ナックラヴィー

ナックラヴィー Nuckelavee

この皮のないクリーチャー人型生物の乗りに似ている。しかしその実体はそれらが混じり合い一つとなった、怒り吐き気を催させるおぞましい存在だ。

ナックラヴィー 脅威度9 Nuckelavee

経験点6,400
中立にして悪大型サイズフェイ(水棲)
イニシアチブ +7; 感覚 夜目〈知覚〉+17
オーラ 畏怖すべき存在(30フィート、難易度20)

防御

アーマー・クラス 23、接触17、立ちすくみ15(+1回避、+6外皮、-1サイズ、+7【敏】
ヒット・ポイント 104(11d6+66)
頑健 +9、反応 +16、意志 +10
ダメージ減少 10/冷たい鉄完全耐性 病気

攻撃

移動速度 50フィート、水泳50フィート
近接 高品質のロングソード=+11(1d8+9/19~20)、噛みつき=+10(1d8+6、加えて“病気”)、(×2)=+5(1d6+3、加えて“病気”)
接敵面 10フィート; 間合い 5フィート
特殊攻撃 蹂躙(1d6+9、難易度21)、ブレス攻撃(30フィート円錐状、10d6ダメージに加えて“病気”、反応・難易度21・半減、1d4ラウンドごとに1回使用可能)

擬似呪文能力術者レベル9;精神集中+14)

3回/日:オブスキュアリング・ミストコントロール・ウォーターディミニッシュ・プランツ

一般データ

【筋】22、【敏】24、【耐】22、【知】13、【判】17、【魅】21
基本攻撃 +5; 戦技ボーナス +12; 戦技防御値 30(対足払い34)
特技 《一撃離脱》《回避》《風の如き脚》《強行突破》《神速の反応》《電光の如き脚》
技能 〈威圧〉+16、〈隠密〉+17、〈軽業〉+21(跳躍+29)、〈水泳〉+28、〈脱出術〉+21、〈知覚〉+17、〈知識:自然〉+15
言語 アクロ語、共通語、森語
その他の特殊能力 小振りの武器水陸両生

生態

出現環境 寒冷/沼地または湾岸
編成 単体
宝物 標準(高品質のロングソードその他宝物

特殊能力

ブレス攻撃(超常)/Breath Weapon ナックラヴィーブレス攻撃円錐形で、触れたものを竦ませる汚らわしいものだ。これは生きているクリーチャーにのみ効果を及ぼし、痛みを伴うミミズ腫れや痙攣、出血を引き起こす――このダメージは全てのエネルギーに対する抵抗ダメージ減少を無視する。その範囲に存在するクリーチャーでない植物ブライト呪文と同様の効果を受ける。このブレス攻撃に対する反応セーヴに失敗した全てのクリーチャー難易度21の頑健セーヴを行わねばならず、失敗するとモータシーンに罹患する(後述)。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

病気(超常)/Disease モータシーン接触型;セーヴ 頑健・難易度21;潜伏期間 即座;頻度 1回/日;効果 1d4【耐】に加え、目標疲労状態になる;治癒 2回連続のセーヴ成功。動物はこの病気に対するセーヴに-2のペナルティを受ける。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

非常に恐ろしいナックラヴィーは汚濁と腐敗顕現であり、赤潮のような自然に生じた腐敗や、下その他都市のごみからしみ出す汚染から生まれてくる。ナックラヴィーは生ける皮である――病気の運びにして腐敗拡散者であり、世界に腐敗をもたらす他の要因に対する怒りを撒き散らすのだ。ナックラヴィーによって広がった腐敗自己嫌悪や全くの怒りという彼ら自身の感覚を推し進めるためだけに使われる。ところでナックラヴィーはこれらの腐敗の被害者に報復するかもしれない。彼らの主要な行動要因は川や湖沼に住むものを護ることではない。彼らは自分が憎む腐敗そのものをもたらし、敵が病気になり死んでいく姿を見ることを何より楽しむのだ。

にしていたお守り――海藻でできた輪、塩に塗れたの毛、聖別された海の入った瓶といった呪物――や念仏を唱えることでナックラヴィーを遠ざけたり、説得して無力化させるという昔話もある。しかし本当のところ、これら昔の解決法は、この邪病気の運びに対して一切護ってはくれない。

ナックラヴィーホースと同じ大きさである。


全文検索 目的別索引