ビシャ・ガ・ツク

ビシャ・ガ・ツク Bisha Ga Tsuku

2本ののある足が不可解な移動するの層から伸びており、い眼がから意に満ちて輝いている。

ビシャ・ガ・ツク 脅威度9 Bisha ga tsuku 脅威度 9

経験点6,400
中立にして悪/中型サイズ来訪者原住冷気
イニシアチブ +10; 感覚 暗視60フィート; 〈知覚〉+19
オーラ 白霜の光背(30フィート、難易度20)、畏怖すべき存在(30フィート、難易度20)

防御

アーマー・クラス 22、接触16、立ちすくみ16(+6外皮、+6【敏】
ヒット・ポイント 114(12d10+48)
頑健 +12、反応 +10、意志 +12
完全耐性 [氷雪]; 呪文抵抗 20
弱点]に対する脆弱性

攻撃

移動速度 15フィート、飛行60フィート(良好)
近接 触手(×3)=+18(2d6+5/19~20、加えて1d6[氷雪])
接敵面 5フィート; 間合い 5フィート(触手は15フィート)
特殊攻撃 魂を盗るような冷気急所攻撃+1d6
擬似呪文能力術者レベル12; 精神集中+16)

3回/日:デトネイト難易度18、[氷雪]のみ)
1回/日:ウォール・オヴ・アイス難易度18)、コールド・アイス・ストライク難易度20)、フリージング・スフィアー難易度20)

一般データ

【筋】20、【敏】22、【耐】18、【知】13、【判】19、【魅】19
基本攻撃 +12; 戦技ボーナス +17; 戦技防御値 33(足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《かすめ飛び攻撃》《強打》《クリティカル強化:触手》、《幻惑強襲》《武器熟練:触手
技能 〈隠密〉+21、〈軽業〉+21、〈呪文学〉+12、〈知覚〉+19、〈知識:次元界〉+11、〈知識:自然〉+14、〈知識:地理〉+15、〈飛行〉+25
言語 共通語(話せない)

生態

出現環境 寒冷/丘陵または山岳
編成 単体
宝物 なし

特殊能力

白霜の光背(超常)/Hoarfrost Halo ビシャ・ガ・ツクは冷たいの雲で周囲の気を凍らせるような冷気のオーラ投射する。これはオブスキュアリング・ミスト呪文と同様に機能するが、ビシャ・ガ・ツク自身白霜の光背を見通すことができ、背は半径30フィートの範囲ビシャ・ガ・ツクとともに移動する。オーラ範囲内のクリーチャーは、厳寒のため自身ターン開始に2d6ポイントの[氷雪]ダメージを受ける。このオーラは解呪することができるが、ビシャ・ガ・ツクフリー・アクションとしてこの白霜の光背を再開するか消すことができる。

魂を盗るような冷気(超常)/Soul-Thieving Chill ビシャ・ガ・ツク触手攻撃白霜の光背から[氷雪]ダメージを受けたクリーチャー難易度20の頑健セーヴに成功するか1d4ポイントの【魅力】ダメージを受けなければならない。クリティカル・ヒットが成功すると、ビシャ・ガ・ツクは追加の1d6ポイントの[氷雪]ダメージを与え、目標セーヴに失敗したとき【魅力】ダメージの代わりに1d4ポイントの【魅力】吸収を受ける。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

ビシャ・ガ・ツクは暖かさ、生命を吸収された魂から形作られ、他の者から奪うことによって満たされる虚な虚空しか残っていない。このクリーチャー巨大な触巨大な膨大な嚢から成るの恐ろしい融合体である。しかし、ビシャ・ガ・ツクの存在が周囲の雰囲気から暖かさを吸い取り、冷たいの濃い雲で気を凍結させるので、その犠牲者がそれらの特徴を見ることは決してない。既にのかかっている夕方において、ビシャ・ガ・ツクの存在の唯一の兆候は、その背の裏で「びしゃびしゃ」という自由にを跳ねる音を連想させる音を立てる3本の先だ。

ビシャ・ガ・ツクは魂を食らう。彼らの存在は周囲の魂エネルギーを散させられるが、触の孔を通じて魂を吸うときはるかに多くの栄養を得る。満腹になったビシャ・ガ・ツクは過剰な魂とに逝く鼓動を自身の嚢に蓄え、新しいビシャ・ガ・ツクが形作られ破裂するまで冷気とそれらを混ぜ合わせる。

全文検索 目的別索引