ヴィシャップ

ヴィシャップ Vishap

この細身のドラゴンは鮮やかな色ので覆われており、それに似合う4枚の強を備えている。

ヴィシャップ 脅威度19 Vishap

経験点204,800
真なる中立超巨大サイズ(他次元界)
イニシアチブ +6; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+30
オーラ 畏怖すべき存在(300フィート、難易度29)

防御

アーマー・クラス 35、接触4、立ちすくみ33(+31外皮、-8サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 362(25d12+200)
頑健 +22、反応 +16、意志 +16
防御能力 毒の血ダメージ減少 15/魔法完全耐性 睡眠、[]、麻痺抵抗]15、[電気]15、[]15、[冷気]15; 呪文抵抗 30

攻撃

移動速度 50フィート、飛行200フィート(標準)、水泳100フィート;レイ・ラインを泳ぐ
近接 噛みつき=+30(2d8+13/19~20、加えて“つかみ”および“”)、尾の打撃=+28(4d6+19)、(×2)=+28(2d8+6)、(×2)=+30(2d8+13、加えて“つかみ”)
接敵面 30フィート; 間合い 30フィート(噛みつきは40フィート)
特殊攻撃 締めつけ(2d8+13)、飲み込み(10d6殴打ダメージアーマー・クラス25、36hp)、ブレス攻撃(60フィートの円錐形、25d6[]、反応難易度30・半減、1d4ラウンド毎に使用可能)
擬似呪文能力術者レベル25;精神集中+32)

タンズ
回数無制限―イセリアルネス
5回/日―グレーター・クリエイト・マインドスケープグレーター・ポゼッション難易度25)

修得念術呪文術者レベル15;精神集中+22)

7レベル(1回/日)―イセリアル・エンヴェロプメント難易度24)、サイキック・クラッシュIII難易度24)
6レベル(2回/日)―エゴ・ウィップIV難易度23)、サイキック・サージェリー
5レベル(3回/日)―エクスプロード・ヘッド難易度22)、イセリック・シャーズ難易度22)、イド・インシニュエイションIV難易度22)、ウォール・オヴ・エクトプラズム
4レベル(5回/日)―コンデンスド・イーサーシナプティック・スクランブル難易度21)、ソウト・シールドIIIソウトセンスマインド・プローブ難易度21)、マインドワイプ難易度21)
3レベル(6回/日)―アナライズ・オーラエクトプラズミック・スネアシナプティック・パルス難易度20)、ノード・オヴ・ブラスティング難易度20)、パージ・スピリットマインドスケープ・ドア
2レベル(7回/日)―アヴァージョン難易度19)、アンティシペイト・ソウツインスティゲイト・サイキック・デュエル難易度19)、ディテクト・マインドスケープディマンド・オファリング難易度19)、ハイパーコグニションメンタル・ブロック難易度19)
1レベル(7回/日)―サイキック・リーディングチャージ・オブジェクトディクレピット・ディスガイズ難易度18)、デイジャ・ヴューテレンパシック・プロジェクションバースト・オヴ・アドレナリンマインドリンク

一般データ

【筋】37、【敏】15、【耐】26、【知】18、【判】14、【魅】25
基本攻撃 +25; 戦技ボーナス +46(+50組みつき); 戦技防御値 58(対足払い62)
特技 《イニシアチブ強化》《かすめ飛び攻撃》《過労化クリティカル》《急旋回》《強打》《クリティカル強化:噛みつき》、《クリティカル熟練》《渾身の一打》《渾身の一打強化》《上級渾身の一打》《疲労化クリティカル》《複数回攻撃》《ホバリング》
技能 〈威圧〉+20、〈言語学〉+10、〈呪文学〉+32、〈真意看破〉+20、〈水泳〉+49、〈知覚〉+30、〈知識:次元界〉+22、〈知識:神秘学〉+32、〈知識:ダンジョン探検、工学、地理歴史自然宗教〉+17、〈知識:地域貴族〉+8、〈登攀〉+21、〈飛行〉+22、〈魔法装置使用〉+30
言語 アクロ語、共通語、水界語、天界語、奈落語、森語、語;テレパシー100フィート、タンズ
その他の特殊能力 ヴィシャパカールとの親和性

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体または2体
宝物 ×3

特殊能力

レイ・ラインを泳ぐ(超常)/Ley Swim ヴィシャップレイ・ライン本から調和する。レイ・ラインに置かれているヴィシャパカールの巨からの届く場所にいる間、全ラウンド・アクションとして、ヴィシャップは10マイル/ラウンドの割合でヴィシャパカールが調和しているレイ・ラインの流れを泳ぐことができる(異なる次元界へ渡ることは10ラウンドを必要とする)。これは(瞬間移動効果である。ヴィシャップレイ・ラインの正確な形状と長さ感知することができ、レイ・ラインに沿った各々のヴィシャパカールがどこにあるのか正確にわかる。加えて、ヴィシャップレイ・ラインの経路に沿っているかレイ・ライン調和している生きているクリーチャーステイタスを(呪文と同様に)自動的に知ることができる。ヴィシャップはヴィシャパカールでのみレイ・ラインを泳ぐを終了することができるが、現在のレイ・ラインにつながっている他のレイ・ラインに沿って移動することはできる。

