ミルメコレオ

ミルメコレオ Myrmecoleon

この高く聳える甲虫のような恐怖には、焼けるようなを漏らす厚い甲羅と大きな下顎がある。

ミルメコレオ 脅威度10/神話ランク3 Myrmecoleon

経験点9,600
真なる中立超大型サイズ魔獣(神話)
イニシアチブ -2; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+9

防御

アーマー・クラス 24、接触6、立ちすくみ24(+18外皮、-2サイズ、-2【敏】
ヒット・ポイント 135(10d10+80)
頑健 +12、反応 +7、意志 +4
防御能力 凶暴性ダメージ減少 5/エピック; 完全耐性 [強

攻撃

移動速度 30フィート、穴掘り20フィート、登攀20フィート
近接 下顎=+14(4d8+9/19~20、加えて“つかみ”)
接敵面 15フィート; 間合い 15フィート
特殊攻撃 火傷するような飛沫吸血(1d2【耐】)、締めつけ(4d8+9)、蹂躙(2d8+9、難易度21)、神話パワー(3回/日、活性+1d6)、断末魔の爆発

一般データ

【筋】23、【敏】6、【耐】20、【知】2、【判】13、【魅】5
基本攻撃 +10; 戦技ボーナス +18(+22組みつき); 戦技防御値 24(対組みつき28、対足払い32)
特技 《強打》 (神)《クリティカル強化:下顎》、《神速の反応》《武器熟練:下顎(神)《防御崩し》
技能 〈知覚〉+9、〈登攀〉+22

生態

出現環境 温暖/平地または丘陵
編成 単体
宝物 なし

特殊能力

断末魔の爆発(変則)/Death Throes ミルメコレオが殺されるとき、体は爆発し生成されている放出する。半径20フィート爆発に、4d8[強ダメージを与える(難易度20 反応半減)。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

火傷するような飛沫(変則)/Scalding Spray 1d4ラウンド毎に一回、ミルメコレオ性の化学薬品を60フィートの円錐に口から放出することができる。爆発に巻き込まれたクリーチャーは8d6ポイントの[強ダメージを受け、10分間の間盲目状態となる(難易度20 反応半減盲目状態を無視)。最初の爆発の後、化学薬品は半径40フィート、高さ20フィートの濃く有毒な雲に気化する。雲の範囲内では、全ての視界は5フィートを超えると覆い隠される。さらに、雲の中にいる間、響のあるマスにいるクリーチャー難易度20の頑健セーヴに成功するか、雲の中にいる間と雲から出た後1d4+1ラウンドの間吐き気がする状態とならなければならない。このセーヴには成功したが雲の中に残っているクリーチャーは、ミルメコレオターンについて各ラウンド毎にセーヴを続けなければならない。これは効果である。この能セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

この巨大な昆虫のような獣は、く輝く装甲の板のある巨大な甲虫に似ている。そのの周りは、キチン質のギザギザののある大きな鬣を作っている。その体内では性の液体が渦巻いている。

ミルメコレオは僻に生息し、その広大な原野の縄張りを自らの猟場としている。彼らはしばしば遠く離れた古代の廃墟と神話パワーのある土に引き付けられ、折そのような場所守護者の役割をする。ここから一部の賢人は、ミルメコレオのいくらかは生まれず、土神話パワーで音を鳴らしながら自発的に創造するのだと推測している。

これらのクリーチャーが自種族以外と意思疎通するのはまずない――そしてそうした他種族との意思疎通は通常残忍闘で終わる。ミルメコレオ食人種であり、倒すや否や食べる。戦闘するとき、これらの昆虫はライバルや他の脅威を威圧するために大きく見せつける。

ミルメコレオ獲物体の中を動き回り、遺体を自分たちの甲羅突き刺し腐敗させるために放置することで知られている。彼らがこの恐ろしい行為を行う理由はわかっていない。他に強さを見せつけるあるの行為であるかもしれないし、精巧な交配の儀式の1でさえあるかもしれないと、その基本的な知性を理解するためにクリーチャーを研究した人々は仮説している。

全文検索 目的別索引