ミラー・ハイダウェイ

Mirror Hideaway潜伏場所たる
系統 変成術呪文レベル ウィザード/ソーサラー2ウィッチ2
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、物質(ガラスもしくは金属でできたビー玉と、羊皮紙でできた捻れた輪)
距離 接触
目標 1つ
持続時間 1時間レベル(解除可)
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗 不可

術者は1つを異次元空間へのへと変える。この間は中型クリーチャー8体が入れるだけの広さがある。この間に入ったクリーチャーは隠蔽され、その呪文次元界間で効果を及ぼすものでない限り、呪文効果範囲には入らない(これには占術も含まれる)。が(布で覆われたり、伏せられたりに向けられたりして)隠されてしまうと、このは不活性になる。が壊れたり、この呪文を発動したときにあった場所から5フィート以上動かされると、この呪文は終了する。異次元空間の中にいた全てのクリーチャーは外に弾き出され(後述)、1d6ラウンドの間吐き気がする状態となる。

異次元の境界の先へ呪文を発動することはできないし、境界をまたぐように効果範囲を指定することもできない。異次元空間の中にいるものは、と同じ大きさの開いた窓を通して見ているかのように、外の景色を見ることも外の音を聞くこともできる。異次元空間の外にいるクリーチャーは、通常通り反射したを見るだけである。この間内にいるクリーチャーは1ラウンドに一回、反射の中に自分の姿を浮かび上がらせることもできるが、異次元空間の外にいるクリーチャーは中で発生した音を聞くことはできない。

異次元空間の内側にあるものは何であれ、この呪文が終了すると(が覆われたことが理由であっても)外に排出される。同に進入できるのはクリーチャー1体だけであり、と同じサイズの隙間を通り抜けられる場合にのみ、クリーチャーは中に入ることができる。えば、小型以上の大きさのクリーチャーとして用いるには小さすぎる。物体が異次元空間に入ることができるのは、運んでいるクリーチャーがそのを通り抜ける間ずっと所持している場合のみである。


全文検索 目的別索引