ダスト・ディガー

ダスト・ディガー Dust Digger

巨大なヒトデに似たクリーチャーが砂の中から現れた。5本の長いが歯の生えた丸い口を囲んでいる。

ダスト・ディガー 脅威度4 Dust Digger

経験点1,200
真なる中立大型サイズ異形
イニシアチブ +4;感覚 暗視60フィート、振動感知60フィート;〈知覚〉+5

防御

アーマー・クラス 16、接触9、立ちすくみ16(+7外皮、-1サイズ
ヒット・ポイント 42(5d8+20)
頑健 +5、反応 +1、意志 +4

攻撃

移動速度 10フィート、穴掘り20フィート
近接 噛みつき=+5(1d8+3、加えて“つかみ”)、触手(×5)=+3(1d4+1、加えて“つかみ”)
接敵面 10フィート;間合い 10フィート
特殊攻撃 陥没穴飲み込み(2d8+4殴打、アーマー・クラス 13、4 ヒット・ポイント

一般データ

【筋】17、【敏】11、【耐】18、【知】2、【判】11、【魅】10
基本攻撃 +3;戦技ボーナス +7;戦技防御値 17
特技 《イニシアチブ強化》《技能熟練:隠密》、《複数回攻撃》
技能 〈隠密〉+5(待ち伏せする場合は+13)、〈知覚〉+5;種族修正 +8待ち伏せする場合の〈隠密〉

生態

出現環境 暑熱/砂漠
編成 単体、2体、または共棲集団(3~10)
宝物 なし

特殊能力

陥没穴(変則)/Sinkhole ダスト・ディガーは砂、柔らかい土、泥を掘り、待ち伏せのために中に潜むことができる。獲物機会攻撃範囲に歩み入って来たことを(振動感知で)感じた場合、割り込みアクションとして体をしぼませ、体の上にある砂や柔らかい土を動かし、ずらすことができる。ダスト・ディガー間合いの中に立っている全てのクリーチャーは、難易度15の反応セーヴを行わなければならず、失敗した場合はダスト・ディガー間合いの中に留まる限り、絡みつかれた状態となる。ダスト・ディガーが実際に占めている所に(少なくとも一部が)立っている全てのクリーチャーは、難易度15の反応セーヴを行わなければならず、失敗した場合は絡みつかれた状態になり、伏せ状態となる。そのようなクリーチャーがこのセーヴに成功した場合は、即座に最も近隣の他のものに占められていないマス移動する。この結果5フィートを越える移動をすることになった場合は、クリーチャーはその距離移動し、その後伏せ状態となる。このセーヴ難易度【筋力】に基づいている。

ダスト・ディガー巨大なヒトデに最も似ており、分厚い砂色の外格が大雑把なギザギザ状のに覆われている。その5本のは細長く、クリーチャー移動や、獲物を掴んで組みつくために使う、の生えた管状の数百の繊毛に覆われている。クリーチャーの体の質の中央部には、大きな鋭い歯が列になっている円形の口が開いている。

待ち伏せ型の捕食者として、ダスト・ディガーは砂の下に埋まって、獲物が待ち伏せ場所に踏み込むのを辛抱強く待つことに人生の大部分を費やす。

ダスト・ディガーは無性である。彼らはその10年の人生で3回から4回、幼体を発芽分裂することで増殖する。彼らの小型版は、捕食されることを避けるためすぐにから離れなければならない。ダスト・ディガーの幼体は差し渡し4フィート余りで、砂の中を比較的素早く移動できる(穴掘り速度40フィート)。通常ダスト・ディガーの幼体は最初の待ち伏せ場所を造るために落ち着くまで、から少なくとも1マイルは離れる。住処に選んだ地域の生物の量は、新たなダスト・ディガーが生存するか餓死するかをしばしば決定する。というのも最初の待ち伏せ場所を掘った後は、その人生の間、数百フィート以上移動することは稀だからだ。


全文検索 目的別索引