デヴィルフィッシュ

デヴィルフィッシュ Devilfish

この紫色をした7のタコのような怪物は、ほどの大きさで、鉤の並んだ触手と冷たい青色のを持つ。

デヴィルフィッシュ 脅威度4 Devilfish

経験点1,200
中立にして悪大型サイズ魔獣(水棲)
イニシアチブ +3;感覚 暗闇を見通す夜目〈知覚〉+5

防御

アーマー・クラス 17、接触12、立ちすくみ14(+5外皮、-1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 42(5d10+15)
頑健 +7、反応 +7、意志 +2
抵抗冷気]10

攻撃

移動速度 10フィート、水泳40フィート;噴射移動(240フィート)
近接 触手=+7(3d6+4、加えて“つかみ”)
接敵面 10フィート;間合い 15フィート
特殊攻撃 不浄の血野生の噛みつき(+7近接、2d6+4/18~20 加えて“”)

一般データ

【筋】17、【敏】17、【耐】16、【知】3、【判】12、【魅】8
基本攻撃 +5;戦技ボーナス +9(組みつき+13);戦技防御値 22(足払いされない)
特技 《強打》《薙ぎ払い》《迎え討ち》
技能 〈隠密〉+3、〈水泳〉+15、〈脱出術〉+5、〈知覚〉+5
言語 共通語、水界語、奈落語
その他の特殊能力 水への依存

生態

出現環境 気候問わず/水界
編成 単体
宝物 なし

特殊能力

(変則)/Poison 野生の噛みつき・致傷型;セーヴ 頑健 難易度15;頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間);効果 1d2【筋】治癒 2回連続のセーヴ成功。

野生の噛みつき(変則)/Savage Bite デヴィルフィッシュ組みつき判定に成功した場合はいつでも野生の噛みつき攻撃することができる。この攻撃組みつき判定で成功した場合に行える他の何らかのアクションの代わりである。噛みつきのクリティカル可能域は18~20である。また、目標注入する。

不浄の血(超常)/Unholy Blood デヴィルフィッシュの血はフィーンドの魔法に満ちている。1日1回、即行アクションとして、デヴィルフィッシュはこの邪な液体を漆黒の雲として放出し、中であれば半径20フィートの雲、上であれば20フィートの爆発範囲を満たす。の中では、血はデヴィルフィッシュ(簡単に血を見通すことができる)以外の全てのものに完全視認困難を与える。上では、滑りやすい血が地面を覆い、その範囲移動困難な地形とする。血は1分後には消えてしまう。中で血の雲の中に入ったもの、あるいは陸上で爆発範囲内にいる者は、難易度15の頑健セーヴを行わなければならず、失敗した場合は1d4ラウンドの間吐き気がする状態となる。このセーヴは雲につき1回だけ行われる。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

水への依存(変則)/Water Dependency デヴィルフィッシュの外で1時間の間生き延びることができ、その後は疲労状態となる。2時間後にはデヴィルフィッシュ過労状態となり、窒息を始める(『Pathfinder RPG Core Rulebook』P.445)。

デヴィルフィッシュは表面的には7のタコに似ているが、お互いに異なったクリーチャーである。初歩的な知性を持つデヴィルフィッシュは、さまざまな言語の多少の単語と文章を理解し、話すことさえできる。しかし話すには言語をお互いにまぜこぜにする傾向があり、デヴィルフィッシュが知る全ての言語話すことができないものには幾分理解しがたいものとなる。

デヴィルフィッシュ知性と能力のいくつかは単なる動物のそれ以上のものであり、フィーンドの遺伝の賜物である。ほとんどの賢者は、最初のデヴィルフィッシュアビスから来た来訪者で、数千年の歳の間に物質界海洋に土着のものとなったのだと信じている。はるかに知的なデヴィルフィッシュが最も深い開港に住んでいるという噂があるが、この噂が真実である場合でも、この深海のデヴィルフィッシュは海面には滅多に現れない。

デヴィルフィッシュは体長10フィート、体重500ポンド。


全文検索 目的別索引