トリエント

トリエント Treant

真っ直ぐと強く立つこの大きな樹人は、その節だらけのの上で自然怒りのエネルギーへと導く。

神話級トリエント 脅威度10/神話ランク4 Mythic Treant

経験点9,600
中立にして善超大型サイズ植物(神話)
イニシアチブ -1; 感覚 夜目〈知覚〉+17

防御

アーマー・クラス 25、接触7、立ちすくみ25(+18外皮、-2サイズ、-1【敏】
ヒット・ポイント 146(12d8+92)
頑健 +13、反応 +3、意志 +10
ダメージ減少 10/エピックおよび斬撃; 完全耐性 植物の種別特性
弱点]に対する脆弱性

攻撃

移動速度 30フィート
近接 叩きつけ(×2)=+19(3d6+10/18~20)
遠隔 岩=+7(2d6+15)
接敵面 15フィート; 間合い 15フィート
特殊攻撃 岩投げ(180フィート)、蹂躙(3d6+15、難易度26)、神話パワー(4回/日、活性+1d8)、ドルイド魔法
擬似呪文能力術者レベル10;精神集中+14;セーヴ難易度【判断力】に基づく)

7回/日:アニマル・メッセンジャーウィンド・ウォールウッド・シェイプエンタングル難易度15)、カーム・アニマルズ難易度15)、クウェンチ難易度17)、クリエイト・ウォータースリープ難易度15)、ニュートラライズ・ポイズンマジック・ファング
3回/日:キュア・シリアス・ウーンズサモン・ネイチャーズ・アライIVシャウト難易度18)、ダークネスラスティング・グラスプ
1回/日:コール・ライトニング・ストーム難易度19)

一般データ

【筋】31、【敏】8、【耐】21、【知】12、【判】18、【魅】13
基本攻撃 +9; 戦技ボーナス +21(武器破壊+23); 戦技防御値 32(対武器破壊34)
特技 《鋭敏感覚》《強打》《クリティカル強化:叩きつけ(神)《鋼の意志》《武器熟練:叩きつけ(神)《武器破壊強化》
技能 〈威圧〉+9、〈隠密〉-9(森林では+7)、〈交渉〉+9、〈真意看破〉+10、〈知覚〉+17、〈知識:自然〉+9; 種族修正 +16〈隠密〉森林
言語 共通語、トリエント語、森語;植物との会話
その他の特殊能力 樹木操り、深飲、物体に対して2倍ダメージ森渡り

生態

出現環境 気候問わず/森林
編成 単体または立(2~7)
宝物 標準

特殊能力

樹木操り(擬呪)/Animate Trees トリエントは、回数無制限で180フィート以内の樹に自律行動能を持たせ、1度に2体まで操ることができる。普通のが自分のを抜くのには1全ラウンドかかり、以降その移動速度が10フィートであるほかは非神話級トリエントBestiary 266)と同様にう(しかし、1回の叩きつけ攻撃しか持たず、トリエント樹木操り岩投げも持たず、[]に対する脆弱性を持つ)。操るトリエント樹木操りを終わらせた場合、有効距離よりも遠く離れた場合、無化された場合、はどこであっても即座にを下ろし、通常状態に戻る。神話級トリエントが樹を操る際に神話パワーを1回分消費するならば、そのは1マイル離れるまで自律したままで、トリエントの制御下にある上、一度に2本までしか操れないというトリエントの制限に数えられない。

深飲(超常)/Drink Deep 神話級トリエント神話パワーを1回分消費することで、1時間の間[]に対する脆弱性を失うことができる。

植物との会話(変則)/Treespeech トリエント植物スピーク・ウィズ・プランツ呪文永続的な対象であるかのように会話することができる。ほとんどの植物トリエントに友好的または協的な態度をとる。

ドルイド魔法(超常)/Druidic Magic 神話級トリエント神話パワーを1回分消費することで、3レベル以下の全てのドルイド呪文を発動することができる。また、神話パワーを2回分消費することで、5レベル以下の全てのドルイド呪文を発動することができる。この呪文術者レベルは10である。

物体に対して2倍ダメージ(変則)/Double Damage Against Objects 神話級トリエント及び操られたは、物体建造物に対して全力攻撃を行う際、2倍のダメージを与える。

神話級トリエント神格や魔の蓄積からを与えられた古代の存在である。彼らは森の世話係であり、短い一生を過ごす種族とは滅多に会話をすることさえない。

全文検索 目的別索引