ウォール・オヴ・エクトプラズム

Wall of Ectoplasm心霊体
系統力術呪文レベルウィザード/ソーサラー5クレリック5サイキック5、スピリチュアリスト5
発動時間1標準アクション
構成要素音声動作物質(小さな薄織の端切れ)
距離近距離(25フィート+5フィート/2レベル
効果10平方フィート/レベルまでの不透明心霊体の膜、もしくは半径1フィート/レベルまでの球体か半球
持続時間1分/レベル
セーヴィング・スロー不可、および意志無効;本文参照呪文抵抗

術者は休息できないで濁った、心霊体巨大な帳を引き出す。ウォール・オヴ・エクトプラズムは一度作り出すと動かすことができない。厚さは術者レベル毎に1インチで、術者レベル毎に10平方フィートまでを覆う(つまり、10レベルウィザードウォール・オヴ・エクトプラズムを使用すると、100フィートの長さで10フィートの高さ、25フィートの長さで40フィートの高さ、その他100平方フィートまでの他の長さと高さの組み合わせの作成することができる)。このはどのように回転していてもよく、何かで固定する必要もないが、連続していなければならず、切れがあってはならない。このクリーチャーエーテル界にいる場合でも、クリーチャーがいるマスを内側に包含することはできない。この物質界エーテル界の両方に存在し、通過しようとするエーテル体や非実体クリーチャーを妨げる。

の片面(術者が選択する)は、内側の身もだえする魂による不吉で恐ろしいオーラを放つ。この[恐怖精神作用]効果効果範囲の表面から10フィートである。が作られたときにこの範囲内にいたか、作られた後にの10フィート以内に近づいたクリーチャー意志セーヴを行わねばならず、失敗すると術者レベル毎に1ラウンドの間、怯え状態ヒット・ダイスが4以下の場合恐慌状態)になる。

の10平方フィートそれぞれは厚さ1インチ毎に2ヒット・ポイントを持つ。の一部のヒット・ポイントが0以下になると破壊されるが、の中にある残りの心霊体が作られたをすぐに埋めてしまう。これにより全体の大きさは10平方フィート減少するが、のない連続した障となる。術者レベル毎に半径1フィートまでの球体や半球の姿とすることもできる。この場合も、破壊する難易度は平板として作り出した心霊体と同様である。


全文検索 目的別索引