コンバスティッド

コンバスティッド Combusted

このクリーチャーの祭服はく焦げて融合しており、は脂ぎったに包まれた荒れ狂う獄のようである。

コンバスティッド 脅威度3 Combusted

出典 Bestiary 6 63ページOccult Bestiary pg. 16
経験点 800
中立にして悪/中型サイズアンデッド(火)
イニシアチブ +5; 感覚 暗視60フィート; 〈知覚〉+9
オーラ 苦悶の遠吠え(10フィート、難易度13)、悪臭難易度13、10ラウンド

防御

アーマー・クラス 15、接触11、立ちすくみ14(+4外皮、+1【敏】
ヒット・ポイント 32(5d8+10)
頑健 +2、反応 +4、意志 +5
完全耐性]、アンデッドの種別特性
弱点 水に対する感受性[氷雪]に対する脆弱性

攻撃

移動速度 30フィート
近接 叩きつけ(×2)=+6(1d6+3、加えて1d6[]、および“燃呪”)
遠隔 ファイアー・ブラスト=+4接触(3d6[])
特殊攻撃 燃呪ファイアー・ブラスト

一般データ

【筋】17、【敏】13、【耐】―、【知】1、【判】12、【魅】13
基本攻撃 +3; 戦技ボーナス +6; 戦技防御値 17
特技 《イニシアチブ強化》《神速の反応》《追加HP》
技能 〈知覚〉+9

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、または処刑人(2~6)
宝物 なし

特殊能力

燃呪(超常)/Combustion 呪い叩きつけセーヴ頑健 難易度13; 潜伏期間即座; 頻度 1回/ラウンド効果]への抵抗を無視する2d6ポイントの[ダメージ治癒 1回のセーヴ成功。この呪いによってヒット・ポイントが0を下回るクリーチャー自然発火し、突然する。このセーヴ難易度【魅力】に基づいている。

ファイアー・ブラスト(擬呪)/Fire Blast この能距離30フィートで、標準アクションとして回数無制限に使用できる。

苦悶の遠吠え(変則)/Howl of Agony コンバスティッドは苦悶で絶え間なく悲鳴を上げ、10フィート以内にいる各クリーチャー難易度 13の意志セーヴに成功するか1d4ラウンドの間恐怖朦朧状態にさせる。クリーチャーは24時間に2回以上同じコンバスティッド苦悶の遠吠えから響を受けない。これは[精神作用、恐怖効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

水に対する感受性(変則)/Susceptible to Water の入った小瓶はコンバスティッドに対する飛散武器として使用でき、ヒットに1d4ポイントのダメージか飛散に1ポイントのダメージを与える。聖水コンバスティッドに2倍のダメージを与える。降雨はコンバスティッドに1ラウンド毎に1d6ポイントのメージを与え、完全にに浸るラウンド毎に6d6ポイントのダメージを与える。これにも関わらず、コンバスティッド超常的なは単なるで消すことはできず、コンバスティッドだけでヒット・ダイスよりも少ないヒット・ポイントに減少させることはできない(ほとんどのコンバスティッドは5ヒット・ポイント)。

奇妙な出来事の研究者の多くは自然発火の話を迷信的な民話に過ぎないと考えている。しかし、オカルトを深く理解している者は、人が突然熱を出したときに体温が信じられない人に上昇し、に包まれて、焦げだけを残してんでしまうことがあることを知っている。このような人の突然に暴的なは、が彼らの体を組成させるのを用意にし、には犠牲者自らがから蘇ることもある。

彼らが戻ったとしても、すべてのコンバスティッドとして知られるアンデッドクリーチャーは、彼らのの明な兆候に苦しむ:彼らの体は絶えず燃えていて、乾燥したによって完全に燃えつきることはない。燃え盛る煙の雲が皮膚と髪の毛を焼いたような悪臭を放ち、常に彼らを覆い、1マイル以上離れた場所からでも、その存在を明らかにすることもある。この混乱した恐怖は、特にアンデッドとの和性の高い場所であれば、どのような場所でも発生する可能性があるが、自分たちの命を奪ったを消すために近くの辺に迷い込むことで知られている。そして生者の存在に侮辱された、そのような自滅的な行為を試みることはない。

典型的なコンバスティッドは、生前のクリーチャーと同じ身長であるが、その体と筋組織の多くが燃えて灰になってしまったため、体重は半分以下である。

全文検索 目的別索引