シルフ

シルフ Sylph

存在しないそよに髪をなびかせている、この薄くとらえどころのない女性は、いつかの中に溶けてしまいそうに見える。

シルフ 脅威度1/2 Sylph

経験点200
シルフ1レベルローグ
真なる中立中型サイズ来訪者(原住)
イニシアチブ +3;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+6

防御

アーマー・クラス 16、接触14、立ちすくみ12(+1回避、+3【敏】、+2鎧)
ヒット・ポイント 9(1d8+1)
頑健 +0、反応 +5、意志 +2
抵抗電気]5

攻撃

移動速度 30フィート
近接 ダガー=-1(1d4-1/19~20)
遠隔 ダガー=+3(1d4-1/19~20)
特殊攻撃 急所攻撃+1d6
擬似呪文能力術者レベル1;精神集中+1)

1回/日:フェザー・フォール

一般データ

【筋】8、【敏】17、【耐】10、【知】15、【判】14、【魅】10
基本攻撃 +0;戦技ボーナス -1;戦技防御値 13
特技 《回避》
技能 〈隠密〉+7、〈軽業〉+7、〈鑑定〉+6、〈交渉〉+4、〈知覚〉+6、〈知識:地域〉+6、〈手先の早業〉+7、〈登攀〉+3、〈はったり〉+4、〈魔法装置使用〉+4
言語 エルフ語、共通語、ハーフリング語、界語
その他の特殊能力 風への親和性罠探し+1

生態

出現環境 気候問わず/
編成 単体、2体、または徒党(3~6)
宝物 NPCの装備品レザー・アーマー、ダガー×2、その他宝物

特殊能力

風への親和性(変則)/Air Affinity 元素(風)血脈を持つソーサラーシルフは、その【魅力】能力値を全てのソーサラー呪文クラス能力に関して2ポイント高いかのように扱う。風の領域を持つシルフの術者は、その領域パワー領域呪文を+1術者レベルで用いることができる。

シルフはその家系にジンのような元素のものを含む人間である。その細い体は、見たよりも強靭であるものの、繊細に見えるほど薄く細くなりがちである。多くの者は気づかれずに人ごみを通ることができるが、シルフは微妙な方法で彼らの血統をあらわす。彼女たちを慎重に研究する者は、にはシルフが行くどこにでも、窓のない部屋の中へさえも、そよがついていくように見えることに気づく。怒りや情熱に飲まれたときにこの傾向はより明らかになり、彼女の周りにが吹き、髪を乱し、棚から小さな物を落とす。多くのシルフはその薄い体に青と灰色のタトゥーのような、小さな渦巻きに似た複雑な印をつけ、最もエキゾチックな者は髪の毛を生きているでできているかのようにコイル状にひねりを入れる。

一般人としては、シルフは引っ込み思案かつ隠遁的で、群衆の中に溶け込むか、会いたくない相を巧みに避けようとする。彼女たちはしばしば状況を操って争いを避けることを好むが、ほとんどのシルフは他の人々に強く興味を持ち、折自らの興味を惹く者を探り、盗み聞きしようと深入りする(しばしば「に聴く」と言い表される娯楽)。この欺きを愛することと、疑われるような状況から逃れる能力との組み合わせにより、シルフローグ、盗賊、密偵としての生活に完全に適応しており、平均的なシルフの恥ずかしがり屋な見せ掛けの下には、常に競争相の力を図り、あらゆる部屋からの最も有効な脱出法を分析している、有能で計算高い精神が隠れている。

シルフのキャラクター

シルフ種族ヒット・ダイスを有していないため、クラス・レベルによって定義される。 シルフは以下の種族特性を有している。

+2【敏捷力】、+2【知力】、-2【耐久力】シルフは素早く、洞察力に満ち、ほっそりしていてデリケートである。

暗視シルフ暗闇の中を60フィート先まで見通すことができる。

シルフ魔法フェザー・フォール1日1回(術者レベルシルフの総ヒット・ダイスに等しい)。

エネルギー抵抗シルフは[電気]への抵抗5を持つ。

風への親和性上記参照

言語シルフは、プレイ開始に共通語と界語を修得している。高い【知力】を持つシルフは以下から追加の言語を選択できる:水界語、ドワーフ語、エルフ語、ノーム語、ハーフリング語、界語、界語。


全文検索 目的別索引