ラズミラン・プリースト

ラズミラン・プリースト Razmiran Priest

出典 Paths of Prestige 44ページ

ラズミールの聖地の境界内に住むものは、Living Godのを知っている。彼は忠誠の要求、増え続ける什分の一税、そして最も敬虔な臣民のあまり穏やかではないを通して、その存在を感じさせてくれる。この信者の中で、彼の情熱を最も正確に表しているのは、ラズミールの聖職者である。彼らはラズミールのの言葉を広め、そのを使って他の神々や政府への見当違いの忠誠心を不誠実な人々に説得するために、各を歩き回っている。

ラズミラン・プリーストは、ラズミールに仕える者の中で最も強なプリーストの一人で、Living Godの贈り物を庶民に、彼の怒りを敵にもたらす。マスクの後ろから、プリーストは見るもの全てを判断し、神の名の下において厳しい正義を下す。多くの者がプリーストのを疑っており、ラズミールを「偽物」と呼ぶものさえいる。この愚か者は、ラズミラン・プリーストがこのような異端者を撃つために神の贈り物を使用して訪問する自身のやり方の誤りを学ぶ。

ラズミールの最も信頼できる司祭の一人になりたいと思う信者は首都スローンステップで長い儀式を受けなければならない。ラズミール自身が儀式の最終段階を行い、新しいプリーストを祝福し、彼の純粋さを判断すると言われている。相応しいと思われる者は絶対的な信者としてこの秘密の神秘的なプロセスから現れるが、不十分であると見なされたものは二度と日のを見ることはない。新しいラズミラン・プリーストは、ラズミールの信仰のヒエラルキーがほとんどのプリーストを上司として使っているため、権名声、富への近道にいることに気がつく。確かに多くのラズミラン・プリーストは自分たちが早く位を上げ、第八位のヘラルドまたは更に短い命令で大きな権の所有者になることに気がつく。

必要条件

ラズミラン・プリーストになるためには、キャラクターは以下の基準すべてを満たさなければならない。

属性ではない
特技《False Casting》(Inner Sea Magic 10ページ)
技能〈はったり〉5ランク、〈魔法装置使用〉5ランク
呪文3レベル秘術呪文を発動する能
特殊ラズミールに対するキャラクターの信念をテストするための特別な儀式を受けるためにスローンステップに行かなければならない。

クラス技能

ラズミラン・プリーストクラス技能は次の通り。〈はったり〉【魅】〈交渉〉【魅】〈威圧〉【魅力】〈知識:宗教〉【知】〈真意看破〉【判】〈魔法装置使用〉【魅力】
レベル毎の技能ランク4+【知】修正値。
ヒット・ダイス種類d8。

レベル

基本攻撃ボーナス

頑健セーヴ

反応セーヴ

意志セーヴ

特殊

1日あたりの呪文回数

1レベル

+0

+0

+1

+1

ラズミールの領域、第一の儀

2レベル

+1

+1

+1

+1

偽りの放出 1d6

秘術呪文が発動できるクラスに+1レベル

3レベル

+2

+1

+1

+2

達人

秘術呪文が発動できるクラスに+1レベル

4レベル

+3

+1

+1

+2

偽りの放出 2d6

秘術呪文が発動できるクラスに+1レベル

5レベル

+3

+2

+2

+3

ラズミールの領域、第二の儀

6レベル

+4

+2

+2

+3

偽りの放出 3d6

秘術呪文が発動できるクラスに+1レベル

7レベル

+5

+2

+2

+4

変換

秘術呪文が発動できるクラスに+1レベル

8レベル

+6

+3

+3

+4

偽りの放出 4d6

秘術呪文が発動できるクラスに+1レベル

9レベル

+6

+3

+3

+5

第三の儀

10レベル

+7

+3

+3

+5

偽りの放出 5d6、真なる詐称

秘術呪文が発動できるクラスに+1レベル

クラスの特徴

ラズミラン・プリースト上級クラス特徴は以下の通り。

武器と防具の習熟ラズミラン・プリースト武器防具習熟を新たに得ることはない。

ラズミールの領域/Domain of Razmir:ラズミラン・プリーストは以下の領域の1つを選択することができる:魅了秩序欺きラズミラン・プリーストは彼のクレリックレベルとして彼の秘術呪文術者レベルを、彼の【判断力】修正値の代わりに【知力】または【魅力】修正値(どちらか高いほう)を使い、これらの領域の力を得る。この領域からいかなる領域呪文を得ない。

