ハード・アニマル

ハード・アニマル:アンテロープ Herd Animal, Antelope

この優雅な動物は長くしなやかなと、後部へと弧を一対の描く鋭く頑丈を持つ。

アンテロープ(羚羊) 脅威度1/2 Antelope

経験点200
真なる中立小型サイズ動物
イニシアチブ +3; 感覚 夜目〈知覚〉+5

防御

アーマー・クラス 14、接触14、立ちすくみ11(+1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 6(1d8+2)
頑健 +4、反応 +7、意志 +1

攻撃

移動速度 60フィート
近接 突き刺し=+1(1d4)
特殊攻撃 強力突撃突き刺し、1d4+2)

一般データ

【筋】10、【敏】17、【耐】14、【知】2、【判】13、【魅】7
基本攻撃 +0; 戦技ボーナス -1; 戦技防御値 12(対足払い16)
特技 《疾走》 (B)《神速の反応》
技能 〈知覚〉+5

生態

出現環境 温暖または暑熱/平地
編成 単体、2体、または群れ(3~50)
宝物 なし

典型的なアンテロープは肩までの高さが3フィートに僅かに足りないほどであり、縦幅は4フィート、そして体重は60ポンドある。一部のは雄も雌もを持つ;そうでないは雄のみが持つ。のない雌は同様の一般データを持つが、有効的な攻撃を欠いている。

アンテロープは大きな群れで捕食者を警戒しながら草を食む。脅威の予兆があると、群れ全体でより安全な草むらへと駆けていく。アンテロープは発情期の自種族間で、あるいは捕食者に追い詰められた以外で戦うことは稀である。

上記の一般データアンテロープの多くのだけでなく、世界中で見られる、より小型の、鹿のような草食動物でもうまく機能する。

勿論、アンテロープ全てが小型なわけではない。君はエランドやクドゥのような、より大きなアンテロープ用の一般データを、アンテロープを2ヒット・ダイスだけ上昇しサイズ分類を中型にすることで生成できる。そのサイズアンテロープは全て脅威度1クリーチャーである。

ハード・アニマル:エルク Herd Animal, Elk

この威厳のある獣は人の肩ほどの高さがあり、から誇らしげに生やしている枝には先がいくつもある。

エルク(ヘラジカ) 脅威度1 Elk

経験点400
真なる中立中型サイズ動物
イニシアチブ +3; 感覚 夜目〈知覚〉+7

防御

アーマー・クラス 13、接触13、立ちすくみ10(+3【敏】
ヒット・ポイント 15(2d8+6)
頑健 +6、反応 +8、意志 +2

攻撃

移動速度 50フィート
近接 突き刺し=+3(1d6+2)、(×2)=-2(1d3+1)

一般データ

【筋】14、【敏】17、【耐】16、【知】2、【判】15、【魅】7
基本攻撃 +1; 戦技ボーナス +3; 戦技防御値 16(対足払い20)
特技 《疾走》 (B)《神速の反応》
技能 〈知覚〉+7

生態

出現環境 寒冷または温暖/平地
編成 単体、2体、または群れ(3~50)
宝物 なし

エルクは開拓されていない平地丘陵、そして森など、大規模な生息地域を持つ。そのサイズ、筋力、そして枝により、彼らはその環境の危険の大部分と戦え、群れは通常戦闘を好む。エルク生存能力に優れ、過酷な天候変動があっても難なく生存できる。エルク属は身長3から5フィートあり、体重は350から550ポンドあり、雌は雄よりずっと痩せている。

多くのエルクが存在する。より大きなは肩までの高さが6フィートあり、中型の人型生物乗騎として使用できる;そうしたエルクは3ヒット・ダイスであり大型である。に珍しいエルクであるリヴァー・エルクは優れた泳者である――このエルク移動速度30フィートを得る。このサイズエルクは全て脅威度2クリーチャーである。


全文検索 目的別索引