トゥルル

トゥルル Turul

とエネルギーの揺らぎは、この畏敬の念を抱かせる鳥のようなクリーチャーから放射されている。

トゥルル 脅威度19 Turul CR 19

経験点204,800
真なる中立巨大サイズ来訪者(他次元界)
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート、シー・インヴィジビリティディテクト・マジック〈知覚〉+37

防御

アーマー・クラス 34、接触10、立ちすくみ30(+1回避、+24外皮、-4サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 350(28d10+196);高速治癒15
頑健 +23、反応 +12、意志 +22
完全耐性]、[即死]攻撃生命力吸収、[]、[病気]; 呪文抵抗 30

攻撃

移動速度 40フィート、飛行120フィート(良好)
近接 鉤爪(×2)=+39(2d8+14/19~20)、噛みつき=+38(2d10+14/19~20)
遠隔 エネルギーの羽(×2)=+27/+27(8d8[電気]または[])
接敵面 20フィート; 間合い 20フィート
特殊攻撃 アダマンティン攻撃致命的な強襲エネルギーの羽劈く悲鳴かきむしり鉤爪(×2)、2d8+21)
擬似呪文能力術者レベル20;精神集中+25)

シー・インヴィジビリティディテクト・マジック
回数無制限:キュア・クリティカル・ウーンズグレーター・ディスペル・マジックリムーヴ・カース
3回/日:シアリング・ライト招来8レベル、1体のフェニックス[75%])、ヒールブレス・オヴ・ライフ
1回/日:リインカーネイト

一般データ

【筋】38、【敏】17、【耐】24、【知】17、【判】22、【魅】21
基本攻撃 +28; 戦技ボーナス +46; 戦技防御値 60
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《かすめ飛び攻撃》《急旋回》《強打》《クリティカル強化:鉤爪》、《クリティカル強化:噛みつき》、《渾身の一打》《渾身の一打強化》《ひっつかみ》《武器熟練:鉤爪》、《ホバリング》《迎え討ち》《矢止め》
技能 〈威圧〉+36、〈軽業〉+34、〈交渉〉+36、〈呪文学〉+31、〈真意看破〉+37、〈知覚〉+37、〈知識:次元界〉+34、〈治療〉+37、〈飛行〉+32
言語 界語、共通語、界語

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず正のエネルギー界
編成 単体または2体
宝物 ×2

特殊能力

アダマンティン攻撃(変則)/Adamantine Attacks トゥルル鉤爪噛みつきアダマンティンと同じくらい硬く、硬度の無視とダメージ減少の克服の的においてアダマンティンの材質の武器とみなされる。

致命的な強襲(変則)/Deadly Swoop トゥルル鉤爪近接攻撃を行う前に60フィート以上飛行移動を行ったとき、その攻撃に追加の2d10+14ダメージを与える。この攻撃ロールクリティカル・ヒットが確定したならば、打たれたクリーチャー難易度31の頑健セーヴに成功するか完全に殺害されなければならない。これは[即死]効果であり、セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

エネルギーの羽(超常)/Energy Feathers 1ラウンドに1回標準アクションとして、トゥルルは2枚のエネルギーの羽を放り投げることができる。各々の羽は8d8ポイントの[]あるいは[電気ダメージを与える。トゥルルはこの能を使用するとき、各々の羽が与えるエネルギー・ダメージ種別を選び、各々の羽に異なる種別のエネルギー・ダメージを与えさせられる。

劈く悲鳴(超常)/Piercing Scream 標準アクションとして、毎1d4ラウンドトゥルルは60フィートの円錐の範囲内の全てのクリーチャーに10d6ポイントの[音ダメージを与える強な悲鳴を発することができる(難易度31・頑健半減)。これは[音効果であり、難易度【耐久力】に基づいている。

ある予言を伴って、またあるは偉大な英雄の救世主としてやって来る、巨大で威厳のある鳥の神話は遥か彼方の部族の間の多くで一般的だ。これらの雄大なクリーチャーは厳しく慈悲深く、自らのを使用して部族の敵を追い散らすか繁栄の素晴らしい代を告げる。この存在の注によって恩恵を受けるためには、部族の指導者はこの鳥の要求、概してこの鳥の謎めいた預言らしき仄めかしへの困難な探求の達成が含まれるもの、に黙従せねばならない。これらの輝くメッセンジャーはフェニックスである事があるが、には彼らは珍しい預言者の一である――トゥルルとして知られる、正のエネルギー界から来る威厳ある鳥のようなクリーチャーだ。

