デスウェブ

デスウェブ Deathweb

この自律して動く巨大な蜘蛛の抜け殻には生きた蜘蛛が何千匹と詰まっている。それは出血したように身体から零れ落ちるほどだ。

デスウェブ 脅威度6 Deathweb

経験点2,400
真なる中立大型サイズアンデッド
イニシアチブ +6; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+15
オーラ 食い荒らし(5フィート、1d6加えて

防御

アーマー・クラス 19、接触11、立ちすくみ17(+8外皮、-1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 71(11d8+22)
頑健 +5、反応 +5、意志 +8
完全耐性 アンデッドの種別特性

攻撃

移動速度 30フィート、登攀20フィート
近接 噛みつき=+15(2d8+12)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 蜘蛛の糸(+9遠隔難易度15、ヒット・ポイント11)

一般データ

【筋】26、【敏】14、【耐】―、【知】7、【判】13、【魅】15
基本攻撃 +8; 戦技ボーナス +17; 戦技防御値 29(対足払い41)
特技 《イニシアチブ強化》《強打》《渾身の一打》《突き飛ばし強化》《薙ぎ払い》《ふっとばし攻撃》
技能 〈隠密〉+16、〈知覚〉+15、〈登攀〉+16;種族修正 +4〈隠密〉
その他の特殊能力 収縮

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、2体、または(3~8)
宝物 乏しい

特殊能力

(変則)/Poison 食い荒らし・致傷型;セーヴ 頑健・難易度17;頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間);効果 1d4【筋】ダメージ治癒 2回連続のセーヴ成功。このセーヴ難易度【魅力】に基づいている。

食い荒らし(超常)/Infestation デスウェブの半径5フィートにおいては、このクリーチャーの外格をとする、有毒な蜘蛛が常にはびこっている。この蔓延している範囲にいるクリーチャーは、この範囲に留まるラウンドの終わりごとに、1d6ポイントのダメージを受ける。このダメージを受けたクリーチャー難易度17の頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると1ラウンドの間吐き気がする状態になる。加えて、この食い荒らしによるダメージ有毒である。デスウェブに10ポイント以上のダメージを与える範囲効果により、この蜘蛛の食い荒らしを取り除くことができる。このオーラは蜘蛛の群れがこのアンデッド体から出てきて食い荒らしていた範囲を占めるまで、3ラウンドの間取り除かれたままである。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

デスウェブ(死の蜘蛛糸)は極めて汚らわしい死霊術によって自律した、大きな蜘蛛の外格で作られたアンデッドである。この怪物を創りだした呪文通常の蜘蛛を何千匹も拘束し、この蜘蛛の身体をのようにして、このアンデッドの精神を共に形成する。このような小さな蜘蛛はこの外格に住むか生まれ故郷としており、デスウェブの周りで群となって動き、蜘蛛のをともに織る。

デスウェブの外格は傷つき、住人たる蜘蛛が簡単に出入りできるように無数のが開いている。この外格は10フィート(約3m)ほどの大きさまであるが、この中にいる最大の蜘蛛でも6インチ(約15cm)ほどしかない。中に住む蜘蛛のサイズが多様であることで、この外格の全ての部位を動かすことができる。お陰でこの巨大な外格は驚くほど器用で素早く、賢く繊細で威厳を持っているようにすら見える。

このような能力により、特に相通常巨大な蜘蛛や精神のないアンデッドであると誤解している場合には、デスウェブは機知に富んだ恐ろしい敵となる。すぐ近くにいるものを取り込む能力のために、デスウェブはどのような狭い場所にも潜んでいることがある。

デスウェブは通りすがりをにはめるために、大の間や洞窟の中などの自らが糸で作った場所に住む。このクリーチャーは価値あるものを能動的に集めることはないが、内部にいる蜘蛛の群れが食料とするために何でも無作為に殺してしまう。デスウェブにある糸は、このクリーチャーが価値あるものに興味がないにもかかわらず、価値あるものが紛れていることもある。


全文検索 目的別索引