ドラゴンキン

ドラゴンキン Dragonkin

この滑らかなドラゴンのようなクリーチャーは賢明で知的に見える。革製の具が両の間で固定している。

ドラゴンキン 脅威度9 Dragonkin CR 9

経験点6,400
秩序にして中立大型サイズ
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+14

防御

アーマー・クラス 23、接触11、立ちすくみ21(+12外皮、-1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 115(10d12+50)
頑健 +12、反応 +9、意志 +8
完全耐性]、睡眠麻痺

攻撃

移動速度 40フィート、飛行120フィート(良好)
近接 高品質のグレイヴ=+18/+13(2d8+12/×3)、噛みつき=+13(1d8+4)または噛みつき=+18(1d8+8)、(×2)=+17(1d6+8)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート(グレイヴは15フィート)
特殊攻撃 ブレス攻撃(30フィートの円錐形、9d6[ダメージ反応難易度20・半減、1d4ラウンド毎に使用可能)

一般データ

【筋】26、【敏】15、【耐】20、【知】11、【判】12、【魅】17
基本攻撃 +10; 戦技ボーナス +19; 戦技防御値 31
特技 《かすめ飛び攻撃》《強打》《渾身の一打》《武器熟練:噛みつき》、《迎え討ち》
技能 〈威圧〉+16、〈隠密〉+11、〈生存〉+14、〈知覚〉+14、〈はったり〉+16、〈飛行〉+17
言語 共通語、
その他の特殊能力 乗り手との絆

生態

出現環境 気候問わず/山岳
編成 単体、2体、巡視体(3~6)、または団(7~14)
宝物 標準(高品質のグレイヴその他宝物

特殊能力

乗り手との絆(超常)/Rider Bond ドラゴンキンぬまでその乗りとの魔法の絆を作ることができる。この絆を作ることは1時間かかる特別な儀式を必要とする。一度ドラゴンキンがこの絆を作るならば、現在の乗りぬまで、別の乗り手との絆を作ることができない。両者が有効距離100フィートのテレパシーを持っているかのように、ドラゴンキンとその絆で結びついた乗りはお互い意思疎通をとることができる。乗り戦闘開始に彼のドラゴンキンに騎乗しているとき、両方のクリーチャーは別々にイニシアチブをロールし、高いほうの結果を彼らの1つの結果としてみなす。

トゥルー・ドラゴンと野蛮なドレイクの間にドラゴンキンがある。知的で、冷静で、戦闘において危険であるドラゴンキン人型生物と仲が良い。他の多くのドラゴンと違い、ドラゴンキン武器を持ったり、振るったりするための前の十分な器用さがあり、特大のグレイヴや長いランスを好む。

ドラゴンキンの最も珍しい一面は他の種族との絆である。ドラゴンキンは他の文化の潜在能を認識しており、しばしば、人型生物の乗りを採用する。成人に達した後、ドラゴンキンは乗りとの間に壊れないパートナーシップを築くかもしれず、そのような人は、信用された同志のようなものである。戦闘では乗りは一体の存在であるかのように見え、恒常的なテレパシーで意思疎通を図る。交中でない人型生物の乗り自身の相を気遣い養う責任を負うが、その家的な役割ははっきりとした奴隷状態というより社会的なものである。

多くのドラゴンキン人型生物種族から癖を採用し、鎧を着るほどである。これは、ドラゴンキン人型生物運命をともにしているという事実と相まって、トゥルー・ドラゴンをうんざりさせる。典型的なドラゴンキンは体長15~20フィート(約4.6~6.1m)、体重約2,000ポンド(約907kg)。

全文検索 目的別索引