ハングリー・フレッシュ

ハングリー・フレッシュ Hungry Flesh

腫瘍状のが揺れ積み重なっているこのクリーチャーは、糧を飢えながら捜し、粘着物の跡を残す。

ハングリー・フレッシュ 脅威度3 Hungry Flesh

経験点800
真なる中立大型サイズ粘体
イニシアチブ -3; 感覚 鋭敏嗅覚擬似視覚60フィート;〈知覚〉-5

防御

アーマー・クラス 8、接触6、立ちすくみ8(+2外皮、-1サイズ、-3【敏】
ヒット・ポイント 47(5d8+25);再生5([]または[])
頑健 +6、反応 -2、意志 -4
防御能力 不定形完全耐性 粘体の種別特性

攻撃

移動速度 20フィート、水泳20フィート
近接 叩きつけ=+5(1d6+4、加えて“病気”および“つかみ”)
接敵面 10フィート; 間合い 5フィート
特殊攻撃 締めつけ(1d6+4加えて“病気”)

一般データ

【筋】16、【敏】5、【耐】20、【知】―、【判】1、【魅】1
基本攻撃 +3; 戦技ボーナス +7(+11組みつき); 戦技防御値 14(足払いされない)
その他の特殊能力 奇怪なる成長収縮粘液の跡反射的再生

生態

出現環境 気候問わず/上または地下
編成 単体または小集団(2~5)
宝物 乏しい

特殊能力

病気(変則)/Disease 腫瘍の寄生:致傷型; セーヴ 頑健難易度17; 潜伏期間 1分; 頻度 1回/日; 効果 1d2【耐】および1d2【魅】治癒 2回連続のセーヴ成功。腫瘍の寄生亡したものは1d4時間後にハングリー・フレッシュへとなる。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

奇怪なる成長(変則)/Monstrous Growth ハングリー・フレッシュ反射的再生の能クリーチャーを食べることで成長ポイントを得る。少なくともんでから1時間もたっていないクリーチャーを消費するとき、クリーチャーサイズ自身と等しいか1段階小さいならば1成長ポイント、大きければ2成長ポイントを得る。クリーチャーを食べることは、サイズハングリー・フレッシュと等しいか小さければ全ラウンド・アクション、大きければ1分かかる。ハングリー・フレッシュが5成長ポイントに達するたびにジャイアント・クリーチャー単純なテンプレートを得る。ハングリー・フレッシュがさらに5成長ポイント達するたびにこのテンプレート累積されるが、ハングリー・フレッシュ巨大サイズを超えてサイズを大きくすることはできない。成長ポイントを得るのをやめるとき、ハングリー・フレッシュは経過した各1時間につき、ジャイアントテンプレートの1つの適用を失う。

反射的再生(変則)/Reactive Regeneration ハングリー・フレッシュが刺突か斬撃ダメージを受けると、5ヒット・ポイント再生し、1成長ポイントを得る。

粘液の跡(変則)/Slime Trail ハングリー・フレッシュグリース呪文機能をする粘液の跡を残す(難易度17)。生きているクリーチャーがこの粘液を素で触れると、頑健セーヴ(+4のボーナスを得て)に成功しなければならないか、腫瘍の寄生を受けなければならない。粘液は1分後に乾燥する。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

人間再生する方法について研究している錬金術師によって研究所で作られるハングリー・フレッシュは活動的な質な組織でできている異常なクリーチャーである。食べ成長する為だけに生きていて、自身を支えるために大量の植物動物を消費しなければならない。毎日ハングリー・フレッシュは食料で自身の体重分を消費しなければならない。ハングリー・フレッシュは切断と突き刺しの試みに抵抗があり、素早くダメージを修復し、新しい成長したを作る。その成長を引き起こすために正常な食料と攻撃で、ハングリー・フレッシュは数分で通常サイズの2倍まで増大することができる。ハングリー・フレッシュ巨大サイズまで増加できる。

ハングリー・フレッシュは直径およそ7フィートから始まり、体重3,000ポンドである。

全文検索 目的別索引