アハッハ

アハッハ Athach

この巨人の口には氷柱のようなが一組生えている。しかしその姿を奇妙にしているのは、ひょろ長い第三のである。

アハッハ 脅威度12 Athach

経験点19,200
混沌にして悪超大型サイズ人型生物(巨人)
イニシアチブ +1;感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+12

防御

アーマー・クラス 26、接触9、立ちすくみ25(+15外皮、-2サイズ、+1【敏】、+2鎧)
ヒット・ポイント 161(14d8+98)
頑健 +16、反応 +5、意志 +7
抵抗冷気]10

攻撃

移動速度 50フィート
近接 叩きつけ(×2)=+19(1d8+11)、噛みつき=+19(2d6+11、加えて“”)またはヘヴィ・メイス=+19/+14(3d6+11)、噛みつき=+17(2d6+5、加えて“”)
遠隔 岩=+10/+5(2d6+16)
接敵面 15フィート;間合い 15フィート
特殊攻撃 岩投げ(140フィート)、素早き爪

一般データ

【筋】32、【敏】13、【耐】25、【知】7、【判】12、【魅】6
基本攻撃 +10;戦技ボーナス +23;戦技防御値 34
特技 《強打》《渾身の一打》《薙ぎ払い》《鋼の意志》《鋼の意志強化》《複数回攻撃》《踏み込み》
技能 〈隠密〉-7、〈軽業〉+1(跳躍+9)、〈知覚〉+12、〈登攀〉+20
言語 巨人

生態

出現環境 寒冷または温暖/丘陵
編成 単体、徒党(2~4)、または部族(7~12)
宝物 標準(レザー・アーマー、ヘヴィ・シールドヘヴィ・メイスその他宝物

特殊能力

(変則)/Poison 噛みつき・致傷型;セーヴ 頑健 難易度24;頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間);効果 1d4【筋】治癒 2回連続のセーヴ成功。

素早き爪(変則)/Swift Claw アハッハはその移動によって攻撃が1回に制限されるような場合に、1回の即行アクションとしてを使用した攻撃を行うことができる。アハッハターンに他の攻撃が行われたかどうかに関わらず、この攻撃には+19ボーナスを使用し、1d10+11ポイントのダメージを与える。

アハッハはひねくれた、非道巨人である。彼らは自分より弱いクリーチャー苦痛荒廃恐怖を与えるために生きている。部分部分で見ると人間のような色をしているかもしれないが、そのは暗い色であったり灰色がかってさえいることが多い。その上唇から伸びたは長く、残忍な獣の類のように口からはみ出していて、そのからは相を弱めるが絶えず滴っている。アハッハの集団は普通1つの世帯であり、兄弟集団で構成される徒党と、や子供で構成される部族全体を伴う。

アハッハは犠牲者の恐怖の当たりにして育つ。彼らはその堕落残忍な生活にふける前に、しばらくの間祈りを捧げることを好む。伝承はどのようにしてアハッハが夜のうちに果樹園を切り払い、作物を駄にしたかを伝えている。その痕跡は、無辜の村人が次の日の夜明けに見つけることとなる。そのような伝承によれば、アハッハは墓を暴き死体のを撒き散らかして墓所を汚すのだという。そのようなゲームの裏に潜むのは、純然たる楽しみである――アハッハの中には通常の能力を超える創意工夫を発揮して、そのような鹿げた行いに異常な意欲を持つものもいる。それはまるで、冒涜と残虐行為のただ中にいるアハッハが、神聖な洞察を得たかのようである。

アハッハは全長18フィート(約540cm)、体重5,000ポンド(約2,268kg)。アハッハは他の巨人(および自分と同じサイズの他のモンスター)のことを忌み嫌っており、彼らに分がいいかどうかによって、攻撃するか逃げ去るかする。


全文検索 目的別索引