パクアジ

パクアジ Pukwudgie

やせ衰えた男とポーキュパインの融合したようなこの邪クリーチャーは、死と腐敗りを漂わせている。

パクアジ 脅威度7 Pukwudgie

経験点3,200
中立にして悪小型サイズ人怪(変身生物)
イニシアチブ +4; 感覚 暗視60フィート、ディテクト・グッドディテクト・マジックデスウォッチ〈知覚〉+13

防御

アーマー・クラス 20、接触16、立ちすくみ15(+1回避、+4外皮、+1サイズ、+4【敏】
ヒット・ポイント 85(9d10+36)
頑健 +7、反応 +10、意志 +10
完全耐性

攻撃

移動速度 30フィート
近接 (×2)=+14(1d4+2、加えて“”)
遠隔 トゲ(×2)=+15(1d4+2、加えて“”)

特殊攻撃 アンデッド作り急所攻撃+3d6
擬似呪文能力術者レベル10;精神集中+14)

ディテクト・グッドディテクト・マジックデスウォッチ
回数無制限:コマンド・アンデッド難易度16)、プロデュース・フレイム
3回/日:アニメイト・デッドインヴィジビリティスケアー難易度16)、デス・ネル難易度16)、レイ・オヴ・エンフィーブルメント難易度15)
1回/日:ノンディテクション難易度17)

一般データ

【筋】14、【敏】18、【耐】19、【知】15、【判】14、【魅】19
基本攻撃 +9; 戦技ボーナス +10; 戦技防御値 25
特技 《回避》《強行突破》《鋼の意志》《武器熟練:トゲ》、《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+16、〈呪文学〉+11、〈知覚〉+13、〈知識:宗教〉+11、〈知識:神秘学〉+11、〈治療〉+10、〈はったり〉+10
言語 共通語、獄語、
その他の特殊能力 変身ポーキュパインビースト・シェイプII

生態

出現環境 温暖/森林丘陵、または山岳
編成 単体、2体、またはカルト(3~10)
宝物 標準

特殊能力

アンデッド作り(超常)/Spawn Undead パクアジトゲによって殺されたクリーチャーは24時間後にゾンビとして起き上がる。この能力によって作り出されたアンデッドは即座にパクアジの制御下に入るわけではないが、パクアジコントロール・アンデッド擬似呪文能力に対するセーヴに-4のペナルティを受ける。(訳注パクアジコントロール・アンデッド擬似呪文能力を持っていない)

(超常)/Poison もしくはトゲ・致傷型;セーヴ 頑健・難易度18;頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間);効果 1d3【耐】ダメージ治癒 2回連続のセーヴ成功。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

トゲ(変則)/Quills パクアジ標準アクションとして、トゲのうち2本を遠隔攻撃として撃てる。これらのトゲ射程単位40フィートを持つ。軽いあるいは片手近接武器肉体武器、または素手打撃パクアジ攻撃するクリーチャーは1d3ポイントの刺突ダメージを受ける。パクアジに組みつくクリーチャーは2d4ポイントの刺突ダメージを受ける。これらのトゲダメージを受けた者はパクアジにも曝される。

不浄なるパクアジは長く鋭いトゲトゲで覆われた、小さなせむしの人型をしている。これらのトゲポーキュパインのそれに似ており、この小型クリーチャーの身を守ってくれるが、殺した者をゾンビとして動かす致命的なを帯びている為、危険攻撃的武器にもなる。この死霊術士的な在り方と拷問や加虐的な段に対する嗜好は、パクアジを芯からのにしている。パクアジは身長3と1/2フィート、体重は30ポンド強である。

パクアジはよくアンデッドを引き連れている。その従者たちは通常トゲの能力あるいは死体を動かす能力によって作り出されたゾンビスケルトンで構成されている。パクアジたちは他のクリーチャーの中でも死んだ動物の死体を動かすことを激しく好いており、アンデッド動物乗騎として使っている。

パクアジ通常行き来の激しい土人型生物居住地から離れて暮らすが、子供を盗む為、夜に小さな村にやって来ることもある。この小さな化け物は生まれたばかりの赤子の柔らかいが大好物であり、まだ食べられる幼児という食事を守ろうと多大な危険を払うこともある。彼らの放に対する喜びも、彼らを更なる小さな村への災厄としている。


全文検索 目的別索引