ヴァイオレット・ファンガス

ヴァイオレット・ファンガス Violet Fungus

この茸はじゅうたんのように広がった触手状のから生えている。斑点模様のあるかさの中の何ダースもの割れから深紫色の巻きひげがずるずると伸びている。

ヴァイオレット・ファンガス 脅威度3 Violet Fungus

経験点800
真なる中立/中型サイズ植物
イニシアチブ -1;感覚 夜目〈知覚〉+0

防御

アーマー・クラス 15、接触9、立ちすくみ15(+6外皮、-1【敏】
ヒット・ポイント 30(4d8+12)
頑健 +7、反応 +0、意志 +1
完全耐性 植物の種別特性

攻撃

移動速度 10フィート
近接 触手(×4)=+4(1d4+1、加えて“腐敗”)
接敵面 5フィート;間合い 10フィート

一般データ

【筋】12、【敏】8、【耐】16、【知】―、【判】11、【魅】9
基本攻撃 +3;戦技ボーナス +4;戦技防御値 13

生態

出現環境 気候問わず/地下
編成 単体、2体、立(3~12)
宝物 乏しい

特殊能力

腐敗(変則)/Rot ヴァイオレット・ファンガス触手によってダメージを受けたクリーチャーは、難易度15の頑健セーヴに成功しなければ触れられたところの周りのがすぐさま腐り出し、驚くほどの速さで無垢のをさらけ出す。このぞっとする災厄は1d4ポイントの【筋力】ダメージおよび1d4ポイントの【耐久力】ダメージをもたらす。これは効果である。このセーヴ難易度【耐久力】修正値に基づいて算出されている。

ヴァイオレット・ファンガス(アオムラサキアオダケ)は世界中の洞窟で最も悪名高く、かつ恐れられている危険物の内の1つである。旅人はこの食菌類が隠れ潜むような場所で暮らしたり狩をしたりする者たちにしばしばヴァイオレット・ファンガスのしるしを見てとることができる。こういった人々は、の溝がまるごとくり抜かれているかのように思われる深くてぞっとするような傷痕体を損なっている。ヴァイオレット・ファンガス距離を置かずに遭遇した証だ。

ヴァイオレット・ファンガス腐敗が進んだ有機物を食べるが、大抵の菌類と異なり、腐敗物の受動的消費者ではない。ヴァイオレット・ファンガスの巻きひげは思いがけぬ素早さ攻撃を加えることができ、しかも吐き気を催させるような速さでを腐らせ朽ちさせる強い液で覆われている。この強は、ほったらかしにしておくと、たちまちのうちに1本や1本のをまるごと削ぎ落としてしまい、暖かなを残すのみとなり、それすらもすぐさま同じように腐って崩れ落ちてしまう。

動き回れはするものの、ヴァイオレット・ファンガスが動くのは攻撃したり獲物を狩ったりするのみである。すすり込む腐敗物が安定して供給されているヴァイオレット・ファンガス通常、満足して一箇所に留まったままでいる。多くの地下居住文化、特にトログロダイトヴェジピグミーはこの嗜好性を利用して、重要な連結点や自分の洞窟の入り口に番兵として複数のヴァイオレット・ファンガスを置いておき、確実に腐を豊富に与え続け、ヴァイオレット・ファンガスが食料を探しての中に迷い込むのを防いでいる。

シュリーカー(『Pathfinder RPG Core Rulebook』、P.416)の一部のは、外見ヴァイオレット・ファンガスと比較的類似しているが、そうしたシュリーカーには触手状の枝が付いていない。シュリーカーヴァイオレット・ファンガスが同じ林の中で見つかることも珍しいことではない――特に他のクリーチャーが番兵としてヴァイオレット・ファンガスを栽培しているような場所では。

ヴァイオレット・ファンガスは体高4フィート(約1.2m)、体重は50ポンド(約23kg)である。

青紫毒

ヴァイオレット・ファンガス触手は、この茸が殺された後は速やかに活きがくなっていくが、このクリーチャーから採取された後も2d6分間は中型サイズ用のウィップとして用いることができる。このウィップは触れたあらゆるもの(この致命的な武器の使用者自身も含む)に腐敗をもたらし、そのセーヴ難易度効果は上述のデータとまったく同じである。

難易度25の〈製作:錬金術〉判定と250gp相当の試薬によって、この液をいくらかなりと保存することはできるが、その過程においてずいぶんと量が減ってしまう。

青紫毒接触型;頑健難易度13;頻度 1回/分(6分間);効果 1d2【筋力】および1d2【耐】ダメージ治癒 1回のセーヴ成功;市価 800gp。


全文検索 目的別索引