難易度23のセーヴを行わなければならず、失敗すると1ラウンドの間幻惑状態になる。攻撃クリティカル・ヒットになり目標セーヴに失敗した場合、幻惑状態の代わりに1d4ラウンドの間朦朧状態になる。セーヴ難易度【筋力】修正値に基づいて算出されている。

アンキロサウルスは、強いずんぐりした恐で、敵から自身の身を守るのに十分以上のを持っている。その背中は分厚い板とトゲで重武装されている。アンキロサウルスが繰り出す重い一撃はほとんどのクリーチャーを、鎧が逃げるのに十分な間朦朧とさせることができる。しかしいったん敵に対すると、ほとんどのアンキロサウルスは短気で頑固すぎるため、逃げることはないのだが。かわりに一歩も引かず、そのに戦いにおける大いなるを発揮させる。アンキロサウルスは体長30フィート、体重6,000ポンド。

アンキロサウルスの動物の相棒

開始のデータ:サイズ 中型サイズ移動速度 30フィート;アーマー・クラス 外皮+9;攻撃 (1d6);能力値 【筋】10、【敏】14、【耐】9、【知】2、【判】12、【魅】8;その他の特殊能力 夜目鋭敏嗅覚

7レベルでの成長:サイズ 大型サイズアーマー・クラス 外皮+2;攻撃 (2d6);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4;その他の特殊能力朦朧化”。

ディノサウルス:エラスモサウルス Dinosaur, Elasmosaurus

長いと長いを持つ、この食性の爬虫類は8本の強いヒレで中を滑るように進んでいく。

エラスモサウルス 脅威度7 Elasmosaurus

経験点3,200
真なる中立超大型サイズ動物
イニシアチブ +2;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+14

防御

アーマー・クラス 20、接触11、立ちすくみ17(+1回避、+9外皮、-2サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 105(10d8+60)
頑健 +14、反応 +9、意志 +6

攻撃

移動速度 20フィート、水泳50フィート
近接 噛みつき=+13(2d8+12)
接敵面 15フィート;間合い 20フィート

一般データ

【筋】26、【敏】15、【耐】20、【知】2、【判】13、【魅】9
基本攻撃 +7;戦技ボーナス +17;戦技防御値 30(対足払い34)
特技 《回避》《頑健無比》《強行突破》《追加hp》《鋼の意志》
技能 〈水泳〉+16、〈知覚〉+14

生態

出現環境 暑熱/水界
編成 単体、2体、群れ(3~6)
宝物 なし

ほっそりしたエラスモサウルスの長い水棲爬虫類である。学術的には恐ではないが、この仲間はしばしば恐がより普通に見られる地域の海や湖で狩をしているのが見られる。上に示されているデータにヤング・テンプレートを適用することで、より小さな同水棲爬虫類プレシオサウルスなど)のデータを作ることができる。エラスモサウルスは体長45フィート、体重4,000ポンド。

エラスモサウルスの動物の相棒

開始のデータ:サイズ 中型サイズ移動速度 20フィート、水泳50フィート;アーマー・クラス 外皮+2;攻撃 噛みつき(1d8);能力値 【筋】10、【敏】18、【耐】12、【知】2、【判】13、【魅】9;その他の特殊能力 夜目鋭敏嗅覚

4レベルでの成長:サイズ 大型サイズアーマー・クラス 外皮+3;攻撃 噛みつき(2d6);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4。

ディノサウルス:ステゴサウルス Dinosaur, Stegosaurus

この超大型の恐は小さな頭部と、背部に2列に並んだ鋭い板、先端に一揃いのがついた筋質のを持つ。

ステゴサウルス 脅威度7 Stegosaurus

経験点3,200
真なる中立超大型サイズ動物
イニシアチブ +6;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+16

防御

アーマー・クラス 22、接触10、立ちすくみ20(+12外皮、-2サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 90(12d8+36)
頑健 +13、反応 +10、意志 +5

攻撃

移動速度 30フィート
近接 =+16(4d6+12、加えて“足払い”)
接敵面 15フィート;間合い 15フィート

一般データ

【筋】27、【敏】14、【耐】17、【知】2、【判】13、【魅】10
基本攻撃 +9;戦技ボーナス +19;戦技防御値 31(対足払い35)
特技 《イニシアチブ強化》《頑健無比》《強打》《蹴散らし強化》《薙ぎ払い》《武器熟練:
技能 〈知覚〉+16

生態

出現環境 暑熱/平地
編成 単体、2体、群れ(3~12)
宝物 なし

ステゴサウルスは最も特徴的な外見を持つ恐の1つである。背部の2列の板とのついたは、ほとんどの捕食者に攻撃する前に二の足を踏ませるのに十分である。体長30フィート、体高14フィート、体重5,000ポンド。

ステゴサウルスの動物の相棒

開始のデータ:サイズ 中型サイズ移動速度 30フィート;アーマー・クラス 外皮+6;攻撃 (2d6);能力値 【筋】10、【敏】18、【耐】10、【知】2、【判】12、【魅】10;その他の特殊能力 夜目鋭敏嗅覚

