ソウル・イーター

ソウル・イーター Soul Eater

2本のひょろ長く死んだように青ざめたが、この中を静かに進んでいくクリーチャーのくすんだ体から突き出ている。

ソウル・イーター 脅威度7 Soul Eater

経験点3,200
中立にして悪中型サイズ来訪者他次元界
イニシアチブ +10;感覚 暗視60フィート、全周囲視覚〈知覚〉+14

防御

アーマー・クラス 21、接触17、立ちすくみ14(+1回避、+4外皮、+6【敏】
ヒット・ポイント 82(11d10+22)
頑健 +5、反応 +13、意志 +7
ダメージ減少 10/魔法完全耐性 クリティカル・ヒット睡眠麻痺朦朧化

攻撃

移動速度 30フィート、飛行100フィート(完璧)
近接 (×2)=+18(1d6+1/19~20、加えて1d6【判断力】ダメージ
特殊攻撃 魂吸収目標発見

一般データ

【筋】13、【敏】22、【耐】14、【知】12、【判】11、【魅】11
基本攻撃 +11;戦技ボーナス +12;戦技防御値 29(足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《かすめ飛び攻撃》《クリティカル強化:》、《武器熟練:》、《武器の妙技》
技能 〈威圧〉+14、〈隠密〉+20(暗闇またはの中では+28)、〈軽業〉+20(跳躍+8)、〈脱出術〉+20、〈知覚〉+14、〈知識:次元界〉+15、〈飛行〉+28
言語 獄語、奈落語
その他の特殊能力 術者とのリンク

生態

出現環境 気候問わず/外方次元界アバドン
編成 単体
宝物 なし

特殊能力

術者とのリンク(変則)/Caster Link ソウル・イーターが召喚された場合、それ自身と召喚者との間に精神的なリンクを作り出す。ソウル・イーター目標目標発見特殊能力参照)の魂を吸収する前に殺害することを指示された場合、あるいはソウル・イーター目標に敗北した(しかし殺されなかった)場合、その召喚者の元に全速力で戻り、攻撃する。ソウル・イーターと召喚者が同一の次元界にいる間(次元間移動が妨害されているかに関わらず)、それは目標発見特殊能力を召喚者の位置を探すために使用することができる。

目標発見(超常)/Find Target ソウル・イーターの召喚者があるクリーチャーの位置を探すように命じた場合、距離の制限がなく流に妨げられないロケート・クリーチャー呪文に導かれているように過つことなくそれを行うことができる。召喚者は目標を見たことがあり、目標の名を言うことができなくてはならない。

魂吸収(超常)/Soul Drain ソウル・イーター攻撃による【判断力】ダメージが敵の実際の【判断力】値以上になった場合、犠牲者は無防備状態となり、ソウル・イーターはそのクリーチャの魂を機会攻撃を誘発する標準アクションとして貪ることができる。この攻撃は犠牲者を殺害する。死亡した犠牲者は難易度17の頑健セーヴを行うことで魂を食べられることに抵抗することができる。成功すれば未だ死亡したままだが通常通り生き返ることができる。このセーヴに失敗した場合、魂はソウル・イーターに食べられる。この方法で殺害された犠牲者はクローンレイズ・デッドリインカーネイトで命を取り戻すことはできない。リザレクショントゥルー・リザレクションミラクルウィッシュによって生き返ることはできるが、術者は難易度30の術者レベル判定に成功しなければならない。ソウル・イーターが犠牲者の死体から120フィート以内で殺され、犠牲者が1分間を越えて死亡していない場合、犠牲者の魂は体に戻り、生き返るが、ヒット・ポイントは-1で気絶状態となる。これは[即死]効果である。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

【判断力】ダメージ(超常)/Wisdom Damage ソウル・イーター攻撃が命中したクリーチャー難易度17の頑健セーヴを行わなければならず、失敗した場合は1d6ポイントの【判断力】ダメージを受ける。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

アバドンの墨のように黒い沼から召喚されたソウル・イーターは感情や理性に欠け、生者の魂を貪ることによってのみ満たされる飢えを持つ異次元界の存在である。ソウル・イーターのこの性質が、それを理想的で恐ろしく効率的な殺人の道具としており、この理由でしばしば禁断の的を追求する邪な術者に召喚される。邪な術者から凶な命令を受けていない場合でさえも、ソウル・イーターは自分の腹を満たすために常に生者の魂を求めてうろつき回り狩をする。


全文検索 目的別索引