バット

バット:モバット Bat, Mobat

このコウモリは長さ人間2人分ほど、大きすぎるをし、四く逆さまの鼻面にはのような歯の列がある。

モバット 脅威度3 Mobat

経験点800
真なる中立大型サイズ魔獣
イニシアチブ +2;感覚 非視覚的感知120フィート、夜目〈知覚〉+6

防御

アーマー・クラス 15、接触11、立ちすくみ13(+4外皮、-1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 34(4d10+12)
頑健 +7、反応 +6、意志 +2

攻撃

移動速度 20フィート、飛行40フィート(良好)
近接 噛みつき=+6(2d6+4)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 金切声

一般データ

【筋】17、【敏】15、【耐】16、【知】6、【判】13、【魅】6
基本攻撃 +4;戦技ボーナス +8;戦技防御値 20
特技 《かすめ飛び攻撃》《技能熟練:隠密》
技能 〈隠密〉+5、〈知覚〉+6(非視覚的感知使用は+10)、〈飛行〉+8;種族修正 +4非視覚的感知使用〈知覚〉
言語 地下共通語(話せない)

生態

出現環境 温暖または暑熱/森林丘陵、または地下
編成 単体または共棲集団(2~8)
宝物 乏しい

特殊能力

金切声(超常)/Screech 1日1回、標準アクションとして、モバットは半径20フィート爆発範囲内にいるモバットでないものを朦朧とさせる、を切り裂くような金切声を上げることができる。この範囲内にいる全てのクリーチャー難易度15の頑健セーヴを行わなければならず、失敗した場合は1d3ラウンドの間よろめき状態になる。他のモバットアーデファンはこの効果完全耐性を持つ。これは[音][精神作用]効果である。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

モバットのような歯と巨大を持つ、魔法的な大コウモリである。失われた代の生存者である彼らは、その徘徊する暗い森と深い洞窟の外で見られることはめったに無い。モバットは雑食性だが、他の食物よりも新鮮なの味わいをずっと好む。

モバット毛皮の色合いはさまざまで深い赤褐色から真っ黒まで、その皮膚は黒い。モバット長は差し渡し15フィート、体重250ポンド。

バット:スケイヴリング Bat, Skaveling

この怪物のような大きさのアンデッドバットは斑の腐った体と、不浄なる緑の光でくすぶる眼を持つ。

スケイヴリング 脅威度5 Skaveling

経験点1,600
混沌にして悪大型サイズアンデッド
イニシアチブ +7;感覚 非視覚的感知120フィート;〈知覚〉+14

防御

アーマー・クラス 19、接触13、立ちすくみ15(+6外皮、-1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 58(9d8+18)
頑健 +5、反応 +6、意志 +8
完全耐性 アンデッドの種別特性

攻撃

移動速度 20フィート、飛行40フィート(良好)
近接 噛みつき=+10(2d8+7、加えて“病気”および“麻痺”)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 金切声麻痺(1d4+1ラウンド難易度16)

一般データ

【筋】21、【敏】17、【耐】―、【知】8、【判】15、【魅】14
基本攻撃 +6;戦技ボーナス +12;戦技防御値 26
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《かすめ飛び攻撃》《技能熟練:隠密》、《強行突破》
技能 〈隠密〉+14、〈知覚〉+14(非視覚的感知使用は+18)、〈飛行〉+13;種族修正 +4非視覚的感知使用〈知覚〉
言語 地下共通語

生態

出現環境 気候問わず/地下
編成 単体または共棲集団(2~8)
宝物 乏しい

特殊能力

病気(超常)/Disease 食屍鬼熱噛みつき・致傷型;セーヴ 頑健 難易度16;潜伏期間 1日;頻度 1回/日;効果 1d3【耐】および1d3【敏】ダメージ治癒 2回連続のセーヴ成功。このセーヴ難易度【魅力】に基づいている。 食屍鬼熱で死亡した人型生物は次の真夜中にグールとして蘇る(グール参照)。

金切声(超常)/Screech 1日1回、標準アクションとして、スケイヴリング金切声を上げることができる。効果を受けた者が難易度16の頑健セーヴに失敗した場合、1d3ラウンドの間朦朧状態になる以外はモバットと同様である。このセーヴ難易度【魅力】に基づいている。

一部の社会ではグールバットとして知られているスケイヴリングアーデファンによるぞっとするような死霊術的作業の結果である。彼らは菌類と人型生物を食べさせて特別に育てたモバットからこれを作成する。それが成熟すると、アーデファンはコウモリを死霊術的なを使って儀式的に殺害し、その後死体は乗騎または護衛として仕えるために蘇る。


全文検索 目的別索引