シャンタク

シャンタク Shantak

象よりも大きなこののある鳥のようなクリーチャーは、どことなくに似た部と、粘液に包まれた大きなを持つ。

シャンタク 脅威度8 Shantak

経験点4,800
混沌にして悪超大型サイズ魔獣
イニシアチブ +3;感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+3

防御

アーマー・クラス 21、接触11、立ちすくみ18(+10外皮、-2サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 104(11d10+44)
頑健 +11、反応 +10、意志 +6
防御能力 ぬめり完全耐性冷気]、病気

攻撃

移動速度 20フィート、飛行80フィート(標準)
近接 噛みつき=+17(2d6+8)鉤爪(×2)=+17(1d8+8、加えて“つかみ”)
接敵面 15フィート;間合い 15フィート

一般データ

【筋】26、【敏】17、【耐】19、【知】8、【判】17、【魅】10
基本攻撃 +11;戦技ボーナス +21(組みつき+25);戦技防御値 34(対組みつき42)
特技 《かすめ飛び攻撃》《急旋回》《強打》《突き飛ばし強化》《ふっとばし攻撃》《ホバリング》
技能 〈脱出術〉+11、〈飛行〉+13;種族修正 +8〈脱出術〉
言語 アクロ語
その他の特殊能力 星間飛行防護共有無呼吸

生態

出現環境 寒冷/山岳
編成 単体、2体、または編隊(3~12)
宝物 なし

特殊能力

防護共有(超常)/Share Defenses 1回のフリー・アクションとして、シャンタクはその無呼吸特殊能力と[冷気]への完全耐性接触している1体のクリーチャーにまで拡張することができる。この防護は1回のフリー・アクションで止めることができる。

ぬめり(変則)/Slippery シャンタクはぬめぬめした粘液を分泌している。このためこのクリーチャーは全ての〈脱出術〉判定組みつきに対する戦技防御値に+8のボーナスを得、シャンタクに騎乗しようとするクリーチャーの全ての〈騎乗〉判定に-5のペナルティを与える。

星間飛行(超常)/Starflight シャンタクは宇宙間の真の中で生存することができる。宇宙を信じられない速度で飛行する。正確な時間はさまざまだが、シャンタクへの道を知っている場合は、1つの太陽系の中での行は3d20時間かかり、それを越えた行は3d20日(あるいはGMの決定でそれ以上)かかる。

シャンタクはガラスにこすり付けるような金切声話す。彼らは知的なクリーチャーであり、乗騎として訓練することはできない。シャンタクの騎になりたい者はシャンタク乗騎として協力するよう〈交渉〉魔法を使わなければならない。その場合でさえ、シャンタク危険領域で故意に乗りを立ち往生させようとする傾向がある。

多くのシャンタクは、ある人里離れた山中に住むといわれる無貌ナイトゴーントや、より文明化された地域の特定の種類ハーピーガーゴイルのようなあるクリーチャーに奇妙で非理性的な恐怖を抱く。シャンタクはこのような種類クリーチャーと対面することを可能ならば避ける。

シャンタクの宇宙の深淵をする能力により、こののある鳥のようなクリーチャーは多くの世界で見ることができる。しかしこの独特の能力にもかかわらず、シャンタクは一般に他の選択肢がない限り新しい世界を探すことにはかなり消極的である。シャンタクは未知の世界に飛ぼうとすることは、簡単に宇宙の深淵で永遠に迷う結果になりかねないと知っているからだ。


全文検索 目的別索引