カワ・アカゴ

カワ・アカゴ Kawa Akago

睡蓮の葉とハエトリソウのこの組み合わせは恐ろしいで囲まれており、その中心にもう一つの小さい歯をむき出しにした大口がある。

カワ・アカゴ(川子) 脅威度3 Kawa Akago 脅威度 3

経験点800
真なる中立小型サイズ植物
イニシアチブ +7; 感覚 夜目〈知覚〉+10

防御

アーマー・クラス 16、接触14、立ちすくみ13(+2外皮、+1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 26(4d8+8)
頑健 +6、反応 +4、意志 +2
完全耐性 植物の種別特性抵抗]10

攻撃

移動速度 20フィート、水泳30フィート
近接 噛みつき(×2)=+8(1d6+3)
特殊攻撃 血燃の牙水辺の死者の嘆き

一般データ

【筋】16、【敏】17、【耐】14、【知】6、【判】13、【魅】7
基本攻撃 +3; 戦技ボーナス +5; 戦技防御値 18(足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《武器熟練:噛みつき
技能 〈隠密〉+12、〈水泳〉+9、〈知覚〉+10; 種族修正 +4〈知覚〉
言語 水界

生態

出現環境 温暖/湿地または河川
編成 単体、2体、または1孵りの兄弟姉妹(2~7)

特殊能力

血燃の牙(変則)/Blood-Burning Fangs その外側と中心の大口の両方にあるカワ・アカゴだらけのは、痛みを和らげることができるイラクサで覆われている。噛みつき攻撃に成功すると、目標は1分間不調状態となる(頑健難易度14・無効)。複数回のセーヴの失敗はペナルティを増加させないが、代わりに効果持続時間をリセットする。2全ラウンドの間あるいは類似の液体に浸ることはこの効果無効化する。のような感じがするにもかかわらず、この効果は[]への抵抗あるいは完全耐性によって減少されず無視できない。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

水辺の死者の嘆き(超常)/Wail of the Water's Dead 1日1回標準アクションとして、カワ・アカゴは聴いた人のに有害で破壊的な反響を残す哀歌の悲しげな音を放つことができる。半径20フィートの全てのクリーチャー物体は2d6ポイントの[音ダメージを受け1d4+1ラウンドの間聴覚喪失状態となる。難易度14の頑健セーヴに成功することは[音ダメージ半減し、聴覚喪失状態を1ラウンドに減少する。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

カワ・アカゴ溺死した子供の不穏な精神の断片によって精神的に受精した植物であり、湿地や川辺に住む食のクリーチャーとなっている。彼らはハエトリソウのような繊維状の撚線によって守られた口のような開口部を持つ睡蓮の葉に似ている。栄養が豊富であるとき、カワ・アカゴのヒョウタンのような肌は栗色から紅色までの幅を持つが、腹のカワ・アカゴ遭遇する事の方が多い。この場合、その地域の他の睡蓮と同じ色、通常は無害な色をとる。

食で狡猾カワ・アカゴ動物旅人を餌にするために川岸や路で狩る。カワ・アカゴの先端のは、激しい強烈な熱を感じるような痛みを誘発する樹液を輩出する。彼らは水中うことを好むが、彼らのの痛みを伴う効果を和らげる近くの川あるいは流域の方へ自身の犠牲者を向かわせるために、カワ・アカゴ通常彼らの危険な樹液を用いて陸上から待ち伏せる。一度犠牲者が自身を浸すと、この植物クリーチャーたちは数で勝る場合群がって来るか、一体の植物が犠牲者を弱めるために深いところから打つ。カワ・アカゴには呼吸器がないが、体に気をいれ、必要に応じて放出することができるポケットで身体を充満させている。中室のこのネットワークによってこのクリーチャーは意思疎通を望むという稀な場合に話すことが可能であり、これはこのクリーチャーの、を折りガラス砕することができる恐ろしい慟哭の源となる。この音はしばしば、深刻な苦痛を伴う数十人の子供が同にあげる悲鳴と類似していると描写される。

ブラッド・リリィ Blood Lily

普通のカワ・アカゴは通りがかったどのような獲物も食べるが、長期間有情のクリーチャーの血とで充血し続けたカワ・アカゴブラッド・リリィとなる。ブラッド・リリィは非常に大きくいつもく染まっている。彼らは他の全ての食料より感覚のあるクリーチャーの血を切望し、彼らの属性中立にして悪に変更される。彼らはアドヴァンスト・クリーチャー単純なテンプレートジャイアント・クリーチャー単純なテンプレートを持ち、念術魔法を持つが、一般的に望ましい獲物を待ち胃へ誘い込む魔法を含む呪文を持つ。

知性あるクリーチャーを食べ続けた特に強いブラッド・リリィはさらに進化し、より大きなと、そしてクラス・レベルさえも得るかもしれない。幸いにも、多くのブラッド・リリィはその点までにやりすぎて、この植物が御するには荷が勝ちすぎる獲物によって破壊される。

全文検索 目的別索引