7レベルでの成長:サイズ 大型サイズアーマー・クラス 外皮+3;攻撃 (2d8、加えて“足払い”);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4。

ディノサウルス:ディノニクス Dinosaur, Deinonychus

この明るい体色をした恐からは剣呑な凶暴性が放たれている。両足は大きな鎌の形をしたで武装されている。

ディノニクス 脅威度3 Deinonychus

経験点800
真なる中立/中型サイズ動物
イニシアチブ +6;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+14

防御

アーマー・クラス 15、接触12、立ちすくみ13(+3外皮、+2【敏】
ヒット・ポイント 34(4d8+16)
頑健 +8、反応 +6、意志 +2

攻撃

移動速度 60フィート
近接 鉤爪(×2)=+5(1d8+2)、噛みつき=+5(1d6+2)、前=+0(1d4+1)
特殊攻撃 飛びかかり

一般データ

【筋】15、【敏】15、【耐】19、【知】2、【判】12、【魅】14
基本攻撃 +3;戦技ボーナス +5;戦技防御値 17
特技 《イニシアチブ強化》《疾走》
技能 〈隠密〉+15、〈軽業〉+10(跳躍+22)、〈知覚〉+14;種族修正 +8〈隠密〉、+8〈軽業〉、+8〈知覚〉

生態

出現環境 暑熱/森林
編成 単体、2体、小さな群れ(3~12)
宝物 なし

その速さと小回りだけでも危険だが、ディノニクスは群れをなす狩人で、数体の同類と共に走って獲物を引き倒し、そのはらわたまで届く鉤爪引き裂く

ヤング・テンプレートを適用してより小さく機敏ヴェロキラプトルのデータを作ることができる。反対に、ディノニクス大型サイズにし、ヒット・ダイスを8に増やすか、あるいはジャイアントテンプレートとアドヴァンスト・テンプレートを適用することで、恐るべきメガラプトルを作ることができる。

ディノサウルス:ティラノサウルス Dinosaur, Tyrannosaurus

この2本足の恐は、それ以外の部分の大きさと比べると小さく感じるが、その巨大頭部は歯でいっぱいである。

ティラノサウルス 脅威度9 Tyrannosaurus

経験点6,400
真なる中立巨大サイズ動物
イニシアチブ +5;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+37

防御

アーマー・クラス 21、接触7、立ちすくみ20(+14外皮、-4サイズ、+1【敏】
ヒット・ポイント 153(18d8+72)
頑健 +15、反応 +12、意志 +10

攻撃

移動速度 40フィート
近接 噛みつき=+20(4d6+22/19~20、加えて“つかみ”)
接敵面 20フィート;間合い 20フィート
特殊攻撃 飲み込み(2d8+11、アーマー・クラス 17、ヒット・ポイント 15)

一般データ

【筋】32、【敏】13、【耐】19、【知】2、【判】15、【魅】10
基本攻撃 +13;戦技ボーナス +28(組みつき+32);戦技防御値 39
特技 《イニシアチブ強化》《技能熟練:知覚》、《クリティカル強化:噛みつき》、《クリティカル熟練》《持久力》《疾走》《出血化クリティカル》《鋼の意志》《不屈の闘志》
技能 〈知覚〉+37;種族修正 +8〈知覚〉
その他の特殊能力 強大なる噛みつき

生態

出現環境 暑熱/森林および平地
編成 単体、2体、小さな群れ(3~6)
宝物 なし

特殊能力

強大なる噛みつき(変則)/Powerful Bite ティラノサウルス噛みつき攻撃ダメージには【筋力】修正値の2倍を足す。

ティラノサウルスは捕食者の頂点であり、体長40フィート、体重14,000ポンドに達する。

ティラノサウルスの動物の相棒

開始のデータ:サイズ 中型サイズ移動速度 30フィート;アーマー・クラス 外皮+4;攻撃 噛みつき(1d8);能力値 【筋】14、【敏】16、【耐】10、【知】2、【判】15、【魅】10;その他の特殊能力 夜目鋭敏嗅覚

7レベルでの成長:サイズ 大型サイズアーマー・クラス 外皮+3;攻撃 噛みつき(2d6);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4;その他の特殊能力つかみ”、強大なる噛みつき

ディノサウルス:トリケラトプス Dinosaur, Triceratops

この恐の武装された頭部には3本の鋭いが顔を飾っており、から後方へ伸びた大きな丸いトサカがを覆っている。

トリケラトプス 脅威度8 Triceratops

経験点4,800
真なる中立超大型サイズ動物
イニシアチブ -1;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+24

防御

アーマー・クラス 21、接触7、立ちすくみ21(+14外皮、-2サイズ、-1【敏】
ヒット・ポイント 119(14d8+56)
頑健 +15、反応 +8、意志 +5

