バギーニク

バギーニク Bagiennik

この小さなトカゲのようなクリーチャーは鰭の伸びた長い人型生物の上半身を持つ。

バギーニク 脅威度6 Bagiennik 脅威度 6

経験点2,400
混沌にして中立小型サイズフェイ(水棲)
イニシアチブ +2; 感覚 病原嗅覚〈知覚〉+19

防御

アーマー・クラス 17、接触13、立ちすくみ15(+4外皮、+1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 66(12d6+24)
頑健 +5、反応 +10、意志 +8
ダメージ減少 5/冷たい鉄抵抗 [強]5、[]5

攻撃

移動速度 30フィート、水泳40フィート
近接 (×2)=+9(1d4-1)
遠隔 鼻腔噴射=+10接触(3d6[]、3d6[強]、および“鼻腔着火”)
擬似呪文能力術者レベル7; 精神集中+10)

3回/日:キュア・ライト・ウーンズリムーヴ・ディジーズ
1回/日:キュア・モデレット・ウーンズリムーヴ・ブラインドネス/デフネス

一般データ

【筋】8、【敏】14、【耐】13、【知】15、【判】10、【魅】17
基本攻撃 +6; 戦技ボーナス +4; 戦技防御値 16
特技 鋭敏嗅覚《技能熟練:治療》、《自力生存》《追加HP》《武器熟練:鼻腔噴射》、《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+21、〈交渉〉+12、〈真意看破〉+11、〈水泳〉+22、〈生存〉+8、〈脱出術〉+9、〈知覚〉+19、〈知識:自然〉+12、〈知識:神秘学〉+5、〈治療〉+22、〈はったり〉+10、〈魔法装置使用〉+18
言語 共通語、森語
その他の特殊能力 水陸両生

生態

出現環境 寒冷/河川
編成 単体、2体、または徒党(3~8)
宝物 なし

特殊能力

病原嗅覚(変則)/Disease Scent バギーニク鋭敏嗅覚の能を使用するかのように、病気にかかったクリーチャーの臭いを嗅ぎつけることができる。病気にかかったクリーチャー病気の源であるか単なる罹患者であるか理解することができる; 後者の場合、バギーニククリーチャーを探し、その病気を一掃することを試みる。

鼻腔着火(超常)/Nasal Burn バギーニクの鼻腔噴射は目標を打ったあと、以降のラウンドで犠牲者に1d6ポイントの[ダメージを与えるが(着火モンスターの共通ルールに従って)、それは他の病気治癒することもできる。バギーニクの鼻腔噴射からダメージを受けた犠牲者は各ラウンド難易度17の頑健セーヴを試みることができる。犠牲者がこのセーヴに成功すると、選択した能力値への1ポイントの能力値ダメージ回復する。結果が難易度を5以上上回るならば、犠牲者は響を及ぼしている一つの病気もしくはリムーヴ・ディジーズもしくはニュートラライズ・ポイズンに従って取り除くことができる(術者レベル7)。何らかの方法でバギーニク鼻腔着火からのダメージを減少するもしくは無効化するならば、犠牲者はそのラウンドにこの特殊頑健セーヴを試みることはできない。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

バギーニクは川沿いの高い葦の中に隠れる小さな水陸両生フェイである。彼らは頻繁に温泉だまりの下にを掘り、そこで暖かく癒されるの中で長い昼寝をし、バギーニクの隠れている場所の近くで泳ぐ愚かな浴びをするものに戯をする。彼らの気まぐれな性格にもかかわらず、このクリーチャーは治療能のために捜される。苛性の鼻腔の噴射で疫病治癒病気を焼き尽くすことを彼らは喜ぶ。

多くの川沿いの町では元のバギーニク恩恵であると考えられている。そのような居住地住民は貢物を持って川に出向き、家族治癒し、親密であることをフェイに願う。裕福な町で発見されるバギーニク自身の大家族に定住するよう誘い、自身を饗す者たちの忍耐と気前の良さを試すかもしれない。

全文検索 目的別索引