トゥルル物質界をしばしば狩場とみなし、そこで野獣を餌にし、アンデッドや騒乱を気ままに広げる他のクリーチャーを狩るかもしれない。そのような狩人は他のクリーチャーを避け続けるが、他のトゥルルは平和的で知的なクリーチャーたちと共に能動的な役割を果たす。自身神格とまで評し、崇拝と引き換えに治癒保護を与えるまでいくほどのトゥルルはほぼいないが、これらの壮麗な来訪者のほとんどは遠くから監視し、選んだ部族をペットのように扱い、自分のお気に入りが脅かされたり、ひどい状況の渦中にあるときだけ干渉する。

多くのトゥルル物質界上で襲撃を楽しむ一方で、これらの巨大な鳥類は正のエネルギー界と本質的に結びつく。彼らは何らかの形でジョティ――正のエネルギー界に住む他の鳥類の種族――と関連しているようにも見えるが、トゥルルジョティも関係性の本当の性質を明らかにしたがらない。一部の外方次元界学者は、この2の鳥類は実際に同じ起源の化身であると意見しているが、他の者は、トゥルルは、正のエネルギー界の住人の多くにとって本質的な輪廻のサイクルの範囲内にあるジョティの何らかの高位の形態であると仮定している。両方の理論は推測に過ぎない。

社会的なジョティとは異なり、トゥルルは孤独な傾向がある。彼らは番いになるにせよ純粋に相との付き合いを楽しむにせよ短期間の交際を維持するが、そのような繋がりはせいぜい数十年しかもたない。ジョティのような晶の都市に住む代わりに、彼らの出身次元界の景色から突き出たの形をした宝の頂上でトゥルルは休む。トゥルルは傲慢であるが、おしゃべりで訪問者を歓迎する。彼らは晶のに静かに座り、その会話に価値を見出だす限り近付く者との話に時間をとる。興味を失うや否や彼らは自身や訪問客を退けさせる。退去しない場合は、攻撃的とまではいかないが軽蔑して対応する。トゥルルは無視されたり侮辱されることに慣れていない。

ジョティとは全く対照的に、トゥルル正のエネルギー界以外の次元界神格やそれらの使い遭遇するとき少なくとも意や憎を持たない。物質界にいる間、彼らは狩場と選んだ人型生物のコミュニティを守るためにあるいは中立来訪者とさえともに働くこともある。

まれな状況では、トゥルルジョティ晶の都市の中心に住み、これらの居住地を常に警戒する保護者として高いの上から監督している。そうする者は時間の経過とともにゆっくりとジョティのようになり、来訪者を自分の保護対象と同様の怒りと激しさで扱う。しかしそのような振る舞いは一的なものである。ジョティとともに住むトゥルルは大抵は1世紀の間そうし、彼らが去るとき、彼らの個性と他の者との関係はより穏やかで静観的なものへと戻る。これは、トゥルルが切望する何か――神秘的な知識物質界へ出ていくことに関する情報、あるいはもしかしたらジョティが保有するアーティファクトの1つなど――を見返りに一定期間トゥルルジョティ共同体の一員となって彼らの規律に従って生活する同意をしたといったなんらかの取り決めへのヒントを示唆しているかもしれない。

トゥルルが持つ最も一貫した人間関係はフェニックスとのものだ。これらののような鳥類はしばしばトゥルル王族のように扱い、トゥルルが燃える取り巻きを得ることに関心があるか否かにかかわらず、喜んで彼らに貢献する。しかし他のクリーチャーに対する短気のために、トゥルルフェニックスの存在を他の者より良く受け入れる。

トゥルルの伝説的な不機嫌さの一部は彼らを最もよく知らしめている神話そのものから生じている――そこでは彼らはと平和の預言をもたらしている。物質界の一部では、そのような物語が広まっているため、定命の英雄たちはトゥルルからの祝福と知恵を求めに正のエネルギー界へと立っていく。この偉大な鳥類は、自分の折の慈悲に甘える人々に対する寛容さを殆ど持たない。それだけでなく、トゥルルの預言はただ恩恵だけを与えはしない。むしろ、彼らの平和と繁栄の約束は、概して彼らが自身のかなりのを使って響を与えた変化によってか、あるいは彼らの持つ予測する為の先見の明の必然性として生じるものである。最も珍しい場合には、一部のトゥルル正のエネルギー界の最深のと交信して、自分はその神秘的な宇宙意志の伝令として奉仕しているのだと主張する。それが真実であるか否かは少数しか知らないが、その可能性はトゥルルに関する定命の者の神話の最も大きな種類に確実に響を与えている。

巨大な背丈であるトゥルルはおよそ30フィートの身長であり、幅ほぼ50フィートである。彼らは少なくとも体重15米トンはある。彼らは正のエネルギー界に住んでいる間、事実上不滅である。自身次元界から立つときだけ年を取る。

全文検索 目的別索引