攻撃

移動速度 30フィート
近接 突き刺し=+17(2d10+12)
接敵面 15フィート;間合い 15フィート
特殊攻撃 強力突撃突き刺し、4d10+16)、蹂躙(1d8+12、難易度25)

一般データ

【筋】26、【敏】9、【耐】19、【知】2、【判】12、【魅】7
基本攻撃 +10;戦技ボーナス +20;戦技防御値 29(対足払い33)
特技 《頑健無比》《技能熟練:知覚》、《強打》《クリティカル強化》《疾走》《突き飛ばし強化》《武器熟練:突き刺し
技能 〈知覚〉+24

生態

出現環境 暑熱/平地
編成 単体、2体、群れ(5~8)
宝物 なし

トリケラトプスは頑強で短気な植食性動物である。

典型的なトリケラトプスは体長30フィート、体重20,000ポンド。

トリケラトプスの動物の相棒

開始のデータ:サイズ 中型サイズ移動速度 30フィート;アーマー・クラス 外皮+6;攻撃 突き刺し(1d8);能力値 【筋】10、【敏】13、【耐】11、【知】2、【判】12、【魅】7。

7レベルでの成長:サイズ 大型サイズアーマー・クラス 外皮+3;攻撃 突き刺し(2d6);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4;その他の特殊能力 強力突撃

ディノサウルス:プテラノドン Dinosaur, Pteranodon

このを飛ぶ爬虫類は2枚の大きなを持ち、後方に伸びた特徴的なトサカが頭部に飾られている。

プテラノドン 脅威度3 Pteranodon

経験点800
真なる中立大型サイズ動物
イニシアチブ +8;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+11

防御

アーマー・クラス 16、接触14、立ちすくみ11(+1回避、+2外皮、-1サイズ、+4【敏】
ヒット・ポイント 32(5d8+10)
頑健 +6、反応 +8、意志 +3

攻撃

移動速度 10フィート、飛行50フィート(劣
近接 噛みつき=+5(2d6+4)
接敵面 10フィート;間合い 10フィート

一般データ

【筋】16、【敏】19、【耐】15、【知】2、【判】15、【魅】12
基本攻撃 +3;戦技ボーナス +7;戦技防御値 21
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《技能熟練:知覚》
技能 〈知覚〉+11、〈飛行〉-1

生態

出現環境 暑熱/湾岸
編成 単体、2体、編隊(3~12)
宝物 なし

プテラノドン自体は恐ではないが、恐が普通に住んでいる地域でよく見られる大きなを飛ぶ爬虫類である。その飛行は優雅さに欠け、連れ去ることができない敵と戦う際には地面に降りる。

プテラノドン長30フィート、体重わずか40ポンド。

プテラノドンの動物の相棒

開始のデータ:サイズ 中型サイズ移動速度 10フィート、飛行50フィート(劣);アーマー・クラス 外皮+0;攻撃 噛みつき(1d8);能力値 【筋】8、【敏】21、【耐】10、【知】2、【判】14、【魅】12;その他の特殊能力 夜目鋭敏嗅覚

7レベルでの成長:サイズ 大型サイズアーマー・クラス 外皮+2;攻撃 噛みつき(2d6);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4。

ディノサウルス:ブラキオサウルス Dinosaur, Brachiosaurus

この爬虫類は長いで、同じくらい長いのバランスをとっている。の先端には比較的小さな頭部があり、樹冠から食べ物を採っている。

ブラキオサウルス 脅威度10 Brachiosaurus

経験点9,600
真なる中立巨大サイズ動物
イニシアチブ +0;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+28

防御

アーマー・クラス 18、接触6、立ちすくみ18(+12外皮、-4サイズ
ヒット・ポイント 171(18d8+90)
頑健 +18、反応 +11、意志 +9

攻撃

移動速度 30フィート
近接 =+23(4d6+19)
接敵面 20フィート;間合い 20フィート
特殊攻撃 蹂躙(2d6+19、難易度32)

一般データ

【筋】37、【敏】10、【耐】21、【知】2、【判】13、【魅】10
基本攻撃 +13;戦技ボーナス +30;戦技防御値 40(対足払い44)
特技 《頑健無比》《技能熟練:知覚》、《強打》《上級蹴散らし》《突き飛ばし強化》《薙ぎ払い》《薙ぎ払い強化》《鋼の意志》《武器熟練:
技能 〈知覚〉+28

生態

出現環境 暑熱/森林または平地
編成 単体、2体、群れ(3~12)
宝物 なし

ブラキオサウルスは体長80フィート、体重32米トン。

ブラキオサウルスの動物の相棒

開始のデータ:サイズ 中型サイズ移動速度 30フィート;アーマー・クラス 外皮+3;攻撃 (2d4);能力値 【筋】13、【敏】14、【耐】11、【知】2、【判】13、【魅】10;その他の特殊能力 夜目鋭敏嗅覚

7レベルでの成長:サイズ 大型サイズアーマー・クラス 外皮+2;攻撃 (2d6);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4;その他の特殊能力 蹂躙(1d8)。


全文検索 目的別索引