(変則)/Poison 噛みつきまたは毒の血接触型または致傷型; セーヴ 頑健難易度30; 頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間); 効果 1d6【耐】治癒 2回連続のセーヴ成功。

毒の血(変則)/Poisoned Blood ヴィシャップの血と接触するクリーチャーはこのの対象となる。ヴィシャップ近接ダメージを与えるクリーチャーに晒されることを避けるために難易度25の反応セーヴに成功しなければならなず、肉体武器を使用している攻撃者は自動的にに晒される。

呪文(擬呪)/Spells ヴィシャップは15レベル・サイキックとして呪文を発動できる。

ヴィシャパカールとの親和性擬呪超常)/Vishapakar Affinity ヴィシャップレイ・ライン調和する試みは、自身がヴィシャパカールに隣接している間に試みようとする場合自動的に成功する。ヴィシャップレイ・ラインが5術者レベル高いかのようにレイ・ライン効果を扱う。標準アクションとして精神集中することによって、ヴィシャップ自身調和しているレイ・ライン上にあるヴィシャパカール1つの周囲をグレーター・スクライングと同様に見ることができる。

ヴィシャップ自身を、物質界多数の生を別の多数の生と繋ぐものであるレイ・ラインの守護者であるとみなしている。全てのドラゴンと同様、ヴィシャップは広大な縄張りを主張しているが、これらの縄張りは他人にとって地理的に殆ど意味がない事がしばしばある――えば、1体のヴィシャップは1つの惑上の異なる半球にあるつながっていない地域を主張するかもしれないし、複数のヴィシャップには敵意なくお互いと数マイル以内に共存することもある。しかしながら、レイ・ラインの心的な神秘に敏感なものにとってはヴィシャップの領土の境界は明なものである。各々のヴィシャップは数千マイル(あるいは河を渡るものまで)に伸びているかもしれないレイ・ラインの1本あるいはネットワークの領界を主張し、接触することなく重なっているかもしれない。ヴィシャップの最優先事項は自身レイ・ラインネットワークの完全性であるので、レイ・ライン堕落はそれを世話すヴィシャップの注意を引く。

ヴィシャップレイ・ラインが興味深い形と一致する場所では、小さな物理的な縄張りしか要求しない。これらの場所では、ヴィシャップは近くの知的なクリーチャー念術的な接触をし、ヴィシャパカールと呼ばれる巨を作るように促す。ヴィシャップは単独でヴィシャパカールを配置することはできないが、レイ・ライン上にヴィシャパカールが存在することによりそのレイ・ラインを大幅に制御することができる。のあるいは外交的ではないヴィシャップはしばしばこれらの望ましい場所へと移動して元の人々にこのを巨でなだめろと威圧する。ヴィシャパカールは、かつてこの岩が印となっていたレイ・ラインが漂ってコースが変わってしまってさえ、何千年も立ちうるので、ヴィシャップは定期的に各々のヴィシャパカールに戻って、住民レイ・ラインの新しい場所に新しいヴィシャパカールを作成するよう嘆願(あるいは強制)しなければならない。特に古代の場所では、付近のヴィシャパカールの年代からレイ・ラインの漸次的な漂流をマッピングできる可能性がある。

ヴィシャップは何千年もの人生をかけて、彼らのレイ・ラインネットワークに深く結びつき、近隣のネットワークを持つ他のヴィシャップと共に平和裡に生きることができる。しかしレイ・ラインが漂流し、収束すると、を免れぬ決闘となる。にはこれはある惑の上での実体のあるいとして起こり、あるいは彼らがエーテル体である間にドラゴン間で起こる。最も一般的には、収束するレイ・ラインの制御のために闘するヴィシャップは精巧な念術決闘でお互い会う。これらの決闘は何年も続き得り、各々のヴィシャップは相を破るための代理争において収束しているレイ・ラインに沿っているクリーチャー場所を微妙に操作するため、物質界に流出する。

ヴィシャップは宝の山を、彼らの好むレイ・ラインに沿っている念術エネルギーの渦に隠れた奇妙な場所に、彼らの縄張りと同様に保つ。ヴィシャップの財宝は数十もの次元界に物理的に分散されているかもしれないが、そのヴィシャップにとってはそれぞれの隠し場所は他のものからほんの数分しか離れていない。ヴィシャップ念術的に重要なアイテムを好むため、ヴィシャップの隠し場所では魔法の剣や貨の山と同じくらい、強オカルティストが用いていたありふれた製のスプーンや有名なサイキックなどが見つかるだろう。

ヴィシャップは、彼らのレイ・ラインへの傾倒はほとんどの生物学的な責務より優先されるので、人生で一度だけ子を儲ける。ヴィシャップが最終的に番う準備が整うと、レイ・ラインネットワークに全身を委ね、その念術的な流れに沿って無気に漂う。必然的に1体は他の漂うヴィシャップと出会い、そして2体の意識は融合し爆発して念術的なの噴となる。結果として生じるエーテルのエネルギーの塵は宇宙中に分散し、ゆっくりとお互いに向かって漂い戻って卵を形成する。その卵はレイ・ラインに沿って千年もの間漂ってから、孵化直後から完全な意識を持って覚醒している若いエーテル状態ヴィシャップが孵る。

十分に成長したヴィシャップ頭部からまでの体長70フィート(約21m)、体重60,000ポンド(約272t)。

全文検索 目的別索引