アズルヴェルダ

アズルヴェルダ Azruverda

この巨大クリーチャーしい玉虫色の、トゲで覆われた甲虫の外格から人型生物部が突き出ている。

アズルヴェルダ 脅威度13 Azruverda

経験点25,600
混沌にして善超大型サイズ異形
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート、振動感知100フィート;〈知覚〉+22

防御

アーマー・クラス 25、接触10、立ちすくみ23(+15外皮、-2サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 168(16d8+96)
頑健 +11、反応 +7、意志 +15
ダメージ減少 10/魔法および斬撃; 完全耐性]; 抵抗冷気]10

攻撃

移動速度 50フィート、登攀30フィート
近接 噛みつき=+21(2d6+11)、(×2)=+21(1d10+11)
遠隔 酸の唾=+13接触(10d6[])
接敵面 15フィート; 間合い 15フィート
特殊攻撃 かきむしり(1d10+11)、酸の唾
擬似呪文能力術者レベル16;精神集中+23)

回数無制限:ダンシング・ライツフェアリー・ファイアー
3回/日:インセクト・プレイグサモン・スウォームジャイアント・ヴァーミンデイライトリペル・ヴァーミン難易度21)

一般データ

【筋】32、【敏】15、【耐】23、【知】14、【判】16、【魅】25
基本攻撃 +12; 戦技ボーナス +25(突き飛ばし+29); 戦技防御値 37(対突き飛ばし39、対足払い45)
特技 《強打》《近距離射撃》《上級突き飛ばし》《突き飛ばし強化》《鋼の意志》《武器熟練:酸の唾》、《ふっとばし攻撃》《迎え討ち》
技能 〈威圧〉+26、〈呪文学〉+15、〈真意看破〉+13、〈生存〉+16、〈知覚〉+22、〈知識:自然〉+12、〈知識:ダンジョン探検〉+12、〈登攀〉+26、〈動物使い〉+17
言語 アクロ語、共通語、地下共通語
その他の特殊能力 蟲の王

生態

出現環境 地下
編成 単体、2体、または兄弟姉妹(3~7)
宝物 標準

特殊能力

酸の唾(変則)/Acid Spit アズルヴェルダは60フィート以内の1体の目標に、10d6ポイントの[ダメージを与える遠隔接触攻撃として、の噴流を吐きかける事ができる。

蟲の王(超常)/Vermin Master アズルヴェルダは超常的なフェロモン魔法的な操作の組み合わせによって、任意のに32ヒット・ダイスアズルヴェルダ種族ヒット・ダイスの2倍)までのを精神的に操ることができる。を操るためにはアズルヴェルダはそれを見ることができなければならず、またそれから120フィート以内にいなければならない。を操ろうと試みることは標準アクションである。難易度25の意志セーヴに成功すればこの試みに抵抗することができる。がこのセーヴに失敗した場合、アズルヴェルダ即行アクションとして「戦え」、「向こうに行け」、あるいは「じっとしていろ」のような単純な精神的な命令を送ることができる。数千の個体によって構成されているが、(スウォーム)の副種別を持つもこの能力の効果を受ける。アズルヴェルダフリー・アクションクリーチャーをこの支配から解放することができる。この能力の効果を受けているアズルヴェルダが能動的にそれを操っていない限り通常通り行動するが、その主であるアズルヴェルダ攻撃することは決してない。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

ぞっとするような姿をしているにもかかわらず、この巨大な、人面のクリーチャーは概して平和的で落ち着いている。それ自身の望むままにさせておけば、アズルヴェルダ通常地下深くの聖域で菌類のを耕すことに満足している。このは菌類、岩、その他の物品の組み合わせが芸術的なやり方で配置され、しく見える。一般的に独居性だが、アズルヴェルダは脅威が彼らの地下の家の1つに迫った場合は協力しあう。

アズルヴェルダはその多くの足で立ち上がると身の丈16フィート、体重はおよそ4,000ポンド。


全文検索 目的別索引