ダーク・ダンサー

ダーク・ダンサー Dark Dancer

な祝賀で踊るこの細身の人型生物は暗い布の断片でから先まで包まれている。

ダーク・ダンサー 脅威度1 Dark Dancer

経験点400
混沌にして中立小型サイズ人型生物(ダーク・フォーク)
イニシアチブ +4; 感覚 暗闇を見通す〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 15、接触15、立ちすくみ11(+1サイズ、+4【敏】
ヒット・ポイント 13(2d8+4)
頑健 +2、反応 +7、意志 +0
弱点 光による盲目化

攻撃

移動速度 30フィート
近接 クラブ=+2(1d4)またはダガー=+6(1d3/19~20、加えて“”)
特殊攻撃 急所攻撃+1d6、断末魔の爆発バードの呪芸(7ラウンド)、闇の呪い

一般データ

【筋】11、【敏】19、【耐】14、【知】8、【判】10、【魅】13
基本攻撃 +1; 戦技ボーナス +0; 戦技防御値 14
特技 《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+12、〈芸能:舞踏〉+2、〈知覚〉+4、〈手先の早業〉+5、〈登攀〉+4; 種族修正 +4〈隠密〉、+4〈知覚〉、+4〈登攀〉
言語 ダーク・フォーク
その他の特殊能力 毒の使用

生態

出現環境 気候問わず/地下
編成 単体、2体、混成集団(3~5)、または派遣団(1、加えてダーク・ストーカー1およびダーク・クリーパー4~10)
宝物 標準(クラブダガー、ブラック・スメアの [3服;Pathfinder RPG Bestiary 54]、その他装備品

特殊能力

バードの呪芸(超常)/Bardic Performance ダーク・ダンサー2レベルバードとして呪芸を使用できるが、散逸の演技勇気鼓舞の呪芸効果のみである。

闇の呪い(超常)/Dark Curse 標準アクションとして、ダーク・ダンサーは敵へ接触攻撃を行い、呪いをかけることができる。敵は効果抵抗するために難易度12の意志セーヴィング・スローを行わなければならない。セーヴィング・スローに失敗したクリーチャーは全ての【敏捷力】【魅力】に基づく技能判定に-2のペナルティを受ける。この呪い永続的な効果であるが、この呪いの犠牲者は毎日新しいセーヴィング・スローを試みることができる。

断末魔の爆発(超常)/Death Throes ダーク・ダンサーが殺される、体は明るく発光色のきらめきとともに燃焼し、地面に堆積した装備を残す。10フィートの爆発範囲内のすべてのクリーチャー難易度13の頑健セーヴに成功するか1d6ラウンドの間目が眩んだ状態とならなければならない。20フィートの範囲内の他のダーク・フォーク難易度13の意志セーヴに成功するか1ラウンドの間怯え状態とならなければならない。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

未だ他のダーク・フォーク着る擦り切れた黒い衣類で包まれているが、ダーク・ダンサーはこれらの奇妙な人型生物の中で最も着飾っていて陽気であるように見える。彼らは部族間と派閥間の仲介者であるため、部族は自分たちの領ダーク・ダンサーの動きを制限することができない。ダーク・ダンサーダーク・ストーカーダーク・コーラーにだけ答える。

気まぐれで不安定なものの、ダーク・ダンサーはよく好かれ、彼らが滞在したいと思う限り、一族通常歓迎する。しかし彼らが長く滞在することは稀で、代わりに1年かけて数十の地下共同体の住人に取り入る。彼らは語り、芸能人、伝令としての役割を果たす。共有する彼らの好きな物語は彼らのオゥブとの関係についてである。

ダーク・ダンサーは珍しく、弱いが、ダーク・フォーク社会にとって非常にありがたい。ダーク・フォークダーク・ダンサーぬことをい兆しと考える。ダーク・ダンサーは身長4フィート以下で体重60ポンドである。

全文検索 目的別索引