ファンタズマル・アフリクション

ファンタズマル・アフリクション

(Phantasmal Affliction/幻の苦痛
出典 Ultimate Intrigue 221ページ
系統幻術惑乱)[精神作用];レベルアーケイニスト3、ウィザード3ウィッチ3サイキック3、ソーサラー3メスメリスト2
発動時間標準アクション
構成要素音声動作物質(タラの肝ひとしずく)
距離近距離(25フィート+5フィート/2レベル
目標生きているクリーチャー1体
持続時間本文参照
セーヴィング・スロー意志看破、その後意志もしくは頑健無効(本文参照);呪文抵抗

術者はクリーチャーに、自分が消耗させる障害にさらされていると信じさせる。目標はその障害が偽りであることに気づくために、意志セーヴを行うことができる。セーヴに失敗すると、クリーチャーは術者が選択した偽りの障害1つの響を受ける。

呪い/Curse:目標は自分が呪われていると信じ込む。目標攻撃ロールセーヴ能力値判定技能判定に常に-4のペナルティを受ける。この効果術者レベル毎に1時間持続する。看破するための意志セーヴの後、目標はこの効果を打ち消すために再度意志セーヴを試みる。

/Poison:目標は自分がを受けたと信じ込む。能力値【筋力】【敏捷力】【耐久力】)から1つを選択する。6ラウンド術者レベル5毎に追加で1ラウンドの間、毎ラウンド目標は選択した能力値に1d3ポイントのダメージを受ける。毎ラウンドクリーチャーダメージ無効化するための頑健セーヴを行うことができ、成功すれば以後のダメージも受けることがなくなる。

衰弱/Wasting:目標は自分が消耗性の病気にさらされていると信じ込む。毎日、クリーチャーは1d4ポイントの【耐久力】ダメージを受け、衰弱状態になる。頑健セーヴに成功すればこのダメージ無効化できる。2回連続でセーヴに成功すれば、この効果は終了する。

障害は完全にクリーチャー精神の中に存在するものである。そのため、ファンタズマル・アフリクションニュートラライズ・ポイズンリムーヴ・ディジーズのような効果で治療することはできず、あるいはディレイ・ポイズン〈治療〉効果を受けることもない。この状況においては、通常完全耐性は適用されない(しかし、幻術看破するための意志セーヴに+4のボーナスを得る)。この障害から受けた【耐久力】ダメージによって目標亡しない。その代わりに、目標は他の能ダメージのように気絶状態になる。ファンタズマル・アフリクション呪文効果であり、通常通り解呪される。

プレシボー・イフェクトOAファンタズマル・アフリクション無効化し、解呪する。


全文検索 目的別索引