5レベル点で、第2の領域を選び、同様にその領域能力を同様に使うことができる。

第一の儀(超常)/First Ritual:1レベルで、ラズミランは彼の秘術呪文のリストの1つにブレス・ウェポンキュア・ライト・ウーンズの両方を加えることができるが、これらは2レベル呪文として扱う。彼が任意発動の術者ならば、彼は修得済み呪文のリストに加える彼がこの能使いキュア・ライト・ウーンズを発動するときは、ヒット・ポイント回復の代わりに10分間/ラズミラン・プリーストの有効レベルだけ残る一時的ヒット・ポイントとして扱い、時間切れになるまで呪文の対象はこの違いに気が付かない。これからの一時的ヒット・ポイント(と以降の治癒魔法)は累積しない。加えて、ラズミラン・プリーストクレリック呪文リストの0レベルまたは1レベル呪文を発動するために《False Casting》を使うときは、呪文を発動するときに相への〈はったり〉判定に+10の状況ボーナスを得る。

偽りの放出(超常)/False Channel:2レベル点で、ラズミラン・プリーストクレリックと同様に生きているクリーチャー回復するために正のエネルギー放出を行うことができ、1d6ポイントのダメージ回復し、2レベル以降のラズミラン・プリースト2レベル毎に1d6ポイントのダメージ回復することに加える。この能を3+【知力】修正値もしくは【魅力】修正値(のどちらか高い方)に等しい回数だけ1日に使用できる。この能によって回復されるヒット・ポイントは10分間/ラズミラン・プリーストの有効レベルだけ残る一時的ヒット・ポイントとして扱う。これらのヒット・ポイントはこれら自身累積しない(第一の儀のクラス特徴を用いて発動したキュア・ライト・ウーンズとは累積する)。この能エネルギー放出の能のための必要条件を満たすために数えることはできない。この能アンデッドクリーチャーダメージを与えることはできない。

達人(変則)/Master of Lies:3レベル点で、ラズミラン・プリーストまたは欺きの一部としてなされる〈はったり〉判定クラス・レベルを加える。加えて、真実を語っているか否かについて理解することができる呪文または特殊能力効果を受けるときは、そのような魔法自動的に気が付く。そのような呪文や能完全耐性を持つわけではないが、黙ったままでいるか質問に答えることを避けることを選択することができる。

第二の儀(超常)/Second Ritual:5レベル点で、ラズミラン・プリーストキュア・モデレット・ウーンズスピリチュアル・ウェポンを彼の秘術呪文リストに加えるが、3レベル呪文として扱う。任意発動の術者ならば、知っている呪文のリストに加える。第一の儀と同様にキュア・モデレット・ウーンズを発動するときは、一時的ヒット・ポイントを与える。最後にラズミラン・プリースト2レベルもしくは3レベルクレリック呪文リストを発動するために《False Casting》を使用するときは、彼は呪文を発動するときに敵への〈はったり〉判定に+10の状況ボーナスを得る。

変換(超常)/Conversion:7レベル点でラズミラン・プリーストが偽りの放出を用いて自身回復するとき、一時的ヒット・ポイントを得る代わりに、効果ダメージ回復する。これは効果範囲内の他人には効果を及ぼさない。

第三の儀(超常)/Third Ritual:9レベル点で、ラズミラン・プリーストキュア・シリアス・ウーンズプレイヤー秘術呪文リストに加えるが、3レベル呪文として扱う。任意発動の術者ならば、習得済み呪文のリストに加える。第一の儀と同様にキュア・シリアス・ウーンズを発動するときは、一時的ヒット・ポイントを与える。最後にラズミラン・プリースト4レベルもしくは5レベルクレリック呪文リストを発動するために《False Casting》を使用するときは、彼は呪文を発動するときに敵への〈はったり〉判定に+10の状況ボーナスを得る。

真なる詐称(超常)/True Pretender:10レベル点で、ラズミラン・プリーストは真なるに到達する。偽りの放出を使用するときは、一時的ヒット・ポイントを与える代わりに範囲内の全ての生きているクリーチャーダメージ回復するためにこの能使用回数を2つ費やすことができる。加えて、使用する呪文完成型呪文開放型の魔法のアイテムについて決定するとき、呪文リストはすべてのクレリック呪文であったかのように行動する。これはそのようなアイテムを使用するとき〈魔法装置使用〉技能判定を行うことを必要とはしないが、このような呪文のために《False Casting》を使用するとき、〈はったり〉技能判定を依然として行わなければならない。他人には効果を及ぼさない。

全文検索 目的別索引