ティーフリング

ティーフリング Tiefling

この痩せ気味の男は、刀を抜く様に嘲笑い、小さなの尻は、彼が人間を超えた存在であることを明らかにする。

ティーフリング 脅威度1/2 Tiefling

経験点200
ティーフリング1レベルローグ
中立にして悪/中型サイズ来訪者(原住)
イニシアチブ +3;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+5

防御

アーマー・クラス 16、接触13、立ちすくみ13(+3【敏】、+3鎧)
ヒット・ポイント 10(1d8+2)
頑健 +2、反応 +5、意志 +1
抵抗電気] 5、[] 5、[冷気] 5

攻撃

移動速度 30フィート
近接 ショート・ソード=+3(1d6+1/19~20)
遠隔 ライト・クロスボウ=+3(1d8/19~20)
特殊攻撃 急所攻撃+1d6
擬似呪文能力術者レベル1)

1回/日:ダークネス

一般データ

【筋】13、【敏】17、【耐】14、【知】12、【判】12、【魅】6
基本攻撃 +0;戦技ボーナス +1;戦技防御値 14
特技 《武器の妙技》
技能 〈威圧〉+2、〈隠密〉+8、〈軽業〉+6、〈真意看破〉+5、〈装置無力化〉+6、〈脱出術〉+6、〈知覚〉+5、〈手先の早業〉+6、〈はったり〉+4;種族修正 +2〈隠密〉、+2〈はったり〉
言語 共通語、獄語、奈落語
その他の特殊能力 魔物の魔術罠探し

生態

出現環境 気候問わず/
編成 単体、2体、徒党(3~5)
宝物 NPCの装備品スタデッド・レザー・アーマーショート・ソードライト・クロスボウボルト20本)

特殊能力

魔物の魔術(変則)/Fiendish Sorcery 奈落の者または地獄の者血脈を持つティーフリングソーサラーは、全てのソーサラーの能に関して、【魅力】が2高いものとして扱う。

ティーフリングとは、その血筋にデーモンデヴィルその他来訪者の血が多く流れている人間である。しばしばその奇妙な外見や不自然な身振りのため迫害を受けるため、ほとんどのティーフリングは自らの天性を隠すか、文明社会の周縁部や下層で生きることを強いられる。ティーフリングは生まれつきではないが、とりわけ子供の頃にほとんどの者が“普通”の人々のによって苦しめられてきたため、そうなってしまうことは彼らにとってはありふれた人生である。ティーフリングは、その来歴を明らかにするいくつかの身体的特徴を除けば、ほぼ人間に見える。

ティーフリングのキャラクター

ティーフリング種族ヒット・ダイスを有していないため、クラス・レベルによって定義される。 ティーフリングは以下の種族特性を有している。

+2【敏捷力】、+2【知力】、-2【魅力】ティーフリングは、身軽脳明晰だが、本質的に奇妙な存在に見える。

暗視ティーフリングは、暗闇の中を60フィート先まで見通すことができる。

得意技能ティーフリングは、〈隠密〉〈はったり〉判定に+2の種族ボーナスを得る。

擬似呪文能力ティーフリングは、1日1回ダークネス擬似呪文能力として使用することができる(術者レベルは、ティーフリングクラス・レベルと等しい)。

魔物の抵抗ティーフリングは、[電気]、[]、[冷気]に対する抵抗5を持つ。

魔物の魔術上記参照

言語ティーフリングは、プレイ開始に共通語と奈落語か獄語のいずれかを修得している。高い【知力】を持つティーフリングは、以下から追加の言語を選択できる:エルフ語、オーク語、ゴブリン語、獄語、ドワーフ語、奈落語、ノーム語、ハーフリング語、語。


全文検索 目的別索引