グレムリン

グレムリン:フーア Gremlin, Fuath

このを吸いすぎて重くなったグレムリンはエビのハサミを両に生やし、エラのついたの付いた半ば以上犬のような顔をしている。

フーア 脅威度1 Fuath

経験点400
混沌にして悪超小型サイズフェイ(水棲)
イニシアチブ +5; 感覚 暗視120フィート、夜目〈知覚〉+5

防御

アーマー・クラス 15、接触13、立ちすくみ14(+2外皮、+2サイズ、+1【敏】
ヒット・ポイント 7(1d6+4)
頑健 +1、反応 +3、意志 +3
ダメージ減少 5/冷たい鉄抵抗冷気]10; 呪文抵抗 12
弱点]および日光に対する脆弱性

攻撃

移動速度 20フィート、登攀10フィート、水泳30フィート
近接 (×2)=+3(1d3-2)
遠隔 ダーツ=+3(1d2-2)
特殊攻撃 水の凝縮
擬似呪文能力術者レベル1;精神集中+0)

回数無制限:クリエイト・ウォータープレスティディジテイション
1回/日:スリープ難易度10)

一般データ

【筋】7、【敏】13、【耐】12、【知】10、【判】13、【魅】8
基本攻撃 +0; 戦技ボーナス -1; 戦技防御値 7
特技 《イニシアチブ強化》《追加hp》 (B)《武器の妙技》 (B)
技能 〈隠密〉+13、〈水泳〉+13、〈脱出術〉+5、〈知覚〉+5、〈登攀〉+9、〈動物使い〉+4、〈魔法装置使用〉+3;種族修正 +4〈動物使い〉

言語 水界
その他の特殊能力 水陸両生

生態

出現環境 気候問わず/
編成 単体、2体、大軍(3~12)、または群れ(13~20と1~3レベルドルイド1~3、4~6レベルドルイド・リーダー1、およびリーフクロウ2~5)
宝物 標準(ダーツ×6、その他宝物

特殊能力

水の凝縮(超常)/Congeal Water 1日に1回、フーア標準アクション距離30フィートでクリーチャー1体を魔法的に粘着くの厚い層で包める。難易度10の反応セーヴに失敗した目標絡みつかれた状態になり、息を止めない限り窒息危険性を受ける。目標あるいは隣接するクリーチャーは自身のターン全ラウンド・アクションを費やすことでその纏わりつく液体を剥がせる可能性があり、+2のボーナスを得て新たな反応が可能となる;剥がさない場合、この効果は1d4分間持続する。フーアはこの能力を、近くに源がなくてさえ使用できる。このセーヴ難易度【魅力】に基づき、+1の種族ボーナスが含まれる。

日光に対する脆弱性(変則)/Vulnerable to Sunlight フーアは日光に1時間晒される毎に1ポイントの【耐久力】ダメージを受ける。最低深さ1フィートのはこの有害な効果無効化する。

船乗り溺れさせる者あるいは船を沈める者であるフーアは、海で見られる邪グレムリンである。それは深夜甲板に登って縄を切り、樽にを開け、食料を汚し、そして眠っていたあるいは単独で遭った不運な乗員を殺す。それは魔法的な分厚い包むことでクリーチャー溺れさせることに喜びを憶え、口からたった数インチ離れた気を求めて犠牲者が必死にを掻くところを見て邪に騒ぎ立てる。

フーアは他のクリーチャーが鎧、衣服、そして宝を纏うように海藻、甲羅、そして珊瑚を纏う。その体は硬い、猫背の背甲で守られている。それは身長2フィート以下、体重は12から15ポンド。

フーアは他のグレムリンとは異なり共通語を解さないが、振りでお互いに極めて有効に意思疎通できる。彼らは他の海のクリーチャーたち、リーフクロウのような汚れた気性の獣とさえ驚くべき協調関係を築いている。フーアの小さな集団は海の洞窟あるいは岩がちな裂けを棲み家としている。集団が大きくなると沈没船の区画一帯の縄張りを主張するようになる。彼らの棲み家には通常数体の調教された見張りの動物もいる。フーアは「上の」の味を海のなによりも好み、折海岸や船を略奪して飢えを満たす。フーアたちはシー・ハグを崇拝している。


全文検索 目的別索引