サガリ

サガリ Sagari

この不安にさせるクリーチャーの生え色のをしたと、1本ののたうつ触手でしかない胴体を持つ。

サガリ 脅威度1/2 Sagari

経験点200
中立にして悪超小型サイズ異形
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 14、接触14、立ちすくみ12(+2サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 7(1d8+3)
頑健 +3、反応 +4、意志 +2

攻撃

移動速度 10フィート、飛行30フィート(完璧)
近接 噛みつき=+1(1d4-1)、触手=+1(1d4-1)
接敵面 2・1/2フィート; 間合い 2・1/2フィート
特殊攻撃 打ちのめす一撃有害な嘶き

一般データ

【筋】8、【敏】15、【耐】17、【知】6、【判】11、【魅】14
基本攻撃 +0; 戦技ボーナス +0; 戦技防御値 9(足払いされない)
特技 《神速の反応》
技能 〈隠密〉+14、〈知覚〉+4、〈飛行〉+14

言語 アクロ語
その他の特殊能力 飛行能力

生態

出現環境 気候問わず/森林
編成 単体、2体、群れ(3~8)、または大きな群れ(9~16)
宝物 なし

特殊能力

有害な嘶き(超常)/Baleful Whinny 標準アクションで、サガリ怪物のようないななきを発せる。60フィート以内にいるクリーチャーはその忌まわしい音によって難易度12の意志セーヴに成功しない限り、1d4ラウンドの間不調状態になる。これは[音精神作用]効果である。セーヴの成否に関わらず、響を受けたクリーチャーは同一のサガリによる有害な嘶きに対する完全耐性を24時間の間得る。このセーヴ難易度【魅力】に基づく。

飛行能力(超常)/Flight サガリ飛行能力超常的な性質だ。

打ちのめす一撃(変則)/Lashing Strike サガリ超小型ではあるが、近接攻撃をする機会攻撃を誘発しない。加えて、その触手攻撃は主要武器である。

サガリは山道に憑き、から伸びる醜触手の枝から逆しまに垂れ下がる。思いもよらないことに知的であるこうした容赦のない異形は止まりから強襲して森を歩く無警戒旅人たちに攻撃する。そのつんざくようないななきは聞く者を不調にし、その音のが犠牲者の郭の内部で振動し、不快感を生じさせる。サガリの集団は特に危険であり、その悍ましいいばいで大気を満たし、無防備状態かつ吐き気がする状態となった獲物へと落ちて攻勢をかける。

サガリ触手は敵をつかみを絞められるほど強ではないが、このクリーチャー触手を大きな噛みつきに追加する攻撃に使える。サガリは厳格な食性であり、必要とあれば腐食事に頼ることもあるが、新鮮な圧倒的に好む。サガリ災害をぶちまけるためあるいは事故によって人里に来ると、小屋や他の天井の高い建物の垂から吊り下がる。の家畜はサガリにとって理想の獲物であり、素早く殺して数分で捕らえた動物の新鮮なを貪る。サガリは余りに強そうな敵には攻撃しないが、クリーチャーの集団を攻撃し、敵の多くを不調にして気を散らしている間に最弱の人物を攻撃しようとする。

サガリは本来世界の地下にある広大な大洞窟から来たと考えられている。サガリは話せるが、獲物とすることはまずなく、食べ物と意思疎通する理由などないと考えている。比較的知的であるが、サガリがどのような形態であれ社会を成すことは稀であり、あっても自分たちより大きな獲物を集団で狩ろうと群れでうろつく程度である。

サガリは口から触手までの長さ3フィート、体重は30ポンド。


全文検索 目的別索引