ウォーター・ストライダー

ウォーター・ストライダー:ジャイアント・ウォーター・ストライダー Water Strider, Giant

このはまるで固い地面の上に立つように、面にいる自分の身体を長くけば立ったで支える。

ジャイアント・ウォーター・ストライダー 脅威度1 Giant Water Strider

経験点400
真なる中立大型サイズ
イニシアチブ +1; 感覚 暗視60フィート、振動感知60フィート;〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 12、接触10、立ちすくみ11(+2外皮、-1サイズ、+1【敏】
ヒット・ポイント 19(3d8+6)
頑健 +5、反応 +2、意志 +1
完全耐性精神作用]効果

攻撃

移動速度 30フィート、飛行20フィート(貧弱)
近接 (×2)=+2(1d4+1)、噛みつき=+2(1d2+1)
接敵面 10フィート; 間合い 5フィート

一般データ

【筋】13、【敏】13、【耐】14、【知】―、【判】10、【魅】2
基本攻撃 +2; 戦技ボーナス +4; 戦技防御値 16(対足払い24)
技能 〈水泳〉+5、〈知覚〉+4、〈飛行〉-5; 種族修正 +4〈水泳〉、+4〈知覚〉
その他の特殊能力 水上滑走

生態

出現環境 気候問わず/
編成 単体または共棲集団(2~9)
宝物 乏しい

特殊能力

振動感知(変則)/Tremorsense ウォーター・ストライダー振動感知クリーチャー面に触れた場合にのみ機能する。

水上滑走(変則)/Water Skating ウォーター・ストライダー地面にいるかのように面を移動することができる。面を泳ぐウォーター・ストライダーは、〈水泳〉判定に成功することで上に上がることができる。

ジャイアント・ウォーター・ストライダー巨大アメンボ)は上を歩く能を備えたの長いだ。彼らは魚や鳥を食べる。ウォーター・ストライダー飛行能力が低いため、捕食者から逃げたり新しい餌場へと季節回遊する際にのみ使用する。彼らは沿岸に住む人型生物乗騎として飼われることもある。ジャイアント・ウォーター・ストライダーは1~2年生きる。

軽荷重(200ポンド)を超えた荷物を運ぶと、ジャイアント・ウォーター・ストライダー水上滑走を失う。

ウォーター・ストライダー:ニンフ・ウォーター・ストライダー Water Strider, Nymph

この小さく、未成熟なは、自分の重みを面の張で簡単に支えることができる。

ニンフ・ウォーター・ストライダー 脅威度1/4 Nymph Water Strider

経験点100
真なる中立小型サイズ
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート、振動感知60フィート(ジャイアント・ウォーター・ストライダー参照);〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 13、接触13、立ちすくみ11(+1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 4(1d8)
頑健 +2、反応 +2、意志 +0
完全耐性精神作用]効果

攻撃

移動速度 30フィート、飛行20フィート(貧弱)
近接 (×2)=-1(1d3-2)、噛みつき=-1(1d2-2)

一般データ

【筋】7、【敏】15、【耐】10、【知】―、【判】10、【魅】2
基本攻撃 +0; 戦技ボーナス -3; 戦技防御値 9(対足払い17)
技能 〈水泳〉+2、〈知覚〉+4、〈飛行〉+0; 種族修正 +4〈水泳〉、+4〈知覚〉
その他の特殊能力 水上滑走ジャイアント・ウォーター・ストライダー参照

生態

出現環境 気候問わず/
編成 単体または共棲集団(2~9)
宝物 乏しい

ニンフ・ウォーター・ストライダー巨大アメンボの幼生)は、ジャイアント・ウォーター・ストライダーの未成熟なだ――いも虫よりは成長しているが、大人というほどではない。これから食事と脱皮を繰り返して数ヶが過ぎると、脱皮のたびにサイズが大きくなり、最終的に大型の成体となる。このクリーチャーは成体に比べると臆病で驚きやすい。

リザードフォークは野生のニンフ・ウォーター・ストライダーを狩り、素晴らしいごちそうとする。グリプリーボガードは食用に育てるが、家畜化に伴いニンフ・ウォーター・ストライダーリザードフォークにとって魅のないものとなってしまう。自然の中で彼らは近づく他のクリーチャーから必に逃げるため、狩りや捕獲は難しい。グリプリーボガードリザードフォークといった部族の多くでは、生きたニンフ・ウォーター・ストライダーを捕らえることが成人の儀式と見なされている。

ニンフ・ウォーター・ストライダー大型以下のクリーチャーにおける乗騎としては適さない。

全文検索 目的別索引