フリージング・フロウ

フリージング・フロウ Freezing Flow

この氷の透明な青い形状は、それが似ていると同様に近付き難い。

フリージング・フロウ 脅威度4 Freezing Flow

経験点1,200
真なる中立大型サイズ粘体冷気
イニシアチブ -5; 感覚 非視覚的感知60フィート;〈知覚〉-5

防御

アーマー・クラス 16、接触12、立ちすくみ13(+4外皮、-1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 47(5d8+25)
頑健 +6、反応 +3、意志 -4
完全耐性冷気]、粘体の種別特性
弱点]に対する脆弱性

攻撃

移動速度 20フィート、水泳20フィート
近接 叩きつけ=+6(2d4+6/19~20、加えて1d6[冷気]および“つかみ”)
接敵面 10フィート; 間合い 5フィート
特殊攻撃 凍えるような接触締めつけ(2d4+6加えて1d6[冷気])、棘付きの叩きつけ

一般データ

【筋】18、【敏】16、【耐】20、【知】―、【判】1、【魅】1
基本攻撃 +3; 戦技ボーナス +8; 戦技防御値 13
技能 〈水泳〉+12
その他の特殊能力 水晶体

生態

出現環境 寒冷/地形問わず
編成 単体
宝物 なし

特殊能力

水晶体(変則)/Crystalline 生きた氷のクリーチャーであるフリージング・フロウは雪の多い環境と凍ったの中で識別するのが難しい。難易度15の〈知覚〉判定に成功することが、これらの環境でフリージング・フロウに気がつくことに要求される。フリージング・フロウに気が付かずその中に入るクリーチャーはまるでこの粘体叩きつけ攻撃を受けたかのように、自動的にダメージを受ける。

棘付きの叩きつけ(変則)/Jagged Slam フリージング・フロウ叩きつけ攻撃晶の氷の痛烈な巻きひげである。殴打ダメージの代わりに斬撃ダメージを与えクリティカル可能域を19~20とする。

凍えるような接触(変則)/Numbing Touch フリージング・フロウ叩きつけ攻撃で[冷気ダメージを与えるたび、目標難易度17の頑健セーヴに成功するか、1ラウンドの間凍える冷気によるよろめき状態とならなければならない。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

特に冷えた北極の方の地域元素界からの氷が長く露出したとき、これらの奇妙な凍ったウーズが作られると信じられている。そのような超自然の深い凍結から自発的であるかのように立ち上がるフリージング・フロウ獲物を探しよろよろ歩き、代謝のある温血なクリーチャー生命エネルギーに飢えている。

彼らの自国の生息で、これらのウーズを探し出すのは特に難しい。知性は欠如しているが、彼らは凍った氷の流れで、凍った湖や川の表面で、または永久凍土の中でじっとしている習性があり、犠牲者が彼らに躓くのを待つ。この本能は彼らが数十年または数世紀の期間でさえほぼ冬眠状態のままでいることができるという事実と結び付いているかもしれないが、最終的に彼らは奇妙な運動の燃料として温血なクリーチャーのエネルギーを必要とする。過酷で人口密度が低い場所に生息しているので、彼らにとっては温血なクリーチャーを探し出そうとするよりはむしろ、省エネルギーに獲物を待つ方が簡単である。

食事の後、または完全に満たされたとき、攻撃されない限りこれらのクリーチャーは他のクリーチャーを無視する傾向がある。フリージング・フロウの結晶の構築物は脆いという思い違いを与えることがあるが、その誤解ほどに真実から遠いものはない。フリージング・フロウ体を叩きつけるとき、を折るのに十分な叩きつけ体をマヒさせるのに十分なほど冷たく、犠牲者に震えの発作を起こさせる。

腹なフリージング・フロウが避ける唯一のものはと高温である。典型的にはフリージング・フロウたまりに溶かし込むのに要求な熱はウーズのサイズの10倍の普通の氷を解かす熱を超えるが、や高温はフリージング・フロウを溶かしダメージを与えることができる。

全文検索 目的別索引