ゴラリオンの祝祭日:その他の神と新たな副領域

ゴラリオンの祝祭日:その他の神と新たな副領域 Golarion Day:Other Gods and New Subdomains

2011年210日

Advanced Player's Guideではクレリックに新たなコンセプトを導入したーー副領域である。やがて出版されるInner Sea World Guideではゴラリオンに2つの新しいユニークな領域を導入する――持つもの/Scalykindの領域と虚/Voidの領域だ。しかし悲しいかな、これらの2つの新しい領域に関連した4つの副領域を記すスペースがなかった。そこで考えた、ゴラリオンの祝祭日の投稿としてこれら4つの副領域紹介しないかと。

領域と副領域について話しているが、それ以外にも話したいことがある――ファラズマについてです。でない女神が領域のシステムに大混乱を引き起こすことが分かった――特にそのキャラクターがファラズマと同様に厳格なアンティアンデッドであるならば。君がと魂と物事について話し始めるとに、アンデッドに賛成する呪文は常に領域呪文リストにこっそり入り込んでいるように見えるからである。クリエイト・アンデッド領域呪文を準備しないことは簡単であるが、幾つかの領域呪文の選択肢がファラズマ信徒のことを「見落としている」ことは一の失望を感じさせる。ファラズマの友好的な死の領域魂の副領域を望む人のために…見てください!

ファラズマの友好的な死の領域/Pharasma-Friendly Death Domain:3レベルアニメイト・デッドスピーク・ウィズ・デッドに置き換える。6レベルクリエイト・アンデッドアンティライフ・シェルに置き換える。8レベルクリエイト・グレーター・アンデッドシンボル・オヴ・デスに置き換える。

ファラズマの友好的な魂の副領域/Pharasma-Friendly Souls Subdomain:3レベルアニメイト・デッドスピーク・ウィズ・デッドに置き換える。

そして、ボーンヤードで彼女が働いているファラズマのこのクールな絵をここで見せる――絵自体はPathfinder Adventure Path #44のファラズマに関する記事のものである。

さて、閑話休題である。この投稿の本来の的に戻るとしよう――持つものと虚の副領域についてだ。これら2つの領域についてここに書くつもりはない。そのためにはInner Sea World Guideを確認すべきだ。しかし、それらに関連した4つの副領域についてはここで紹介していこう!

闇の綴れ織の副領域 Dark Tapestry Subdomain

関連領域

代替能:彼方より来るもの(超常)/It Came from Beyond:1日1回、招来呪文を発動するとき、君が招来するクリーチャー通常より強なものになる。クリーチャーアドヴァンスト・クリーチャー単純なテンプレートを得る。君が呪文によって1体以上のクリーチャー招来しても、アドヴァンスト・クリーチャー単純なテンプレートを得るのは1体のみである。この方法でアドヴァンスト・クリーチャー単純なテンプレートを得た招来されたクリーチャーは不自然に変形していたり、不自然に恐ろしいものに見えたり虚虚感を醸し出す。この能は君がクレリックとして呪文を発動したときのみに機能する――君が持っているかもしれない他の呪文発動クラスから得られる呪文発動では機能しない。この能虚空の領域精神防御と置き換える。

代替領域呪文2レベルサモン・モンスターII5レベルサモン・モンスターV7レベルインサニティ

ドラゴンの副領域 Dragon Subdomain

関連領域持つもの/Scalykind

代替能の息吹/Dragonbreath:4レベルで君は標準アクションとして1日1回、ブレス攻撃を使用することができる。君がこの能を得る、[]、[冷気]、[]、[電撃]から1つ選択をする――これは君のブレス攻撃で与えるダメージ種類を決定するものである。一度この選択を決定したら、変更することはできない。君のブレス攻撃は15フィートの円錐形に3d6ポイントのダメージを与える――このダメージは君のレベル4レベル毎に+1d6ポイント増加する。君のの息吹攻撃が当たったクリーチャーダメージ半減させるために反応セーヴを試みることができる(難易度=10+君のクレリックレベルの半分+君の【耐久力】修正値)。9レベルで君は1日2回この能を使用でき、14レベルで1日3回使用できる。この能持つものの領域のserpent companion能と置き換える。

代替領域呪文3レベルドラコニック・レザヴォワー(Advanced Player's Guide 217)、4レベルドラゴンズ・ブレス(Advanced Player's Guide 217)、6レベルフォーム・オヴ・ザ・ドラゴンI

星の副領域 Stars Subdomain

関連領域

代替能辰正しき(超常)/The Stars Are Right:君が々を見ることができる間にクレリック呪文を準備するならば、同じ呪文レベル呪文を交換することで、星の副領域呪文任意発動することができる。君にが見ることができる間に君が発動した星の副領域呪文は、君がその呪文を発動することでその呪文レベルに等しい値の君のヒット・ポイントダメージ回復する。この能虚空の領域における“帷の切断”能と入れ替える。

代替領域呪文2レベルヒプノティック・パターン7レベルサンビーム9レベルメテオ・スウォーム

蜥蜴類 Saurian Subdomain

関連領域持つもの/Scalykind

代替能ディノサウルスの相/Dinosaur Companion:4レベルで君は動物の相棒を得る。君のこの動物の相棒的での有効ドルイドレベルは君のクレリックレベル-2に等しい。君の相としてディノサウルスを選択できる。この能持つものの領域のserpent companion能と置き換える。

代替領域呪文4レベルサモン・ネイチャーズ・アライIVディノニクスあるいはプテラノドンのみ)、5レベルビースト・シェイプIII7レベルサモン・ネイチャーズ・アライVIIブラキオサウルスあるいはティラノサウルスのみ)。

もちろん、副領域に関するもう一つの疑問があるだろう。APGには、中心的な20柱の神格がどのような副領域の使用権を得るかについて明らかにしたが、非中心的な神格が使用権を与える副領域について何も言っていない。残念ながらそれは巨大で恐ろしいリストとなり、このブログで投稿するにしては長すぎるものである――次の曜日にそのリストが用意できるかやってみます(プレビューとして、Paizo wildsの中のスレッドで話題になっていたので、ベスマラーは以下の副領域を与える:騙し、大海プロティアン、戦術、盗み、

James Jacobs
クリエイティブ・ディレクター

全文検索 目的別索引