スリープウォーキング・サジェスチョン

スリープウォーキング・サジェスチョン

Sleepwalking Suggestion遊病の示唆
出典 Horror Adventures 127ページ
系統心術(強制)精神作用]; 呪文レベルウィザード/ソーサラー5ウィッチ5サイキック5、バード4ミーディアム3、メスメリスト4
発動時間標準アクション
構成要素音声動作物質タギットのオイル2服分、合計180GP相当)
距離近距離(25フィート+5フィート/2レベル
目標クリーチャー1体
持続時間24時間
セーヴィング・スロー意志無効もしくは不可(本文参照); 呪文抵抗

術者は目標クリーチャー遊病のように眠りから覚まさせ、1~2文に限定される行動を行わせる。呪文目標がすでに眠っているなら直ちに、意識がある場合は眠りに落ちた瞬間効果を表す。クリーチャーが行動を起こす前に術者が指示を出すまで待機するように指示することもできる。眠っているクリーチャーはこの呪文に対してセーヴを行えない。提案された行動は、目標が自分や他人を直接傷つけるものであってはならないが、合理的である必要はない。えば、は窓の鍵を開けたり、味方の糧食にを入れたりするように指示することはできるが、屋から飛び降りたり、眠っている味方に対してとどめの一撃を行わせたりすることはできない。直接的な危害を加えさせる指示は、行動を行う直前に目標覚醒させ、何をスべきだったのかを曖昧に記憶してしまう。

目標自身移動速度移動するが、疾走したり速い速度で移動する能を与えるわけではない。暗闇の中では暗視を持っているかのように移動し、ほとんどの単純アクション技能を用いるアクションを行うことができる。しかし、戦闘呪文発動、具体的な認知能を必要とするアクション複雑な意思決定、パズルの解除、複雑魔法のアイテムの使用など)を行うことはできない。眠りながら行動している間にダメージを受けたなら、目標は新たにセーヴィング・スローを行わなければならない。成功したなら呪文は終了し、クリーチャーを覚ます。対象が提案された行動を完了するか、呪文が終了するか解除されるかすると、目標は意識を持たないまま眠りについていた場所に戻り、通常通りにを覚まさなければならない。意識がない間に何をしたかの記憶は保持されない(上記に示したのが唯一の外である)。

スリープウォークAPGとは異なり、スリープウォーキング・サジェスチョン睡眠以外の理由で気絶状態にあるクリーチャーに使用すると、自動的に失敗する。スリープウォーキング・サジェスチョン響を受けたクリーチャーは、危害を加えようとしたために起こされない限り、睡眠中に行動するように指示されていることに気づかない。


全文検索 目的別索引