スケイドゥナー

スケイドゥナー Sceaduinar

このガーゴイルに似たクリーチャーは長いのある足とコウモリのようなを持つ。その胴は生きている暗色の紫晶でできているように見える。

スケイドゥナー 脅威度7 Sceaduinar

経験点3,200
中立にして悪中型サイズ来訪者(他次元界)
イニシアチブ +5;感覚 暗視120フィート、生命感知夜目〈知覚〉+17

防御

アーマー・クラス 20、接触16、立ちすくみ14(+1回避、+4外皮、+5【敏】
ヒット・ポイント 85(9d10+36)
頑健 +10、反応 +11、意志 +5
防御能力 エントロピーの肉体虚無の子供負のエネルギーへの親和性ダメージ減少 10/アダマンティンまたは完全耐性冷気]、生命力吸収[即死]効果病気抵抗 [音]10、[]10、[電気]10;呪文抵抗 18

攻撃

移動速度 40フィート、飛行90フィート(良好)
近接 噛みつき=+14(1d6+3、加えて1d6負のエネルギーおよび“生命力吸収”)、(×2)=+9(1d6+1、加えて1d6負のエネルギー)
特殊攻撃 エントロピーの接触生命力吸収1レベル難易度17)
擬似呪文能力術者レベル9;精神集中+12)

エントロピック・シールドハイド・フロム・アンデッド難易度14)
回数無制限:ディスペル・マジックディメンジョン・ドア(自身のみ)、ブリード難易度13)
3回/日:インフリクト・シリアス・ウーンズ難易度16)、エナヴェイションサイレンスディーパー・ダークネスデス・ネル難易度15)
1回/日:アンティライフ・シェルスレイ・リヴィング難易度18)、グレーター・テレポート(自身と50ポンドまでの物体のみ)、ハーム難易度19)

一般データ

【筋】17、【敏】20、【耐】18、【知】13、【判】14、【魅】17
基本攻撃 +9;戦技ボーナス +12;戦技防御値 28
特技 《回避》《技能熟練:知覚》、《強行突破》《追尾》《武器の妙技》
技能 〈威圧〉+15、〈隠密〉+25、〈真意看破〉+14、〈脱出術〉+17、〈知覚〉+17、〈知識:次元界〉+17、〈知識:自然〉+13、〈飛行〉+9;種族修正 +8〈隠密〉、+4〈知識:次元界〉
言語 アクロ語、共通語

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず負のエネルギー界
編成 単体または暗殺隊(2~11)
宝物 標準

特殊能力

エントロピーの肉体(変則)/Entropic Flesh スケイドゥナー近接攻撃を命中させたクリーチャーは1d6ポイントの負のエネルギーのダメージを負う。クリーチャー間合いを与える武器による攻撃はこのダメージを受けない。

エントロピーの接触(変則)/Entropic Touch スケイドゥナー肉体武器はそれがゴースト・タッチ武器であるかのように非実体クリーチャーに命中することができる。全てのスケイドゥナー肉体武器目標に+1d6ポイントの負のエネルギー・ダメージを与える。このエネルギーはインフリクト呪文によって治癒されるクリーチャー治癒することはない。

虚無の子供(変則)/Void Child スケイドゥナーは魂を目標とする効果トラップ・ザ・ソウルなど)またはクリーチャーの個体情報に関する知識を必要とする効果スクライングなど)に完全耐性を有する。それが殺害された場合、ミラクルウィッシュを除く魔法や、神格の干渉によって命を取り戻すことはできない。

スケイドゥナー創造生命の反対物である純粋なるエントロピーから生まれた奇妙なクリーチャーである。負のエネルギー界の冷たい中心で、この領域の虚無が融合して雪片にも似た晶となり、このような奇妙な変成からスケイドゥナーは生まれ、彼らのギザギザの“卵”を完全に成長した形で打ち破ってくる。彼らは生者もアンデッドも等しく憎む。恐らく命の輝きを持つものへの嫉妬(その輝き不死者の形での生命の毀損によるものであっても)によるものだろうが、外方次元界から来たクリーチャーは無視する。彼らは、自身の正のエネルギー界の反対物であるジョティは、はるか昔に自分たちから創造する能力を奪い、2つのエネルギー界の間の相似性を破り、虚無に住む者たちを純粋に破壊だけの望まざる役割に押し込めたのだと信じている。

ある意味で、彼らの憎はもう一つの負のエネルギー界の住人であるナイトシェイドのものと等しい。しかし同じ的を持つにもかかわらず、スケイドゥナーナイトシェイド破壊すべき堕落した生命であるとみなしている。これらの危険アンデッドの1つに直接対峙し得るほど強力なスケイドゥナーはごく僅かなのだが。スケイドゥナーはかなり知的であるが、語るほどの真の社会は持たない。彼らが集まるのは、常に特定の危険な敵に対して攻撃するための大きな群れを作るためである。


全文検索 目的別索引