フェイスレス・ストーカー

フェイスレス・ストーカー Faceless Stalker

この無毛の革のような皮膚をした二足歩行生物の顔は、実際の造作の代わりにグロテスクで心をざわめかせるような渦と裂けが占めている。

フェイスレス・ストーカー(ウゴトル) 脅威度4 Faceless Stalker(Ugothol)

経験点1,200
混沌にして悪中型サイズ異形(変身生物)
イニシアチブ +7;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+2

防御

アーマー・クラス 17、接触13、立ちすくみ14(+4外皮、+3【敏】
ヒット・ポイント 42(5d8+20)
頑健 +5、反応 +4、意志 +6
ダメージ減少 5/刺突または斬撃

攻撃

移動速度 30フィート
近接 高品質のロングソード=+8(1d8+4/19~20)、叩きつけ=+2(1d6+2、加えて“つかみ”)
接敵面 5フィート;間合い 10フィート
特殊攻撃 吸血(1【耐久力】)、急所攻撃+2d6
擬似呪文能力術者レベル5;精神集中+8)

タンズ

一般データ

【筋】18、【敏】17、【耐】18、【知】13、【判】15、【魅】16
基本攻撃 +3;戦技ボーナス +7(組みつき+11);戦技防御値 20
特技 《欺きの名人》《イニシアチブ強化》《迎え討ち》
技能 〈隠密〉+11、〈脱出術〉+19、〈手先の早業〉+8、〈はったり〉+10、〈変装〉+14( “変身”使用は+24);種族修正 +8〈脱出術〉、+4〈変装〉
言語 共通語、水界語;タンズ
その他の特殊能力 収縮変身(中型の人型生物オルター・セルフ)、無貌

生態

出現環境 気候問わず/沼地または地下
編成 単体、2体、または徒党(3~9)
宝物 標準(高品質のロングソードその他宝物

特殊能力

変身(超常)/Change Shape フェイスレス・ストーカーは回数無制限で中型の人型生物の形態を模倣することができるが、体を変えるためには10分間妨害されないことが必要である。この変身を行うのは何らかの苦痛を伴うが、一度変身を完了した後は新しい形態は無期限に維持することができる。真の姿には即行アクションでもどることができ、その後1ラウンドの間攻撃ロールダメージ・ロール、技能判定セーヴィング・スローに+2の士気ボーナスを得る。フェイスレス・ストーカーは新しい姿をとっている場合にも本来の生得の能力を保持し、模倣しているクリーチャーが持つ能力は何ら獲得しない。フェイスレス・ストーカーはこの能力を使用している場合〈変装〉判定に+10のボーナスを得る。

無貌(超常)/Faceless 本来の形態では、フェイスレス・ストーカーは識別できるような造作を持たない。感覚目標とするような攻撃または効果に対するセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。これは凝視攻撃、臭いを基にする攻撃、[音攻撃や類似の攻撃である。このボーナス幻術には適用されない。

ウゴソル(フェイスレス・ストーカーは自分自身をこう呼ぶ)はアボレスが作り出し、そして捨て去った表の住人との長い戦争の道具の1つである。彼らが作り出されたその的が破綻し、かつての主たちにさげすまれ、フェイスレス・ストーカーは沼、湿地帯、そのほか見つけることができた暗く湿った場所に逃げ込んだ。最後には彼らはかつて故郷と考えていた都市に来ることができた。

本来は気を呼吸する種族の中を誰何されずに歩くことができる密偵として仕えるようにデザインされたフェイスレス・ストーカーは、皮膚を再成型しゴムのような体をねじって新しい姿を取り入れる。この苦痛に満ちた過程は妨害を受けずにおよそ10分間かかる。ウゴソルは通常はそれを行うための私的な場所をさがし、同類の他の者でさえ避ける。真の姿に戻る感覚は非常に開放的で、その結果一的な多幸感の爆発をもたらす。

フェイスレス・ストーカーは口を持つクリーチャーの姿のときでさえ固形の食物を消化することができない。その代わり、彼らは血液を含む液体を食べる。本来の姿では、犠牲者に突き刺して血を啜る3本の中を持つ。敵に組みつくための特別な技術を持っていないため、ほとんどのウゴソルは血を飲もうとする前に犠牲者が無防備になるか眠るのを待つ。もっともよいのは犠牲者が無防備であるがその過程の間意識があることで、そうすればフェイスレス・ストーカーは陰惨で残酷な会話をして“食べ物で遊ぶ”ことができるからだ。


全文検索 目的別索引