フェッチリング

フェッチリング Fetchling

この不気味な男は、黄昏や暗い小道で見る人物のように、色を失って見える。

フェッチリング(カヤル) 脅威度1/2 Fetchling(Kayal)

経験点200
フェッチリング1レベルローグ
真なる中立中型サイズ来訪者(原住)
イニシアチブ +3;感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+3

防御

アーマー・クラス 17、接触13、立ちすくみ14(+3【敏】、+4鎧)
ヒット・ポイント 10(1d8+2)
頑健 +2、反応 +5、意志 -1
防御能力 影に紛れる抵抗電気]5、[冷気]5

攻撃

移動速度 30フィート
近接 ダガー=+3(1d4+1/19~20)
特殊攻撃 急所攻撃+1d6
擬似呪文能力術者レベル1;精神集中+3)

1回/日:ディスガイズ・セルフ人型生物のみ)

一般データ

【筋】13、【敏】17、【耐】14、【知】8、【判】8、【魅】14
基本攻撃 +0;戦技ボーナス +1;戦技防御値 14
特技 《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+7、〈鑑定〉+3、〈交渉〉+6、〈真意看破〉+3、〈知覚〉+3、〈知識:次元界〉+2、〈知識:地域〉+3、〈はったり〉+6;種族修正 +2〈隠密〉、+2〈知識:次元界〉
言語 共通語
その他の特殊能力 罠探し+1

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず影界
編成 単体、2体、組合(3~12)、または居住区(13~30、加えて2~4レベルローグスパイ1~4、2~4レベルソーサラー1~4、および3~6レベルファイターローグのリーダー1)
宝物 NPCの装備品チェイン・シャツダガーその他宝物

特殊能力

影に紛れる(超常)/Shadow Blending 薄暗い明かりの下でのフェッチリングに対する攻撃は、通常の20%の代わりに50%の確率で失敗する。この能力は単に失敗確率を増すものであり、完全視認困難を与えるわけではない。

フェッチリング影界に落ち込んだ人間の何世代にもわたる子孫である。その次元界の精髄を詰め込まれた彼らは多かれ少なかれ人間とは違い、次元間の交易や政治ではしばしば半人間として扱われる。黄色いを除き、彼らの体は色を持たない。全くの白か、闇のような黒か、のような灰色のいずれかである。物質界においては、彼らは偏見なく働くために分厚い衣服や薄暗い明かりに身を隠す。“フェッチリング”という名は人間の言葉であり、彼らが自らの種族を呼ぶ名前は、「の民」という意味のカヤルである。

フェッチリングは身の丈6フィートだが、一般にしなやかで細い格を持ち、体重はたった150ポンドほど。フェッチリングハーフエルフと同じように老いて死ぬ。

フェッチリングのキャラクター

フェッチリング種族ヒット・ダイスを有していないため、クラス・レベルによって定義される。フェッチリングは以下の種族特性を有している。

+2【敏捷力】、+2【魅力】、-2【判断力】フェッチリングは素早く説得力があるが、しばしば奇矯で間違った考えによって気をそらせやすい。

暗視フェッチリングは闇の中を60フィートまで見通すことができる。

夜目フェッチリングは薄暗い明かりの下で人間よりも2倍の距離を見通すことができる。

得意技能フェッチリング〈知識:次元界〉〈隠密〉判定に+2の種族ボーナスを得る。

影に紛れる上記参照

抵抗フェッチリングは、[電気]と[冷気]に対する抵抗5を持つ。

擬似呪文能力フェッチリングは1日1回擬似呪文能力としてディスガイズ・セルフを使用することができる。この擬似呪文能力を使用することでいかなる人型生物クリーチャーの姿もとることができる。フェッチリングが何らかのクラス・レベルの組み合わせで9レベルに達した場合、1日1回擬似呪文能力としてシャドウ・ウォーク(自身のみ)を使用することができるようになる。13レベルの点で、プレイン・シフト(自身のみ、影界または物質界に向かうのみ)を1日1回使用できるようになる。フェッチリング術者レベルはその総ヒット・ダイスに等しい。

言語フェッチリングは、プレイ開始に共通語を修得している。高い【知力】を持つフェッチリングは以下から追加の言語を選択できる:アクロ語、水界語、界語、語、ディ・ジーリアク語(理解できるが話せない)、界語、界語、任意の地域人間の言語


全文検索 目的別索引