ウィップ・スパイダー

ティタニック・ウィップ・スパイダー Titanic Whip Spider

この蜘蛛のようなクリーチャーの尖ったの2本は鞭のようなしなやかさで、2本の鉤状のものがついて、が並んでいる。

ティタニック・ウィップ・スパイダー 脅威度16 Titanic Whip Spider

出典 Bestiary 6 275ページ
経験点 76,800
真なる中立超巨大サイズ
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート; 〈知覚〉+16

防御

アーマー・クラス 31、接触9、立ちすくみ24(+22外皮、-8サイズ、+7【敏】
ヒット・ポイント 250(20d8+160)
頑健 +20、反応 +13、意志 +6
完全耐性精神作用]効果

攻撃

移動速度 60フィート、登攀30フィート
近接 噛みつき=+24(4d6+17、加えて“”)、(×2)=+24(2d8+17、加えて“つかみ”)、鞭状脚(×2)=+19接触(1d4、後述)
接敵面 30フィート、間合い 30フィート(および 鞭は50フィート)
特殊攻撃 締めつけ(2d8+17)、毒の雲

一般データ

【筋】44、【敏】24、【耐】27、【知】―、【判】11、【魅】3
基本攻撃 +15; 戦技ボーナス +40; 戦技防御値 57(対足払い65)
技能 〈知覚〉+16、〈登攀〉+25; 種族修正 +16〈知覚〉

生態

出現環境 温暖または暑熱/丘陵
編成 単体、または2体
宝物 なし

特殊能力

/Poison(変則) 噛みつき―致傷型; セーヴ 頑健難易度28; 頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間); 効果 1d4【耐】吸収、および吐き気がする状態1ラウンド治癒 2回連続のセーヴ成功。

毒の雲(変則)/Poison Cloud 1日2回まで、タイタニックウィップ・スパイダー標準アクションとして、半径30フィートの拡散範囲有毒ガスの蜘蛛を放つことができる。この効果の中心は自身接敵面の中から任意に選択する。範囲内にいる全てのクリーチャー難易度28の眼瞼セーヴを行わねばならず、失敗すると1d6ラウンドの間吐き気がする状態となり、その後1d4ラウンドの間不調状態になる。毒の雲は視界を遮らず、1d4ラウンド持続する。しかし強かそれより強い風によって即座にかき消されてしまう。これは[効果であり、いかなる種類ウィップ・スパイダーにも作用しない。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

鞭状脚(変則)/Whip Legs ウィップ・スパイダーの前2本は極めて長く、触覚のような「鞭」であり、ウィップ・スパイダー獲物になりうるものの場所を示し、目標に関する追加の情報を与える。鞭状脚は二次的肉体攻撃であり、接触攻撃とした扱い、命中すると1d4ポイントの斬撃ダメージを与える。鞭状脚が命中すると、ウィップ・スパイダー目標に対する追加の感覚情報を得、同じラウンドに行う意向の攻撃に+2の洞察ボーナスを得る。鞭状脚攻撃が2つとも命中したなら、そのラウンドに行うウィップ・スパイダーの残りの攻撃は、代わりにその目標に対して+4の洞察ボーナスを得る。ウィップ・スパイダーが敵に対するこの洞察ボーナスを得ている間、敵はウィップ・スパイダーから視認困難を得られない。

ウィップ・スパイダーは8本のを持つが、歩くのに使用するのは後ろの6本だけだ。それ以外のはより長く、触覚のように使う他、このクリーチャーの名前に冠されるように「ウィップ」としても用いられる。

ウィップ・スパイダーの食は長く、鉤状の器官は獲物に打ち付けたり捕まえたりするのに極めて最適化されている。ティタニック・ウィップ・スパイダーマンキャッチャー(人掴み)・ウィップ・スパイダーとも呼ばれる。その名前はこの極めて長い前が、その先に細くのついたが着いていることから着けられている。前の先はサイズも様々で他のでも同じように機能する。えばオブシティアン・ウィップ・スパイダーのものはがっしりとしたのついた前であり、サーベルウィップ・スパイダーのものはのところに長いが着いている。

ティタニック・ウィップ・スパイダーは酒の中でも最大のものとして知られているが、他のにも様々なサイズのものや、様々な特殊能力を持つものが存在する。以下の表は、最も一般的な亜を示したものだ。

特殊

脅威度

サイズ

ヒット・ダイス

ジャングルウィップ・スパイダー

1

小型

2

ジャイアントウィップ・スパイダー

4

中型

6

サーベルウィップ・スパイダー

7

大型

9

チェインウィップ・スパイダー

11

超大型

12

オブシディアン・ウィップ・スパイダー

14

巨大

16

全文検索 目的別索引